been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ブルーな気持ち


ブルースは、ブルーな気持ちを歌うからブルースって言うらしいね。
昔の黒人たちが、差別を受けながら奴隷も色濃く残っていた時代に
生まれたスタイルだって聞いた。
確かに憂鬱な雰囲気のする曲調だけれど、ちゃんと歌詞を聴いてみると、
ブルーっていっても「またフラれちゃったぜ」とか「やってらんないよ」
みたいな、軽いポップな嘆きなんだよね、恋愛とかの。
誰も本気で「差別ツライ」とか「白人うざい」とか言わない。
本当は許せないくらいの辛い思いをして、尊厳を奪われて、
でもそれを軽く吹き飛ばす感覚が、ブルースの好きなところ。

例えば、ほとんどジャズの人なのかもしれないけど、
ルイ・アームストロングとか、彼は音楽活動をする上で
酷い差別を受けて酷い待遇を受けていたらしいけど、
歌う内容はすごく明るくてコミカルで楽しい。
ルイ・アームストロングの顔写真も、どれを見ても
笑顔だったりふざけてたりして、辛い状況を全く感じさせない。


尊敬するよ。私なんか、そーとー恵まれてるほうなのに、
なぜだかいつも邪険な感じになっちゃう。
電車混んでるだけでイライラして絶望的になっちゃうよ。






Do-The-Right-Thing-21_convert_20140322023315.jpg




「Do The Right Thing」って、スパイク・リー監督の
1989年の映画があって、あれかなりオススメ。
ニューヨーク、ブルックリンの人種問題を描いた映画。
その中で、サミュエル・ジャクソン演じるラジオのDJが
歴代の有名な黒人ミュージシャン・歌手の名前を何十人も挙げて、
「あなた達のおかげで俺たちは辛い日々に耐えていける」
て言うシーンが圧巻。

日本人の私でもそう。
毎日毎日、音楽があるから生きていけるよ。
明日をしっかり迎えようと思える。
黒人の音楽だけじゃないけどさ。
日本人は日本の音楽はもちろん、黒人のも白人のも
全く違和感無く溶け込めるからいいな。
日本人で良かったわ。

スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/532-4b09634b
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。