been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ドライブ


??¨???_convert_20090405102209




最近、斉藤和義の「ドライブ」って曲をリピートかけまくってる。
なんとなあく、自分の両親のこと歌ってる感じ。

親元離れて暮らしてると、両親が美化されてくる(笑)
実家暮らしのときは、憧れなんて感じなかったけど、
今ちょっと、ちょっとね、理想の夫婦かも。

二人がつき合ってた頃のことなんて殆ど聞いたことないけど、
完全に母親が主導権握ってるから、父親が母親怒らせちゃったとき
なんかは父親が謝りまくってたんだろうなあ。普段愛し合ってる
素振りなんて1ミリも見せないし、会話の98%が口論だけど、
父親は母親に惚れてんだろうなあ。

一緒に暮らしてたときは、こんなこと全く感じたことなかった
けど、今なんとなく、二人の間に生まれてきて良かったなあと、
思ったりする。





大きく話題が変わるけど、、、優しくって、今の自分をそのまま
受け入れてくれる様な年上の友達がいると、私、調子乗って、甘えて
迷惑かけちゃう。普段、心の奥に隠してる自分の幼児性とかガキっぽい
甘えたい本心を出しちゃう。悪ノリして迷惑かけちゃう。それでもそれを
怒らないでいてくれる人達がいて、私は何て感謝していいのやら。。。

実際に、私が幼い頃にも、そうやって優しく受け入れてくれる大人って
いっぱいいた。私は子ども扱うの下手だからそういう人達、尊敬する。

今ふっと記憶がよみがえった。
10歳くらいのとき、ピアノの発表会(だったっけ?)で、自分の出番
待ってるとき、控え室がいっぱいで、しかたなく客席で待ってた時、
男の人(多分誰かのお父さん)が「出演する子?」って聞かれてうなずい
たら、「頑張ってね」って言ってくれた人がいた。その時もだけど、今
思い返してみると、心がほんわかしますね。たったそれだけなのに、
何故かものすごく嬉しかった。その人がどこの誰だか知らないけど、
もし会えたらお礼したい。私はそういう大人になれないだろうから(笑)
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/44-bdb589f0
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。