been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

What's Going On


BK090074_1.jpg



最近忙しくしている。大学生は暇だっていうのは都市伝説だ。
今3年生で、校舎も変わって授業も変わって、課題も増えて、
めっちゃ忙しいけど楽しい。

入学したばかりの頃は授業のつまらなさに絶望したけど、
今は楽しい授業ばっかりで嬉しいなー






写真を哲学的に解く授業があって、奥深くて面白い。
何でもない写真にこんな背景や文脈があるんだって
分かったときの楽しさと、ちょっとビビる感じ。

毎日毎日色んなものを見て、情報過多で、疲れちゃって、
ひとつのものにじっくり目を向けられるほど暇ではない。
良いもの、楽しいもの、沢山ありすぎて全部見たくて、
欲張っちゃう。




映画とか、今までも沢山見てきたけど、これから観たい映画も
沢山あって、ひとつの映画を研究してる暇なんてない。
だけど、映画なんて、一回見ただけじゃ見たうちに入らない。多分。
見逃してることがいっぱいある。一回目を見て感動して、二回目見て、
違う印象を持って、三回目見たときにはもうその映画が好きじゃない
かもしれないけど、それでもいい。そうやってじっくり研究できたら
いいとは思うけど他にも見たい映画沢山あるから、できない。

普通の生活でもそうだ。「した」と思いこんでいてもしていない。
「見た」と思っていても見ていない。






この間インテリアデザインの勉強をしてる学生から話を聞いて、
レポートで、指定された場所(カフェとかバーとかブティックとか)
に行って、そのインテリア、空間について書くっていう課題があったらしい。

それで、生徒たちはそれぞれの場所に行って、その外観から空気、
壁とか床の素材、照明の具合、そこにいる人、かかっている音楽
すみずみまで観察する。時間をかけてやっとその場所を理解し始められる。

そのレポートを読ませてもらったとき、なんかすごく感動して、同時に
すごく焦った。私は今まで服屋に行けば服を見て、映画館に行けば映画を観て、
レストランに行けば食事をして、その内装、空間、そこにいる人、
沢山のことを見逃してきたんだなあって気付いた。22年間も。
どこへ行っても何をしても、与えられた目的しか果たして来なかった。



ぱっと見の、第一印象もすごく大切で、第一印象だけで私たちは沢山のことを
決めちゃうけど、もう少しその奥を見る目と余裕が欲しい。
そうなると、今の社会では相当スローペースに生きなきゃいけないのね。
スローペースで生きたら怠けてると思われて、行き着く先は貧困。やだやだ。
みんなもう少し気楽になって欲しいなー。1限始まるの朝9時とか早すぎ。
働きすぎ、頑張りすぎ。いつか死ぬんだからもっとゆとり持って生きたいよ。



bild.jpg


上のプールの写真は画家・写真家のDavid Hockneyの作品。
これ、一人の人が泳いでる写真を集めたものらしい。
下のはニューヨークで活動する杉本博司の作品。
「Theaters」っていう映画館ばっかり撮ったシリーズの一つ。
映画が始まると同時にシャッターを開いて、映画が終わるまで
開きっぱなし。つまり、この写真には映画がまるまる写されている。
面白いなあと思う。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/366-c86d0b97
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。