been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ストロベリーショートケイクス(ネタバレ)


4907953021969.jpg


「ストロベリーショートケイクス」
制作年:2006
監督:矢崎仁司
原作:魚喃キリコ
出演:池脇千鶴、中越典子、中村優子、岩瀬塔子


ストーリー:デリヘル店の電話番として働く里子は、恋の訪れを待ちわびる
毎日を送っていた。そんな里子が憧れるデリヘル嬢の秋代は、同級生の菊地
に思いを寄せながらも恋心を伝えられないでいた。一方、ふたりで同居する
OLのちひろとイラストレーターの塔子もそれぞれ日々に悩んでいて……。
(Yahoo!映画)



この映画、全体を通してあまりにリアルだった。リアルすぎて痛々しい。
女のリアルはこれだって分かってんのに、分かってないフリをして毎日
を過ごしてるから、この映画の中での4人の女たちの姿は目を覆いたく
なる感じだった。分かってても隠していて欲しかった。

特にイラストレーターの塔子(岩瀬塔子)が嘔吐するシーン。あれは本当
に吐いてるのかな・・・すっごくリアルで見れなかった。普段弱いところ
を見せずに振る舞ってる人の心の奥底を見せつけられる感じ。怖かった。
OLのちひろ(中越典子)と塔子の、中々うまくいかない仕事、恋愛、友情、
だけどうまくいってるように見せてる二人。いつもいつも演じてばかり、
だけど最後演じることを止めた二人。きっと色んなこと、さらけ出しちゃった
方が楽なんだなー。


過激なシーンがいっぱいあったんだけど、全然気にならなかった。
これが本当の姿だから。こういうことが、きっと実際に起こってるから。
それにデリヘル嬢の秋代(中村優子)が菊池(安藤政信)とセックスする
シーンはものすごく感動的だった。号泣した。一途に菊池を思い続けなが
らも、友達止まりで、しかも菊池の前でだけ異常にオトコっぽく振る舞う
秋代が、初めて女の顔になる。ずーっとずーっと好きでダメだったら死ぬ
覚悟までして(?)、そんな思いを寄せる人に初めて抱かれるっていう
この感動。と切なさ。本当、涙が止まらなかった。

それにその後、秋代は妊娠する。きっと菊池との子。秋代に見える希望が
嬉しい。秋代の力強い笑顔が好き。秋代と菊池が寝た後日、いつも二人が
通ってた居酒屋で、秋代が好きな気持ちを打ち明けるシーン、それで菊池
が意味深に泣くシーンがすごく感動的だった。私の中では、完全に秋代が
一番の主役だった。




4人ともすっごく痛々しい。自分や友達を見てるみたいだった。自分も友達も、
この4人のキャラクターに当てはまる。だけど、すっごく愛おしい。全体的に
決して明るいとは言えない映画だけど、最後が希望に溢れてる。スペイン映画
の「靴に恋して」に似てる。両方とも大好きな映画。見終わった後に幸せな
気持ちになる映画でした。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/66-a933bdc1
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。