been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ファッショニスタの悩み


13076872_1051420788261845_8524270516392766843_n_convert_20170213212316.jpg
Otsuki right before the attack



ファッショニスタの私の悩みは尽きない。
着るものと、食べるもの、飲むもの、行く場所、聴く音楽、
見る映画、つき合う人々、住む場所、
全てがファッショナブルでなければならない。
親も親戚もオシャレでなければならない。
きっとお金持ちのファッショニスタは
オシャレなスーパーに行って食材を買い、
病気をすればオシャレな病院に行く。

更にアップグレードすれば、SATCのキャリーたちみたく、
オシャレでリッチな独立した女性はスーパーなんて所帯じみた
場所には行かないのだ。

だけど私はそれが出来ない。
着るものはどうにかなるとして、
食べるものや行く場所や聴く音楽がファッション的ではない。
映画も、ファッショニスタが作った映画にはいつも懐疑的。
スーパーだってなるべく安いところに通うし、
病院になんか行くことになったらオシャレとかオシャレじゃない
という基準自体が消える。
親戚の集まりや、同窓会でのファッショニスタの一番の悩みは、
自分のオシャレ過ぎるファッションを周りに理解されずに浮き気味に
なることだ。

だから生きて行く上で、オシャレをやり通すのは難しい。
一瞬一瞬をオシャレで彩ることはできない。
(SATCはファンタジー映画だと思ってるが)
もうすぐやらなきゃいけない確定申告とか、
最高にオシャレじゃない行為をしなきゃいけない。





私は吐き気がするほどファッショニスタ。(イケてるって意味ではない)
何をするにもファッション的な視点で考えてしまう。
誰もこのことは理解してくれないだろう。
だから日常で非ファッション的な局面に置かれる度に
ギャップに戸惑うし、苦しい思いをする。
オシャレなキッドたちは一体、どこで生まれどこに住み、
何をして遊ぶの?




ファッションが好きな理由も分からない。
綺麗なものが見たいだけなら美術鑑賞だけでも済むのに。
好きな気持ちをどう落とし込んだらいいか分からない。
ピコ太郎が会見で
「自分はファッションが大好きで、行われる全てのファッションショーを
チェックしている。その全てを混ぜ合わせた結果こうなった」
と言っていてめっちゃ共感した。難しいよね、落とし込み。

「見栄」はファッションに必要不可欠な要素だ。
ファッションが大好きな私は見栄を張るのが大好きなのか。
いやでももっと、自分にも他人にも優しいファッションがあるよね。

こんなことを、もう何年も前から何度もブログに書いてきた。
きっと一生をかけたプロブレムだ。
これに向き合い、研究するために生まれてきた人生だ。
ファッションは、等身大の自分と理想とのギャップに悩むことが原点でもある。
だから私のこの葛藤は、このフラストレーションは正にファッションだ。



スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。