been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

風と共に去れ!


21日に学校の課題提出で、切羽詰まっております。

全部銀塩で提出。銀塩ってのはフィルム写真のことね。

フィルムはデジタルに比べて手間がかかりまくるから
嫌いだったんだけど、最近好きになってきちゃったんだよね。
不覚にも。

撮影して、液体用意して、現像して、手間かけてプリントする。
めんどくさいのだけど、シンプルでいいの。デジタルはカメラ
自体に色んな機能がつきすぎて、プリントするにしても
色んな設定がありすぎて、無限大で、疲れちゃう。
デジタルも好きだけどね。


DSC_0696_convert_20101016184914.jpg

左の写真はフィルムに傷がつきすぎていて汚いので撮り直し。
右は全体にピントを合わせる課題なのに合ってないからボツ。
自分では気に入ってるんだけどね。




それから先週、夏休み課題として10枚の組み写真を提出+クラスで
プレゼンするっていうものがあって、すごく面白かった。
みんな上手くて、なんだか不思議な感じがしました。
世の中に(私が思うに)クソ写真が氾濫してるのに、写真学科の
一年生の作品はこんなに素晴らしい。そうなるとやっぱり、
一人一人はすごいのに、商業的にならなきゃいけないっていう
理由でダメになっちゃってるじゃないかと思う。残念だ。

特に私が好きだったのは、中国からの留学生のリー君(?)と
ヴィジュアル系女子のあきほ(本人は否定してたっけ)。
リー君のは、中国で80年代に生まれた人たちを撮ったもの。
80後と呼ばれていて、それ以前の世代とは価値観とかが大きく
違っていて、新人類とされているそう。その世代の人たちを
カラーフィルムで10人撮ったもの。ドキュメンタリーっぽくて
すごく良かった。訴えかけるような表情をするモデルもいれば、
無邪気に笑ってるモデルもいて面白かったし、ポラロイドみたいに
画像が正方形で、紙の上の方に写真があって、それも良かった。
プレゼンも味があって良かったしね。中国語訛りが味がある。
(超個人的だけどアディダスのジャージ着ててそれも良かった。)

あきほのは、10枚全て遊園地。全てに人が写っていなくて、
モノクロフィルムで、少し不気味な感じがして良かった。
プレゼンが素晴らしかった。
「遊園地には独特の時間が流れている。時間が止まってるとも
言える。遊園地にある乗り物は、全て回って同じ所に戻ってくる。
私たちをどこに連れて行くのか。」
みたいなことを言っていて、衝撃的に感動した。自分で説明した
とおり、遊園地の不気味さがちゃんと表れててすごく良かった。

自分はダメだなあ、と。
担任の先生は、「普通なありきたりなものが一番ダメ」っていう
人だから、私も課題の合格をもらうために、とにかく大胆なものを
撮ろうとしてるけど、だんだんエロいもの撮っときゃいいんじゃ
ないかって思えてきちゃったよ。それだけじゃダメなのにね。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/216-eaa4c4dd
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。