been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

東京ニューエイジ レポート



俺は長いこと金がなくて苦労したし、
たくさんの奴にそっぽも向かれた。
それがみんな急にこっちを向いて、「君はなんて素晴らしいんだ!」
と言い始めて、オーケイおまえら死んでいいよって思ったね


Twitterアカウント「現代アート発言bot」によると、
美術家 ダミアン・ハーストがこう発言したそうです。






image1_convert_20151104021440.jpg




今日はご存知、「東京ニューエイジ」について書こうと思います。

彼らは山縣良和さん、坂部三樹郎さんが主催するここのがっこうから
派生したデザイナー集団。今回のファッションウィークにて、
東京ニューエイジの枠組みでデビューしました。


メンバーのほとんど全員が自分の知り合いということもあり、
とても感慨深かったです。
友達の作品がVOGUE(しかも本国の)とか、大きなメディアに
取り上げられたり、やっぱりやっぱり嬉しい。
今回は、私が特に良いと思った部分について勝手に書かせてもらいます。







KEISUKE YOSHIDA

吉田圭佑は1991年、十条生まれのデザイナー。
彼が手がけるKEISUKE YOSHIDAは特に大きな話題になりました。

中学生の背伸び願望や、絶望感、焦燥感、リビドー、
若いってだけで悲惨だなあと感じさせてくれる世界観です。
これまでも、ラフ・シモンズやエディ・スリマンなどなど
「ユース感」を前面に出したデザイナーはいたけど、
KEISUKE YOSHIDAはその対象が更に若く、
こういった「日本の中学生感」の、
ある種内輪的な感覚が斬新だと思います。

日本って、世界的に見ても異常なほど学園映画や学園ドラマが
作られている国なんだって。
だから、それがファッションに置き換わってもなんらおかしくない。
大人は「学園」の中の自分にいつまでも理想を抱き続けているのかな。
学園こそ地獄のようだけれども。


securedownload_convert_20151105005417.jpg

話題をかっさらっていった「ゲーマー風ルック」
VOGUEのロゴと違和感ありまくりです。





03-keisukeyoshida-04_convert_20151105005611.jpg

このロゴは、男の子たちが大好きなゲーム
「Grand Theft Auto」から着想を得たそう。


grandtheftauto_convert_20151104025217.jpg

ちなみにモデルは「少年画家」として有名な
濱口瑛士くん。かなりの美少年ですね。




03-keisukeyoshida-11_convert_20151104234647.jpg

このワンピース、こういう着方はもちろんいいけど、
一枚で着たらセクシーでかっこいい。
ケイト・モスとかが着たら最高ですね。




自分が中学・高校生の頃、
制服とは、個人を殺すものだと思ってたし、
とても窮屈 (物理的にも精神的にも)に感じていた。
学校のジャージもダサくて嫌いだったし、
自分を含め、周りの子たちの、
いかにも「中学生・高校生」なファッション性が
イケてる思ったことはなかったけど、
こうやってクリエイションしてくれたことで、
あの頃の鬱屈が昇華されたような気がします。

リアリティの欠片もないハイファッションにおいて、
吉田圭佑はぶちかましてくれたと思います。
このルックによって、少しでもファッションに興味のない人たちが
興味持ってくれたり、ファッションのヒエラルキーに苦しむ人が
楽になれれば嬉しい。







kotohayokozawa

横澤琴葉は1991年、名古屋生まれ。
彼女のこれまでの経歴については、
山縣良和・坂部三樹郎共著の「ファッションは魔法」に
詳しく書いてあるのでぜひ読んでみてください。
エモいです。

琴葉ちゃんは、まず人として出来すぎていて、
可愛いくて、モデル並みにスタイルよくて、
明るくて性格も良いし、自身のファッションセンスも素敵。
言うまでもなく、クリエイションも最高。
私が男だったら琴葉ちゃんは完全にファム・ファタールです。


kotohayokozawaは、プリーツが中心の展開で、
私も29週間前、一着購入いたしました。

instagram_convert_20151105010055.jpg


着心地も良い。

エレガントで女性らしくてセクシーで、
アーティスティックで可愛い。
そしてその根本に、パンク精神がある。(と思う)

