been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

COCOを嗅ぐためなら何でもする


cocovp.jpg


日本では香水をつけることってそこまで当たり前じゃないし、
「香害」なんて言われたりして、香水がキツい人は弾圧されてしまう。
だけど私、香水って大好き。ちょっとキツいくらいの人も好き。
欧米人が遠慮なく香水つけまくる感じも好き。

ヒマなときは、デパートの化粧品売り場で色んなブランドの香水を
買いもしないのに嗅ぎ回っている(笑)
色んな好みがあるけど、私は、ちょっと重たく、
フローラルでオリエンタルで深い官能的な香りが好き。
若々しいよりも、成熟した香りが好き。



香りは、記憶に色濃く残る。
誰かの匂いと似た匂いを嗅ぐと、その人を思い出す。
それって素敵なことだと思います。






S113530_XLARGE_convert_20140430204852.jpg


私の香水はシャネルの「COCO」

ココ・シャネルの部屋からインスピレーションを受けて。
ココに捧げる香水として1984年に作られたそう。
バロックでとても官能的。

実はこの香りってあんまり好きじゃなかったんだけど、
(80年代に作られた香水ということで、古くさい、
場末のマダムみたいな香りがします。)
私は本名が「COCO/ココ」で、同じ名前の香水って理由だけで
使い始めました。なんともアホくさい理由だ。

だけど使っていくうちに好きになってしまって、
今では生活の良き相棒になっています。

瓶のデザインも広告も、香水の色も大好き。



securedownload_convert_20140430205424.jpg

COCOのテレビCMでは、「COCOを嗅ぐためなら何でもする」
っていうコピーが入るのもなんか良いね。






香水をコロコロ変えるのってなんかカッコ悪くて、
私はCOCOしか使わないけど、
あまりの美しさに、他の香水にも浮気したくなるのよねー。


香水瓶の美しさだけでも、もうその場にひれ伏しそうになるよ。
アールデコ調の瓶に橙色の水、そして蓋を開ければ、
それはもう魔法みたいな官能の世界にトリップ出来るんですから。







ゲランはフランスの老舗化粧メーカーで、
さすが歴史の重みを感じる荘厳なデザインと香りです。

shalimar2_convert_20140430212015.jpg

1925年に作られたシャリマー。広告も素敵。
写真誰かな?パオロ・ロベルシ?




mitsouko_convert_20140430212422.jpg

ミツコは、1919年に日本人女性「ミツコ」をイメージして作られたそう。
ジーン・ハーロウが愛用していたとか。






tresor-de-lancome-116124_w1000_convert_20140430214649.jpg

ランコムのトレゾアもいい女ー!って感じで大好き。
イザベラ・ロッセリーニに捧げられた香水だそう。
友達にプレゼントしといて、自分でも欲しくなってしまった。




なんだかんだ、全てフランスの香水だね…
他の国でも好きなのたくさんあるけどなー資生堂とか。


女のほうが男よりも、嗅覚で感知する魅力に弱いって聞いたことがある。
だから女もっと自分のために香水つけるべきだし、
男もいい感じの香水つけて、良い気分にさせてほしいなー。








スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/547-900d6173
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。