been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

スカーレット・ヨハンソン 痩身願望からの脱却


10年以上も、女性の体は細いのが美しいとされていたけど、
最近はその痩身ブームも、やっぱり廃れてきてる気がする。

スカーレット・ヨハンソンを見たとき、「ふっくらして、もちもち
ぷにぷにでなんってセクシーなんだろう」って思った。そのとき、
自分の中の「細い=美しい」っていう感覚は消えかけて、細すぎる
女の子たちを、可哀相に思うようにもなった。太ってはダメだけど。

90年代のファッション界(モデル界)に、ケイト・モスが現れて、一気に
「ウェイフモデル」(ウェイフは浮浪者って意味)だの「ヘロインシック」
(ヘロインやってそうで病気っぽくて素敵って意味)だの、つまりは細身で
あることがもてはやされて、その90年代に生まれた私の世代の「細い=美しい」
っていう価値観は根強かった。個人的に、ヘロインシックは好きなんだけど、
ここ最近、「細いね」って言われるのが嫌になった。
(とはいえ90年代のケイト・モスも大好き)

7歳くらいの頃から、太ってなかったのに痩せたいと思い続けてて、今思えば
世間の価値観に7歳の子供が押し付けられてたんだなあと、ちょっと怖くなる。



司馬遼太郎著の、「アメリカ素描」っていう本に、すごく興味深い記述があった。

あるアメリカの夫婦がいて、夫が妻に
「君はいいオッパイを持っている。しかし脚が細すぎる。」と言って、
それが妻を深く傷つけ、離婚の要因の一つとなった。というもの。

「アメリカ素描」は、20年以上も前に書かれたもので、この夫婦の話はきっと
50年以上も前のことだろうけど、こんなにも価値観が違うんだなって思った。
今だったら、胸が大きくて脚が細いっていうのは理想の体型とされてるのに。




というわけで、間違いなく地球上のセクシエスト、スカーレット・ヨハンソン。
胸は大きくて、腕や脚ももっちりしてるけど、太いわけではない。羨ましい…。
私はその逆で、手足は痩せたいけど、胸はもう痩せたくない(笑)これ死活問題。

scarlett_johansson_allure_december.jpg


scarlett_johansson_011_convert_20100110134145_convert_20100110134332_convert_20100113172325.jpg

まだ25歳なのに、この魅力。私が男だったら………。


vanity-fair-april-2009-2.jpg

雑誌「Vanity Fair」の表紙。キーラ・ナイトレイ、トム・フォードと。


LotImg46612_convert_20100110135801.jpg

Calvin Kleinの香水の広告。


scarlettjohansson.jpg






ドルガバの香水のCM。声もいいんだよね。低くてハスキーで。





ygyfyg

bye bye
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/142-7fd6e400
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。