非常に失礼ながら、プリーツ中心ゆえ、
プリーツ以外のクリエイションは難しいのかな?
ワンパターンになっちゃうのかな?
とか勝手に思っていたけど、
新たにドット柄、メッシュ、革のアイテムも加わって、
バリエーションが広がりました。
なんとなく原始的な女性像が感じられるけど、
(革を纏ってる=原始人ていう単純な発想…)
都会的な要素もリゾート的な要素もある。
一貫してフェミニンでセクシー。



05-kotohayokozawa-01_convert_20151105005854.jpg

05-kotohayokozawa-13_convert_20151105010714.jpg

05-kotohayokozawa-03_convert_20151105010934.jpg


kotohayokozawaのセクシーって、日本的というか、
例えばトム・フォードみたいな、
オープンな「セックス」とは全く違うけど、
ある種上品な、「性」の存在はしっかり感じる。
それって全面的にセックスを押し出すよりもエッチな感じ…!



tumblr_nqicseEvxD1u25d0ro1_1280_convert_20151105010409.jpg


ちなみにkotohayokozawaのこのルックを撮影した
フォトグラファーの高木みゆもスーパーイケてるので要チェックです。







そしてSOSHI OTSUKI

1990年、流山生まれのデザイナー。
彼についてはこのブログでも二度に渡って書きました。
大月壮士
大月壮士 第2弾

前までの仏頂面シャツや、和柄ブルゾンなどなど、
アイコニックなアイテムは少なく、今回は割と地味な展開。
引き続きのメンズスーツの和風解釈とスポーツ要素と、
デザイナー本人がヒップホップ好きだということから滲み出る
精神性もあると思います。


01-soshi-otsuki-spring-2016-01_convert_20151105012055.jpg

01-soshi-otsuki-spring-2016-10_convert_20151105012337.jpg

01-soshi-otsuki-spring-2016-07_convert_20151105012600.jpg




面白い仕掛けがあったり。

soshi_convert_20151105012810.jpg

このシャツは、胸部にシースルーのポケットがついていて、
そこに写真や名刺を入れて自分をアピールできるし、
鍵とか大事なものを入れて、見せたくなかったら
"蓋" をすることもできます。
女の子が着て、ブラを見せたり、
巨乳の女の子なら谷間見せちゃったり、
かなりセクシーな着こなしもできる。









考えてみれば分かることだけど、
「東京ニューエイジ」のメンバーの間に
ライバル意識はもちろんあるし、
一緒くたにされることで傷つくプライドもある。

みんな元はといえば普通の友達同士だし、
互いを尊敬しあってはいると思うけど、
それぞれが持つ複雑なアイデンティティを
まとめられることへのやるせなさ、
でもそうでもしないと世に出られないことの
不甲斐なさを抱えているだろう。

一部のメディアでは、華々しく取り上げていて、
それを見る度にとても嬉しいけど、
そこに一縷の不安もあります。
それでもみんな、世界に羽ばたいて、
一流のデザイナーとして活躍することでしょう。







zava_convert_20151105014938.jpg



恵比寿のギャラリー・ZAVA にて行われた展示受注会に行ってきました。
沢山お客さんが来ていて、中には熱烈なファンであろう人や、
デザイナーと話をしたくて来ていた人もいた。
私の大学時代の友達も来ていて、数年来の再開を果たした。

今回のこのショーで、東京ニューエイジのメンバーも、
なんなら山縣良和さん、坂部三樹郎さんすら知らなかった人たちに、
新しいファッションのムーブメントが浸透したことが心から喜ばしい。
自分と同じ世代のアイディアが、努力が、
こうして多くの人に届くことが本当に嬉しい。

そしてそれに食いつく人の中に一定量いる、
ミーハー精神に満ちた、もしくはハスリン目的の人たちへの
少しのdisの意も生まれる。
数年前、「いつまでこんなことやってんだ」「早く就職しろ」
とバカにしていた大月壮士の地元の友達も一転して態度が変わったらしい。
数年前、私がどれだけ推しても無視し続けた人たちが、
手の平返して絶賛していた。

オーケイおまえら、

…このへんにしておきます。





画像引用元:
vogue.com
kotohayokozawa.com
vogue.com
tvtropes.org
booster-parco.com
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/715-904cb35b
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。