been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

サッド・ヴァケイション


「こっちは痛くも痒くもない、子どもがおるけね。」

「サッド・ヴァケイション」
製作年:2007
監督:青山真治
出演:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい


公式サイト

3fcae921-697f-4d38-bd69-8bfc4f09f9d2.jpg


「母性」がテーマの映画(のはず)。これ見たとき、やっぱり女っていう
性は何かを守る、とか優しく包み込むものなんだと思った。男と子どもの
帰る場所とか心のよりどころを作ってあげる、っていうのが女だし、母性
なのかな。

もちろん全ての女がそうじゃないし、そうであるべきでも無いけど、
私はこれが一番しっくりくる。「サッド・ヴァケイション」に出て
くる女たちは素敵なんだ。昔っから、人類誕生したときから女の性は
そういうもので、ここ20年くらいで、女の性も自由になって、
これからもっと自由になってくんだろうけど、私は「何かを守る、
包み込む」っていう性は美しいと思う。

それで、やっぱり子どもは持ったほうがいいのかな。
前、バイトしてたときに一緒に働いてた60歳くらいのパートの
おばちゃんに「結婚って大変じゃないですか?」って聞いたら、
「大変かもしれないけど、子どもがいる。それだけで大丈夫」って。
「子育て大変じゃないですか?」って聞いたら、
「みいんな大変ながらも、不安になりながらもやってるのよ」って。


子どもを持つことが、どんなに素敵か、どんなに大きい意味を持つかは
分かってるんだけど、私は怖いんだよね。子育てなんてする自信無い。
「みいんな不安になりながらもやってる」のは分かるけど、私が人間を
育てたら、どんなことになっちゃうんだろう。単純に怖い。子どもを
持って自分の時間がなくなっちゃうのも怖い。子育て失敗することは
明らか。


でも友達のお母さんが「本当に人(男を)を好きになったら、この人
との子どもを生みたいって思うものだよ」って。

これはすごい分かるの。

誰かを本気で好きになると、「この人の子どもなら生んでみたい」
って思う。「こんなに好きな人と、自分が混ざった人間は絶対愛おしい
はずだろうな」って思う。だから、本気で好きな人と結婚したら、子ども
欲しいって感じるのかなあ。



スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/38-380d416f
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。