been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

大月壮士


328291_231310353606230_904675994_o_convert_20131010231724.jpg






久しぶりに、私のお友達を紹介しようと思います。

大月壮士(おおつきそうし)は23歳のファッションデザイナー。
(を目指し日々作品作りに励む男の子)

463734_300755993328332_1416753597_o_convert_20131010232037.jpg




大月はイケメンで、私はイケメンの男の子ってちょっと
緊張しちゃうタチだけど、彼とはすぐに打ち解けた。
なんだろな、お互い似たような人間だからかな、残念な人間(笑)

すごくひねくれた人けど、リアリティーを見据えてる感あるし、
お世辞社交辞令ゼロで、なんでも言ってくれるからありがたいね。







大月は文化服装学院でメンズデザインを学んで、
2010年から、writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)という
ブランドのデザイナーである山縣良和さんが運営する
ファッションの学校「ここのがっこう」に通い始めます。
私はその頃に大月と知り合ったのだけど、
サラリーマンをテーマにした作品が面白くて惹かれました。



407172_425696590834271_144627768_n_convert_20131010232741.jpg

184409_425698930834037_390685042_n_convert_20131010233212.jpg

(よく見るとゴキブリの刺繍が。このおっさんは道ばたで
声かけて、モデルをやってもらったらしい。)

61882_425699107500686_1473926128_n_convert_20131010233626.jpg








私は、その全てを知ってる訳ではないけど、
大月が鬱屈したコンプレックスを抱えて、
それをファッションクリエーションに繋げてる感じが好きです。
千葉のハンパな田舎での、ハンパな生い立ち。
エディ・スリマンが提案するような細身が主流の時代に
反するような、肩幅の広い80年代のような体型……
ひねくれた性格のせいかモテないし、
イタリアのファッションコンテストに応募するも、
イタリアの郵便局の不備で作品が本部に届かないし。
色々と運の悪い男です。






206223_143924725678127_4439336_n_convert_20131010234520.jpg


206223_143924722344794_3562118_n_convert_20131010234731.jpg


206223_143924732344793_857409_n_convert_20131010234903.jpg

この3つは、「ここのがっこう」で制作した最初の作品。
撮影はYuhei Taichiさん。写真かっこいい。







これは、友達がモデルになって撮影。

206504_143925202344746_7571167_n_convert_20131010235518.jpg

223446_145212485549351_4163777_n_convert_20131010235751.jpg








これは「ここのがっこう」での2作目。
撮影はOhta Yoshiharuさん。

292262_306111189459479_776997168_n_convert_20131011000826.jpg


543112_306111246126140_1172857907_n_convert_20131011001251.jpg








過去に、でんぱ組の衣装を制作したり、
今は、渋谷パルコでやってるファッションの展示
「絶命展」にも大月の作品が出展されています。



131004zetsumei_convert_20131011001822.jpg



「絶命展」は、前述のwrittenafterwardsの山縣さんと、
ミキオサカベというブランドのデザイナーの
坂部三樹郎さんが企画した展示で、
若いデザイナーたちの作品が多く展示されています。
パワーを感じます。すごいです。
14日まで、渋谷パルコpart1、三階のパルコミュージアムにて。
ぜひ行ってみてください。








そして、今、日本の書店にも出てる、
VOGUE ITALIAの9月号で大月が紹介されてます。
小冊子の才能ある新人紹介コーナーで、
「ここのがっこう」が紹介されていて、
その中に大月の作品が載っているのです。

doutzen-kroes-by-steven-meisel-for-vogue-italia-september-2013_convert_20131011002336.jpg


voguetalent.jpg


実は去年も同じコーナーに私の友達が撮った写真が載って、
2年連続で友達が紹介されるなんてすごく嬉しい。
VOGUE ITALIAは、ファッション誌の神様みたいな雑誌だから。

大月と毎晩電話で、生きていく世知辛さ、愚痴を語り合ってるから、
たまにこういうことがあると、幸せです。
大月にもようやく春が来たと思いたいです。





大月のフェイスブックはこちら
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/483-b83bd1f9
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。