been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

エンブレム問題


securedownload_convert_20150905231127.jpg

ぐるぐる色んな思いが渦巻いているので、
なるべく簡潔に。

時事問題に口を出すと本当に面倒なことになるので、
いつもミュート決め込んでる私だけど、
今回のエンブレム問題、そろそろ落ち着いてきただろうし、
私なりに思うことを整理してみました。




1.
エンブレムが発表された当初、個人的にはダサいなと思ったし、
残念に感じたし、1964年の亀倉雄作の東京オリンピックエンブレム
と比べ、どうしても劣ると感じた。
だけど、テレビでもネットでも報道されまくって、
あのロゴのコンセプトや、ロゴから派生して提案できるグッズなど
色々知って、「プロの仕事」を見せられた気がした。
そこは素直に尊敬というか、すごいなって思った。
だけどどうしても好きにはなれないんだ、あのロゴ。




2.
どう考えても、ネット民を中心とした佐野さんへの誹謗中傷はひどい。
例え、仮に、佐野さんが盗用していたとしても、
あんな風に中傷する権利はない。
佐野さんの過去の仕事に問題があったり、対応の仕方が悪かったとしても、
あそこまでのリンチは許されない。
ひどいものでは「自殺しろ」とかいう書き込みも見た。
そんな書き込みをすること自体、犯罪行為だということを分かっていないのか。
それこそ書き込んだ人を吊るし上げた方が良い。
中傷しないまでも、蔑み、ネタにして笑うような風潮を作る
民度の低さにはつくづくあきれた。だけどそれは私も同じことで、
「あんまりに叩かれている佐野さんが可哀想」と感じるまで、
なんとなく面白がっていた自分を今恥じています。
佐野さん、その部下、家族の受けた傷の代償を、誰が払うんでしょうか。




3.
オマージュ、パロディー、パクリの線引きはどこからで、誰が作るのでしょうか。
パクリの中でも、どこまでがセーフで、どこからがアウトなのでしょうか。
それは誰がどこで教えてくれるのでしょう。
私は芸術学部を卒業したけれど、そういった授業は無かった。
パクることがこんなに問題になってしまうのなら、
芸術全般を教える大学は、その線引きはどこなのかを授業したほうが良い。
今回の件で、国民全員が、デザインという仕事について、
オリジナリティについて、よく考えさせられたと思う。
それを学びたい人、学ぶべき人は沢山いるはず。
日本の芸術教育は、非常に非常に未熟だと思います。




4.
国立競技場の問題もあって、なかなかの難産になりそうな東京オリンピック。
オリンピックが原因になって経済破綻しそうになってる国もあるから、
日本のことも考えると末恐ろしい。
そもそも30年以内に70%の確率で直下型地震が襲うと言われている東京で、
どうしてあそこまで招致頑張ったのでしょう。
それでも、オリンピックやスポーツ全般に全く興味の無い私でさえ、
みんなが同じ目標に向かって頑張って、世界中から人が沢山来てくれて、
そうやって活気づくのなら嬉しいなーと思いました。
「TOKYO」と発表された瞬間、大の大人達が子供のように
はしゃいで狂喜乱舞する様は見ていて嬉しかった。
やると決まってしまったものはしょうがない。
楽しく迎えて、終わってからも後味が悪くならないよう、
なるべく協力的な姿勢を貫きたい。
(私が何に協力できるのか分からないけど)
全てを乗り越えて、良い結果に終わってほしいと願います。




上のイラストは、イラストレーターのAki Ishibashiさんのもの。
インスタグラムでフォローしてて、このイラストが出てきた。
かわいいね、ゆるエンブレム!
優しいコメントにもとても感銘を受けました。
アカウントこちら
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/701-bb11c9bd
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。