been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ファッションのゲーム


IMG_1948_convert_20170311220355.png

IMG_1951_convert_20170311220331.png



アンソフィーバックって、クールで上品で、一見コンサバティブ
にも見えるんだけど実はがっつりパンクみたいなところがいつも好き。
何よりも装うことに対する軽さとアンチテーゼ(?)と、
新しい時代提案してる感じがすごい。


2002年のファッションショー。
The Boomtang Boysの単調な音楽に合わせてモデルが登場、
みんな笑ってて軽く踊りながらただ去っていくスタイル。
服はめっちゃゆるいTシャツのワンピースとか、ジーンズとか。
モデルが歩く度に、床に張ってあるアルミホイルみたいなのが
剥がれていく。






この軽い感覚、ファッションショーとして発表するには
衝撃的なほどラフだと思う。

2002年当時、大昔のコルセットの時代や、
ゴージャスが当たり前の80年代のと比べれば
ファッションは大分ゆるい感覚になっていたとはいえ、
まだまだキチッと頑張るものだった時代に、
さらに一気にラフな志向へ持って行ったような気が。
同時にその後、セレブを中心に超リラックスのムードが流行った。
キャミソールやチューブトップ、ビーチサンダルやムートンブーツ、
ジューシークチュールのベロアのセットアップ。
ヒール履かなくていい、部屋着のままでもいい、それがオシャレだった。

paris-hilton-gallery_convert_20170311215626.jpg

パリスはジューシークチュールで逢い引き







同時に、90年代終わり頃からニューヨークで発行された雑誌の
NYLONも、そんな時代性を体現していた。

10821916-24190171-thumbnail_convert_20170311220537.jpg

当時のファッション誌といえば、ガッツリしたモード系か、
実用系(コンサバ系)か、カルチャーやアートが一体になったものが主流で、
NYLONは位置づけするならモード系とカルチャー&アート系の中間。
ただ、その"軽さ"はすごく新しくて、モードの服を紹介してるのに
友達の女の子が家に遊びに来たから適当に写真撮ってみた、
みたいな感じ。ニューヨークのストリートやアンダーグラウンドから
発生した雑誌だけど、原宿のDNAを感じる。



伝統を守るのも、エスプリを受け継ぐのも大事だけど、
新しい空気がかっこいい。








2017年現在でも、ファッションショーって大体つくりが同じで、
180cmの細身で綺麗なモデルがクールにランウェイを歩くのが主流。
プラスサイズのモデルが起用されるとニュースになるくらい、
未だに細いモデルがショーに出る。

それでもその画一的なモデルキャスティングを覆すような、
2006年のガリアーノの「Everybody's beautiful」などなど、
真に平等な表現もある。
小さい人大きい人、太い人細い人、おじいちゃんもおばあちゃんも
登場でとても賑やか。
ガリアーノはもはや生ける伝説になりすぎて
あれ、まだ生きてたっけくらいの勢いだなー。

JohnGallianoSS2006_convert_20170311220729.png





これはもはやファッションよりもステージ芸術の域だけど、
それでも新しさを感じる面白いショーもあります。
今期のAntonio Marrasは最高!
Antonio Marrasって、いつもすごく素敵だけど、
ザ・イタリア、ザ・モードっていう感じで、
自分には一ミリも関係ないブランドのように感じていた。
だけどこの振り付けと、極めつけのフィナーレ見たら
誰でも親近感湧かずにいられない!なんて楽しいんだ!犬まで走ってる!
もはや皆がパフォーマーだ。







普通ファッションショーって、出てるモデルも見ている側も、
クールにしかめっ面が定番だけど、これではみんな笑っている。
靴脱げてる人もいるし、おばあちゃんもオッサンもモデルやってる。
服はこんなにカッコよくモードなのに、ファッション楽しい、
みんなで踊って明るく着飾ろう、というポジティブなムードが素晴らしい。



スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/780-f2e6d66b
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。