been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

『フランシス・ハ』と『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』


フランシス本ポスタービジュアル_convert_20150926001710
(http://espace-sarou.com/)

inside-llewyn-davis-poster-big_convert_20150926001827.jpg
(http://camerasidechats.com/)



才能があるから有名になって「売れる」わけではない。
才能がないからうまくいかず、失敗するわけでもない。

若者はいつの時代も、運に翻弄されるばかりです。

最近観たこの2本
ノア・バームバック監督の『フランシス・ハ』と
コーエン兄弟監督の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』は、
少し似た話だった。




現代の27歳、フランシスはニューヨークに住む、
モダンダンサーを目指すも、芽が出ない女の子。
親友と一緒に住みたいがため彼氏と別れたり、
依存的な友人関係のせいで精神的な自立ができていない。
所属するダンスチームではいい役をもらえず、
事務員にならないかとまで言われる。
そのうち、ダンサーよりも振付師としての能力を伸ばし、
そこに希望を見出していく。


frances-ha-film-still-3_convert_20150926002259.jpg
(http://www.thecoast.ca/)





1960年代の27歳くらいであろうルーウィンは、
同じくニューヨークに住み(居候し)、
フォークシンガーを目指すものの、同じく芽が出ない。
バーで歌ったり、友人のレコーディングにコーラスで
参加したりするも、結果はついてこない。
レコード会社に売り込むため、シカゴに出向くも、
トラブルに見舞われ、しかも売り込みは失敗し、
寒いシカゴから、寒いニューヨークまでヒッチハイクで戻る。
最後まで希望は見えない。


inside_llewyn_davis_sg_img_convert_20150926003257.jpg
(http://www.thenation.com/)





二人とも、焦りや不安はあるものの、
どうにか自分のやりたいことをやって毎日を生きている。





才能があって、一生懸命やっているけど、タイミングが合わず、
不運で消えていったアーティストはごまんといるだろう。
才能が無いのは分かってるけど諦めきれず、
しがみつく人もいる。
才能が無いのに運やコネで、富も名声も享受できる人もいる。

指くわえて待っていたって何も起こらないし、誰も助けてくれない。
そんなこと分かってるから自分から動くけど、
それでもうまくいかないから辛いね…

まわりが徐々に出世していったり、身を固めたりするなか、
自分のステータスは10代の頃となんら変わらないのです。




だけど、両映画とも、それを悲観するわけでもない。泣いたりしない。
特に『フランシス・ハ』みたいに、女の子の人生を描く映画って、
恋愛の壁にぶち当たったり、泣いたりするのが常だけど、
特にそんな描写はなく、本人は気丈なのが妙に生々しい。
最後に少しだけ見える希望はとても美しいけど。


frances-ha_convert_20150926002939.jpg
(http://www.leftlion.co.uk/)




一方、ホームレスであり、
音楽の相方だった友人にも自殺され、
手を出した音楽仲間の妻を妊娠させ、
トラブル降りかかりまくりのルーウィン。
自分のことだけで精一杯。
だけどこちらも泣いたりせず、特に嘆きもせず。
淡々と落ち着いて、音楽を続けていく。


inside+llewyn+davis+02_convert_20150926002525.jpg
(www.homecinemachoice.com/)





そんな二人の姿は、地味だけど、勇気付けられました。
報われないなんて、そんなの当たり前ですよね。
(逆にうまくいっちゃったら次は転落が怖いし。
うまくいってない状況って未来に期待の余地がある状況だし。)

ルーウィンの音楽仲間、ジャスティン・ティンバーレイクも
笑っちゃうようなヘンテコな曲で人気を得ている。
こういうのすごく分かるなー。。
「なんでこんな奴がうまくいって自分は…」ってやつ。
私の場合、頭カラッポでミーハーでしかない友達が
成功していたりチヤホヤされたりして悔しい。
不公平な世の中よ、ほんと…
それを嘆いたことのある人にはぜひ観てほしいな。





こちらが問題のシーン…
大爆笑したけどやっぱジャスティン歌うまいしカッコいい!







ちなみに、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』は、
実在のフォークシンガーをモデルに撮られたそう。
ルーウィンみたいに、最後まで報われなかったミュージシャンの音楽を聴けるのが、
彼らがやっとの思いで出せた希少なレコードだったりする。
その中に、すばらしい音楽が眠っている。

有名な音楽、CD化、デジタル化された音楽以外にも名曲は必ずある。
だから、レアで本当に良い音楽に出会いたいとき、世界各国、
レコード屋、レコード市に出向くことがどれだけ重要か思い知らされる。






『フランシス・ハ』のタイトルの意味が最後に分かる瞬間。いいね。
名前は一生ものの自己表現。





私は、少しずつライターとしての活動始めています。
それを機に、このブログの名前の表記を本名に変えました。
下っ端がペンネームって生意気だしね。
写真も自分の顔。

何度も蹴落とされたり、酷い待遇受けて嫌な思いもしたけど、
諦めないね。なんか、強いモチベーションで「諦めない」
とかじゃなくて、しがみつくことが常になってる。
なんだかんだで、学校が死ぬほど嫌だった私を
救ってくれた業界ですからね。

私もフランシスやルーウィンと同じ。私だけじゃない。
私のまわりには、才能もセンスもあって、努力も勉強もしていながら
芽が出ない人たちが沢山いる。
世の中に、業界に、「あなた方が今知らない世界がまだまだあるのよ」
と言いたい。もっと世界の片隅を見てみてほしい。


スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/706-28f585fd
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。