been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 

No matter how temporary


abcde.jpg

アメリカに留学していた2008年後半、通っていた学校の先生が
「Blankets」ていう漫画を貸してくた。もちろん英語。そのときの
感動が忘れられなくて、帰国後アメリカから取り寄せて買っちゃった。

著者のクレイグ・トンプソンのバイオグラフィーで、寒さの厳しい
ウィスコンシン州で育った彼の繊細な感性が覗ける。小学生の
ときからガリガリで、周りのガキんちょたちからイジメられて、
周りの大人から性的な虐待を受けたりして、家では宗教深い両親
に厳しくされて、弟はやんちゃで(でもその弟をすごく大切に
思ってる)、そんな冴えない人生の中、高校生でレイナっていう
女の子と出会う。レイナとの恋愛を通して、互いのこれまでの
痛みを分かち合って、お互いに成長していく。結局レイナとは
別れちゃうんだけど、大きな存在としてずうっとクレイグの中に
いつづける。っていうような話。


思春期になって、周りの圧力に抵抗したり、自分の意見を通したり
する力を持っても、所詮、思春期(10代?)なんて、世の中の物事を
理解し始めただけで、これから何年も何年もかかってやっと「分かる」
っていうことが積み重なっていくんだと思う。だからもちろん、現在
19歳の私もまだまだなわけで。


アメリカの漫画って、面白さだけ重視してクオリティー低そう…って
思ってたけど、違った。日本の漫画みたいに、繊細な微妙なとこまで
しっかりついてる。

これを読んでたとき、私もアメリカ東海岸の寒いところにいたから、
漫画の中の寒そうな雪の場面とか、かなり現実的に感じられた。
寒い中で、雪景色の中で隣に見る、愛しい人の美しさ。
もう寒さなんてどうでもいいのね、惚れてると。





最後の文章が、すごく心に残る。

"How satisfying it is to leave a mark on a blank surface.
To make a map of my movement---no matter how temporary"

「真っ白な地面に自分の足跡を残すことはなんて満足感のあることだろう。
自分の動きの地図を作ることは。 それがどんなに一時的なものでも。」




先生に、この本の感想を聞かれたとき、「Beautiful」って答えた。
「Beautiful」ていう言葉しか思いつかなかった。日本語だと「美しい」
…ちょっと違和感があるんだけど、とにかくBeautifulで切なくて、
どうしようもなくなる。アメリカ人でもこんなに繊細な微妙な心情を
持ってるんだって思った(笑)

「Blankets」について書かれたブログを見つけてね、アメリカ人の
ブログだから英語なんだけど、「言葉がページの上をスケートしてる」
って表現されてて、うまいなー!って思った。
そうそう、スケートしてる感じなんだよ。



blankets299.jpg

Blankets1_252.jpg
スポンサーサイト
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/107-46602212
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。