been dazed and confused for so long 

DAVID BOWIE


私はデヴィッド・ボウイを歌手とか呼べないです。
芸術家と呼びたいです。だって曲聴いてると、もうこれは音楽
というより芸術なんだなって思う。加えてPVや衣装も芸術だから。

17の時、初めてボウイの音楽聴いて、PV見て、完全に衝撃受けた。
60年代、70年代、80年代、全部違うスタイルで、全部いい。
彼の、コロコロ好みが変わるところ、私みたい。

このブログのタイトル、「ロックンロール・スイサイド」に変えたい。。。
どうしよかな。。。

AladdinSanecover.jpg

有名なアラジン・セインのジャケット。








73年の伝説のライブ「Ziggy Stardust」 因みに衣装デザインは山本寛斎


やっぱり70年代はロックの時代だ。今の時代から過去の音楽を聴くのも
楽しいけど、リアルタイムで聴いて、感じてみたかった。

「Space Oddity」っていう曲は特に才能を感じる。衝撃受けた。

曲がストーリーになってて、宇宙飛行士の「トム少佐」がロケットで宇宙に
行くんだけど、あまりの宇宙と地球の壮大さに感慨して自分には何にも
できないって思っちゃって、地上管制との連絡を切って、永遠に宇宙に
漂流するっていうストーリー。

切なさと美しさが混ざってる。

でも80年の「Ashes to ashes」って曲で、トム少佐はただのジャンキー
だったってことになってるんだけど。。。



ボウイのジャケ
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/17-fd377682
 
 
プロフィール
 
 

Django

Author:Django

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード