been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 

梅原猛の授業 仏教


7andy_31771668.jpeg


今日本が仏像ブームなのは、敬愛するみうらじゅんの影響なの
かしら。書店に行くと、仏像関連の本が並べられてあったり。
だけど、私には全く良さが分からないなー。みうらじゅんと、
いとうせいこうの共書「見仏記」も一巻だけ読んだことあるけど
、興味が一切湧かない・・・仏像ってそんなに良いもんかなあ。


仏像とは全然関係ないけど、今回は仏教についての本
「梅原猛 仏教」について。これで仏教がどんな宗教なのか大体
分かる。これを読んだ当時、私は16歳だったけど、中学生でも
分かるようになってる。

著者の梅原って人が押し付けがましいけど、「宗教は必要か」って
中学生たちが討論するとこは面白かった。(P135~149)
自分の意見をそのまま代弁してくれる中学生もいれば、反対のこと
をいいつつ、それを正しいと思わせてくる中学生もいる。優秀だなー。





大好きなスナフキンの言葉に「誰かを崇拝することは、自分を失うことだよ」
っていうのがある。本当にこのとおりで、宗教に限らず、色んなことで言える
ことだと思うなー。

例えば好きな歌手がいて、その人を何でも真似して、「これはちょっと
おかしい」と思うことでも真似して、結果、客観的に見たらものすごく
変・・・っていうような日常的なことで、「崇拝」するっていうこと=
冷静に客観的に自分を見れないってことになっちゃう。宗教も含めて、
誰かや何かを崇拝するっていうのは私は良くないと思う。自分を失っちゃう。
信仰のせいで、自分や人が害を被ることだってある。信仰の違いのせいで
戦争だって起こる訳だし、生け贄とか肉体を痛めつける儀式とか、信仰さえ
無ければただの犯罪でみんなが止めるのに。信仰によって死んだり、辛い
思いをする人々が沢山いる。無神論者の私からすれば、「やめればいいのに」
って思うだけ。



ただ、世界には神に祈ることだけを救いに生きてる人達が沢山いるんだ
よなー。私が無神論者でいるのは、平和で豊かな日本に住んで満たされた
生活をして神に祈る必要が無いからなの。 世界には明日まで生き延びられ
るかも分からなくて、今日を生きるのが精一杯で、神を信じることだけで
楽になれる人々が沢山いる。 そんな人達の信仰を妨げることなんてできない
よな。

スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/77-73370686
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。