been dazed and confused for so long 

真木よう子、オルビス


最近流れてる、真木よう子のオルビスのCMが結構好き。







真木よう子がパリのアパルトマン(っていうんですか?)に帰ってきて、
エレベーター上がって、化粧水でお手入れして、ドライヤーかける。
それだけ。

最初見たときは、「今時パリにあこがれてんじゃねーよ」って
否定的だったんだけど、真木よう子の表情が

「好きでパリにいるんじゃない。しょうがなく(仕事とかで)
パリに住んでいて、浮かれてなんかいないんだ。」
という感じがして、このCM好きになってしまった。

普通の外国を舞台にしたCMって、そのCMの主人公が、
その外国に完全に馴染んでいて楽しんでいる感じがするのが多いと
思うんだけど、オルビスの真木よう子は決して馴染んでなくて、
「外国人」であることを日々感じてるような気がする。



「本当はパリになんて住みたくないけど、頑張らなきゃ」
っていう強い感じがよい。

アンニュイ、かつ強い感じ。




真木よう子は全然好きじゃないけど、このCMのイメージには合うかな。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/259-a9d92168
 
 
プロフィール
 
 

Django

Author:Django

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード