been dazed and confused for so long 

BULLY/リバーズエッジ(ネタバレあり)



アメリカの写真家でもあるラリー・クラークの「BULLY」
実際に93年にアメリカで起きた事件をモデルにした映画。



bully.jpg




郊外に住むボビーとマーティは幼馴染み。裕福な家庭に育ったボビー
とは対照的にマーティは高校の落ちこぼれだったが、2人は親友同士。
ある日、彼らはアルバイト先のスーパーでアリとリサをデートに誘う。
マーティとリサはすぐに恋仲に。交際が深まるに従い、リサはマーティ
とボビーの異常な関係に気づく。ボビーはマーティを時には暴力を振って
一方的に支配していたのだ。彼女はマーティへの愛が強くなると同時に
ボビーへの憎しみを募らせ、マーティにある驚くべき提案を持ちかける。
(Yahoo!映画)

と、まあ結局マーティやアリ、リサ、他の友達みんなで、
いじめっこ(=BULLY)のボビーを殺しちゃうわけです。
軽い気持ちで、セックスやドラッグをやるのと同じような
感覚で、人を殺してしまうわけ。



2002年の映画で、今は死んでしまったブラッド・レンフロとか
が出ていた。ブラッド・レンフロは好きだったなー。
「ゴーストワールド」(02年)にも出ててすごく良かった。
子役時代の「The Cure」(95年)も本当に素晴らしかった。
リバー・フェニックスと色々かぶるところがある俳優だったな。
好きだったし、期待してたのにな。死んでしまった。




若者の無秩序というか、なんも分かってない考えてない、
というか考える機会さえ与えられなかったティーンのあの感じ。
ひどいと思う反面、懐かしい感覚でもあります。
で、不謹慎かもしれないけれど、この映画を見て、
すごい爽快感を感じました。ティーンであった爽快感。



セックスやドラッグといったらラリー・クラーク。
他の代表作で「KIDS」という作品がありますが、
これもまたやってくれた。セックスやHIVをテーマにした
映画なのですが、「KIDS」を見た当時16歳くらいだった私は、
「同じ年くらいのコたちがこんなに過激だなんて!アメリカ
ってコワイ!」とショックを受けました。と同時に憧れてる
部分もあった。大胆で過激なバッドガールがカッコ良く思えて。
だって「ワルい」って憧れることでしょ。





それともう一つ、岡崎京子のマンガ「リバーズエッジ」にも
似ていた。セックス、妊娠、人の死、同性愛、摂食障害とかが
出てくるマンガ。妙な爽快感というか、あのティーンの感じ。
90年代ぽい感じ。無秩序な感じ。何かやばいことを軽いノリで
しでかして、後になってコワくなる。または、やばかったって
ことにさえ気付かないティーンの感じ。

rivers edge


スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/299-178c1e89
 
 
プロフィール
 
 

Django

Author:Django

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード