been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

パリ、ジュテーム


ここ半年以上ちゃんと泣いていなくて、辛いことがあっても泣けなくて、
昔は一週間に一回くらいは思い切り泣いてたし、映画観て号泣するとか
しょっちゅうだったのに。最近は映画を見る目が厳しくなってしまって、
簡単には感動しなくなった。


だけど「パリ、ジュテーム」は最高。



img_1499743_47470922_0.jpg





2006年の色んな監督が撮ってるオムニバス映画で、パリの色んな場所が
舞台になっていて、それぞれの話は5分くらい。皮肉っぽいのもあれば
直球感動系もあればコメディー系もある。

やー、どの話もそれぞれ良かったけど、中でも好きなのは
日本の諏訪敦彦監督の「ヴィクトワール広場」ってやつ。

小さい息子を亡くした母親が、絶望に浸っている中、幻覚というか魔法
というか奇跡で、息子に一瞬だけ会えて、少し立ち直る、っていう話。
息子が現れて駆け寄ってきて、必死で抱きしめて泣きながら
「行っちゃダメ」って言ってキスして、もうその表情を見てると涙がポロポロ。
「もう行かなきゃ」っていう息子の体を渋々離して、魔法は溶ける。
現実に戻って旦那と抱きしめ合って、その切ない柔らかい笑顔が
たまらなくて号泣。

母親の、子供に対する執念ですらある愛。
子供を失った絶望が伝わってきて、声を上げて泣いてしまった。
諏訪監督もインタビューでこんなこと言ってたけど、子供が死んで、
自分が生きていることに罪悪感を持ってる親を、この話は救えると思う。
子供を生んだことも失ったこともない私がえらそうなこと言えないけど、
子供より長く生きているのは決して罪じゃない。


あdfghjk


役者ってすごいって思った。母親役はジュリエット・ビノシュ。
彼女の映画を観るのはこれが初めてだったけど、仕草も、声の出し方も、
細かい表情まで、全てにグッときた。全てが完璧で。ああ、すごい。






あとは、アメリカ人の中年の女性が憧れのパリに旅に来て、素敵なパリに
魅了されながらもなんとなくメランコリック(?)なお話も好き。

公園のベンチに座ってるときに、何かが起こる。
待っていたような思い出したような、初めての感情。
人生で欠けていた何か、悲しいような、でも生きてるって感じる。
その悲しさはパートナーがいないことなのか、一人で外国にいる
ことなのか分からない。でも幸せな。

この気持ちって、すごくよく分かるなあ。外国にいて、一人で、
寂しいけどすごく幸せっていう。この話も役者がすごいと思った。
顔の表情とか、声の抑揚(?)のつけかたとか。






他にも有名な監督や役者がいっぱいで豪華だし、少なくても一つは
お気に入りの話があると思うのでオススメ。

フランスって、気取っててワガママで好きじゃなかったし、
いまどきフランスなんて憧れねーよっていつも思ってたけど、
この映画はみんな素顔っていうかリアルが映ってる感じがした。
フランス人はフランス人の人生を生きてるんだなって思って、
それが愛おしくなって、さらにパリの街も愛おしくなって、
まさにパリ、ジュテーム。

フランス嫌いだった私が言ってるんだから間違いない、
パリ、ジュテームは最高。




スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/368-fb252c9e
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。