been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ディギングオンユー






「ロマンはレコード屋にある」
とは誰の言葉だったかな。

最近レコードを買うようになりました。
というのも、知り合いのDJの方から
不要になったターンテーブルを頂けることになって、
それならレコード沢山買っちゃおう、と思って。
空いた時間があればレコ屋に行き、延々レコードを漁る毎日。

これは本当に本当に楽しい。
今まで知らなかった新しい喜びというか、、

ひとつひとつジャケットや値札を見て、
自分が好きなアーティストやレーベルの
レコードを見つけるととても幸せで。

時間を忘れて一心不乱に掘り当てていく。
基本的に試聴もできるから、そこで聴いて踊って(軽くね)、
買って帰る頃には汗で大変なことになっている。

職場の近くにもレコ屋があるから、最近は休み時間に
お昼ご飯を抜いてそこに入り浸っている。





レコ屋でレコードを漁ることを「ディグる」
というけど、これは面白いなと思う。
「ディグ」=「dig」
「dig」は「掘る」という意味で、
レコードをディグるときは文字通り
お宝を掘り当てているみたいで本当に楽しい。

「dig」は他にも「わかる」とか「好む」という
意味もあって、

例えば「Can you dig it?」て言えば
「分かる?理解できる?」って意味だし、

「Digging on you」と言えば
「あなたに夢中」という意味。

それはレコードをディグるときの感覚にも大いに通じる。
ひとつひとつを見て聴いて理解して、夢中になっているから。





もひとつ、グルーヴっていう言葉、「ノリ」とか「いい感じ」
みたいな意味で使うけど、元はレコードの溝って意味なのね。
こちらのサイトから引用させてもらいますが、

そもそも「グルーヴ」とは、「イン・ザ・グルーヴ in the groove」
という言い方を縮めたものです。これは、レコードプレーヤーの針が、
レコードの溝をきちんとトレースしている状態をあらわします。
レコードプレーヤーなど手に触れたことのない世代も増えている昨今では、
なかなか具体的なイメージを持つことは困難になっていますが、
ミクロン単位の溝を細い針(というか、石)でなぞっていくのですから、
針やレコードの状態によってはきちんとトレースするのは
かなり大変なことだったのです。
それが、きちんと調整されたものでは、
レコードの溝と針が一体となって音楽を再生するという、
まさに「ノッ」て「ハマッ」ている状態が生まれるのです。
もちろん、現在ではそんな語源などは忘れられて、
「グルーヴ」が完成した言葉として独り立ちしていることは、
言うまでもありません。


というわけで、私も「グルーヴ」って言葉大好きで、
それはもう気持ち悪いくらいに使っているけど、
レコードを買って聴くようになって
初めて本物のグルーヴを見て体感して、
純粋に感動しちゃいました。


今の時代、音楽はデータで聴いて管理するのが当たり前で、
それは私もそうだけど、
やっぱりアナログも面白い。
(それは写真なんかでもそうだけど。)
今っぽい、デジタル感バリバリの音楽はいいけど、
レコード時代の音楽が本当に好きならレコードで聴くべきなのよね。
本当に価値ある音楽は、時代が変わっても聴かれ続けるんだ
ってことも実感します。


ずっと探してた曲や、知らなかったけど聴いてみてすごく
好きになった曲にありつく快感。
その情熱や出会いがレコード屋にはつまっていて、
だから冒頭の「ロマンはレコード屋にある」という言葉の意味を
最近は毎日心と体で感じている。






ちなみに、ターンテーブルをもらって、
そこから聴けるようになるまでがまた大変で、
1週間かけてセッティングしてやっと聴けるようになった!
(音質が悪いから改善しなきゃだけど)
揃えないといけない機材も沢山あったし、
分からないことの連続で、毎日毎日勉強です。

ターンテーブルをくれた人にはもちろん、
私の質問攻めにひとつひとつ丁寧に答えてくれる友達にも感謝!
レコードを触ったことも無くて、ターンテーブルの扱い方なんて
なんにも知らなかった私に一から教えてくれた大阪のレコ屋の
お兄さんにも感謝!
買い物につき合ってくれた職場の上司にも感謝!
中古の機材屋のお兄さんは、なんかカッコよかったから感謝!

レコード好きな人やDJの人って大体男性だから、
なんだか最近は男性方の優しさを享受しまくって
とても幸せ〜〜〜(笑)


これからまた機材買って、レコードも沢山買って、
途方も無くお金がかかるなああーーー幸せ。







上の写真は記念すべき私の最初のレコード。
Lady Bの"To The Beat Y'all"
1979年の曲で、Lady Bは世界で最初の女性ラッパーとも言われている。




スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/587-ede5e310
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。