been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

テレビの中で


ここ1、2年ですっかりテレビを見なくなってしまった。

以前はYouTubeでテレビの代わりに見てたりもしたんだけど、
最近はもう、テレビ番組自体への興味が薄れてきた。
たまーにつけたときに変な企画やってたりしても、悪あがき
にしか見えなくなっちゃった。もうつまんないよ、って。
バラエティを見ても、オチが分かっちゃったり、
ドラマを見てもあまりに作り込まれた世界に嫌気がさす。
ニュースも、脚色されすぎていて、偏った見方しか出来ない。

テレビが一般に普及した当時は、大人達に、
「今の若い世代はテレビばっかり見てダメだ。」って
言われてきたんだから、今の私はイイ子のはず。

だけど、なんでテレビ見なくなったかって言うと、やっぱりそれは
インターネットの方が面白いからなわけで。




ネットっていうのはテレビなんかよりも何倍も幅広くて四次元空間。
そしてとにかく便利。例えば天気を知りたいとき、ネットなら数秒で
終わるものが、テレビだったら天気予報の番組の時間まで待たなきゃ
いけないし、知りたくない場所の天気も知らなきゃいけない。
聞き逃したら終わり。ネットサーフィン何時間もしてると、脳が
トランスしてるみたいになっちゃって、「ああ、これちょっとヤバいな」
って思うことがたまにある。

やっぱりプラス面だけではない。ネットサーフィンは基本的に自分の
興味に沿って行われるから、自分に不必要な情報は入ってこない。
これって、効率がいいように思えるけど、危険なことでもある。
自分に必要な情報だけをとにかく仕入れていくっていうのは現実を
見れていない気がする。テレビには、興味の無いシーンや出演者が
あって、コマーシャルさえある。無駄なことばっかり。だけど、
その無駄なところから得るものは大きかったと思う。

テレビは受動的、ネットは能動的。

見たいものだけ見て、聞きたいものだけ聞いて、無駄なんて無い。
知りたいことなんて、きっといくらでも知れる。情報が溢れてる。

ただ、その溢れた情報の中で私たちはうまく生きられるのかな。
ある程度有名な人の名前を検索すれば、数秒でその人の星座から
出身学校まで分かる。あまりにも容易くネットで得た情報は、
ゆらゆらしてて、現実という感じがしない。ネット上での
人間関係はゆらゆらしてて、中途半端。
(この前mixiが繋がらなくなったとき、中途半端な人間関係の
一切を休めた気がした。)

世界中に繋がれるから、パソコンの前に座ってるだけなのに、
もう世界の果てまで見てきたような気分。そんなわけないのに。

現実の世界で生きるときの感覚と全く違ってしまって、
ネットに浸りまくった後、外に出ると、ちょっと戸惑う。



エターナルサンシャイン



個人的なのだけど、テレビで、子役と呼ばれる子供たちを
見ると、どうしようもなくかわいそうになる。演技も、
インタビューの受け答えも、親や周りの大人に「こうしなさい」
って言われてるんだろうなーっていうのが見えすぎて辛い。
徹底的に管理されていて、作った笑顔を、可愛いだなんて思えない。

私がテレビを見ないのは、そういう見たくないものから
逃げてるのかも。


スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/200-14212cd0
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。