been dazed and confused for so long 

NAN GOLDIN


20110724121214119.jpg


ナン・ゴールディン。
アメリカの写真家。

15歳の頃から自分の周りの人たちを写真に撮り始めたらしい。
簡単な言葉で言ってしまえば不良だった彼女は、バーや
クラブにいたドラーグクイーンたちを撮っていた。
セルフポートレートもあるし、バイセクシャルの彼女は
恋人を撮った写真も多い。

彼女の写真を見てると、痛みが想像出来て
本当に心がズキズキして、でもすごく綺麗な気持ちになる。



201107291227105b8.jpg


sexual dependency

480x352x8f42c0761ccf5d9868f8fc7f.jpg


201107301823472c0_convert_20121031234041.jpg

ゴールディンの親友だったクッキーのお葬式


nan-goldin-45.jpg

この上の写真は正に恋愛関係、もっと言えば人間関係の難しさを
表してる。誰もが行き詰まった時にこういう気持ちを、
こういう構図を頭に描くよね。





そんなにこだわって撮影してるわけでもなさそうなのに、
私がこんなの撮ろうとしても叶わないんだよなあ。
写真がうまいってこういうこと言うんですね。


nan_convert_20121031233835.jpg

tumblr_mcm57rGgmg1rho7xfo1_400.jpg






「Contacts」っていう世界のポストモダン系の写真家のインタビュー
が入ってるDVDがある。何作かシリーズ化されているけど、
日本語訳がついてるのは一つだけだそうで。

contacts.jpg

ナン・ゴールディンの他に、ジェフ・ウォールとかソフィー・カルとか
日本人ではアラーキー、杉本博司が出てくる。それぞれすごく面白い。










最後の言葉が心に響いた。学校の授業でこれを見せてもらって
その場で泣いてしまいそうになりました。

「アンダーグラウンドやドラッグカルチャーを写していると誤解
されますが、私は、人間でいることやその痛み、生きていくことの
難しさを写しているつもりです。」


生を受けた時点で至難の連続で、
いくつになってもうまく生きられないし、
何をやっても満たされないよね。

本人の言う通り、それが写真に表れていると思います。
でも絶望的なわけではなく、写真自体がすごく綺麗だから
救われる。




ナン・ゴールディンがこう言っているわけではないけれど、
自分にしか撮れない写真っていうのは誰にでもあると思う。
月並みな言葉でしか言えないのが悔しいなあ。
綺麗な風景や綺麗な人の写真はたくさんあるけど、
自分にとっての特別な風景や特別な関係の人の、
その特別性は自分にしか撮れない。
だから、そこにいた証として何かを残すのに、
写真はすごくロマンチックな方法だ。
そういう対象を撮れれば、
別にうまい写真じゃなくてもいいかなあ。


スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/394-fc946c1d
 
 
プロフィール
 
 

Django

Author:Django

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード