been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

鬼畜(ネタバレ)


大学入学して、嬉しかったことの一つが、図書館にあるビデオ・
DVDの多さ。さすが日芸、映画学科があるだけのことはある。
貯蔵室みたいなところに大量にある。もう4年間TSUTAYAに
行くことはないでしょう…。





そして先日、授業と授業の間が空いて暇だったのでビデオ一本
見ました。

鬼畜





ずっと見たかった映画、78年の「鬼畜」。

松本清張の原作で監督は野村芳太郎、出演は緒方拳、岩下志麻。


これを見終わった後、お昼ご飯だったんだけど、気分悪かった。
もう怖くて怖くて、「鬼畜」の後にお昼はキツい…。



あらすじ:印刷屋を営む竹下(緒形拳)と妻のお梅(岩下志麻)
のもとにある日、竹下の愛人が3人の隠し子を押し付けて失踪した。
妻のお梅は子どもたちに辛く当たり、やがて、末っ子の赤ん坊が
不慮の事故で死んでしまう。お梅が故意に仕組んだと察した竹下
は残る2人も何とかしなければと追い詰められて行き…。(Yahoo!映画)


3歳の次女は東京タワーに連れて行って、楽しませておいて、
そのまま置き去りにする。6歳の長男も毒殺しようと試みたりするけど、
頭がいいもんだから中々うまくいかない。結局、旅行に連れ出して、
楽しませておいて、疲れて寝ているところを崖から落とす。

長男は奇跡的に命拾いして警察に保護されるけど、警察に何を
聞かれても黙秘、最後まで父親をかばう。


あーー。すごい…。辛い。


なんて馬鹿なんだろ、なんて我がままなんだろ。主人公は自分の
幸せを考えてこうしたのかもしれないけど、あまりにも想像力が
なさすぎる。まず愛人つくって子供を3人も作っちゃうのが馬鹿。
育てられるのか、妻にバレないか、そんなこと簡単に想像がつく。
一人出来ちゃったならまだしも、3人も。

その3人を押し付けられて、妻になじられたからって殺すのも馬鹿。
殺せば妻の怒りも収まるし、これで幸せになれる、とでも思ってるのか。
そんなわけない。いつか世間的にバレるだろうし、バレなくても罪悪感
で一生気が休まらない。

まさに鬼畜。


それに岩下志麻の怖さ!「極道の妻たち」で見たときに「怖い!」
って思ったのなんて序の口だった。「鬼畜」でも岩下志麻はもう、
般若。虐待シーンでは目を覆うしかない…。お梅(岩下志麻)が、
事故に見せかけて末っ子を殺した夜、緒形拳に、

「あんただってほっとしてるじゃないか」
「あの子たちの顔を見るとあの女を思い出すんだよ」

っていって、泣きわめきながらセックスを求めるシーンがあるんだけど、
これは私が見た映画史上、最悪のセックスシーンだったと思う。

気持ち悪くて、吐き気がした。子供を殺した夜にセックス。
セックスっていうのは子作りであって。殺して作る。
(お梅は子供を作れない体だけど)獣みたいというか、
本当に「鬼畜だ」と思った。





竹下が長男を崖から落とす前夜、旅館で酔っぱらいながら自分の不幸な
生い立ちを語るシーンがあって、このシーンのせいで、少し竹下に
同情してしまった。間違った感情かもしれないけど、可哀想に思った。
不幸な境遇から抜け出すチャンスもなかった人はどうしたらいいのか。
そういうマイナスの連鎖は続いてしまって、きっと竹下の子供たちも、
将来、悲しいことに、こういう不幸を生み出してしまうんだと思う。

この映画を見た後はとにかく残酷だとしか思えなかったけど、今は、
続いてしまうマイナスの連鎖を、どうすれば止められるのか考え
させられた。
スポンサーサイト
 
Comment
 
 
うぅぅ…ドロドロした映画苦手だなぁ(・∀・;

にちげーの図書館は神だよねっ
  [URL][Edit]
2010.04.30 Fri 23:39 木の子  #-
うん、この映画は本当にオススメできない(笑)
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/170-e7683883
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。