been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

Something Groovy




fantome.jpeg





去年宇多田がファントム出したときさ、
もちろん活動休止からの復帰アルバムだから話題になるのは当然だし、
てゆーかクオリティがヤバすぎ (宇多田だから当たり前なんだけど...)だから
誰もが絶賛するのはいいんだけども。

なんかさ、休止中には完全に宇多田のこと忘れ、
なんなら休止前には宇多田のこと過小評価してたのに、
ファントムがちょっと大人っぽくて芸術的っぽいからって
高尚ぶって「俺は宇多田を"前から"評価してる」みたいなスタンスとる奴
うようよ発生しなかった!?!?

ちょーーーむかついて!!!
こちとら活動休止中も毎日聴いて、HEART STATIONとか聴いて
思い馳せてたのにさ!!
あいつら一気に「やっぱ宇多田」「ここまで来るとノーベル文学賞レベル」
「さすが藤圭子の娘」とか抜かしやがって!
藤圭子の娘がどうとか意味分かんないし。

にわかファンや、ファントムからファンになる人がいるのは
素晴らしいし愛おしいことだけど、"前からすごいと思ってました"感
出されるとガチガチのファンとしては胸が痛むわよ。
あなた方が以前宇多田を小馬鹿にしてたことを私は決して忘れません。

捨て曲なしって表現ってまじミュージシャンに失礼だけど、
当たり前のように捨て曲なしなんだよね宇多田は。
全ての曲が美しい。
ファントムでは、どれも大好きだけれど、
やはりKOHHとのコラボ、椎名林檎とのコラボは相当響きます。
とてもセクシー。




ところで、割と最近知った宇多田とFoxy Brownのコラボ。最高!







宇多田以外にもたくさん素敵な曲聴いています。
という訳で下記、最近大好きな曲。









くるりがラップ!しかもR&B調!
と思ってビックリした『琥珀色の街、上海蟹の朝』。
MVはタム君のアニメーションでとても可愛い。
歌詞の内容と女性ボーカルが切なくて何度も聴いてセンチメンタル。
家でプロジェクターに映像を投影しながら聴いて更にロマンチック。
こんなにGroovyな時間を過ごさせてくれてありがとう岸田さん。









Mayer Hawthorne率いるTuxedoのSo Good、
完全にアーリー80sのオマージュってゆうかモノマネ。
最初聴いたとき本当の当時のダンスクラシックスかと思った。









70年代、Thelma Hustonで有名なこの曲。
Thelmaも大好きだけど更にGroovy要素足したような
Harold Melvin & The Blue Notesバージョン。
というかこっちの方がリリース早かったらしいけど。
"Please please don't go!"って歌詞が響く。
次に誰かにフラれたときはその場でこの曲流します。









こないだ渋谷VISIONでVICEのパーティがあって、
こちら、Biz Markie氏がステージに登場。
ラップとかはさすがなんだけど、
カラオケ好きな方らしく、上手くもない歌を
延々聴かせてくるというとてもコミカルな方でした(笑)
ジャクソン5の "I want you back" をめちゃめちゃ低音で
歌う姿は巨体を感じさせないほど可愛かった。
持ち曲として披露したのが"Just a Friend"。
かわいー。ここまで愛されキャラだと90年代のラッパーコミュニティの
抗争にも巻き込まれずに済んだでしょう。





スポンサーサイト

ファッショニスタの悩み


13076872_1051420788261845_8524270516392766843_n_convert_20170213212316.jpg
Otsuki right before the attack



ファッショニスタの私の悩みは尽きない。
着るものと、食べるもの、飲むもの、行く場所、聴く音楽、
見る映画、つき合う人々、住む場所、
全てがファッショナブルでなければならない。
親も親戚もオシャレでなければならない。
きっとお金持ちのファッショニスタは
オシャレなスーパーに行って食材を買い、
病気をすればオシャレな病院に行く。

更にアップグレードすれば、SATCのキャリーたちみたく、
オシャレでリッチな独立した女性はスーパーなんて所帯じみた
場所には行かないのだ。

だけど私はそれが出来ない。
着るものはどうにかなるとして、
食べるものや行く場所や聴く音楽がファッション的ではない。
映画も、ファッショニスタが作った映画にはいつも懐疑的。
スーパーだってなるべく安いところに通うし、
病院になんか行くことになったらオシャレとかオシャレじゃない
という基準自体が消える。
親戚の集まりや、同窓会でのファッショニスタの一番の悩みは、
自分のオシャレ過ぎるファッションを周りに理解されずに浮き気味に
なることだ。

だから生きて行く上で、オシャレをやり通すのは難しい。
一瞬一瞬をオシャレで彩ることはできない。
(SATCはファンタジー映画だと思ってるが)
もうすぐやらなきゃいけない確定申告とか、
最高にオシャレじゃない行為をしなきゃいけない。





私は吐き気がするほどファッショニスタ。(イケてるって意味ではない)
何をするにもファッション的な視点で考えてしまう。
誰もこのことは理解してくれないだろう。
だから日常で非ファッション的な局面に置かれる度に
ギャップに戸惑うし、苦しい思いをする。
オシャレなキッドたちは一体、どこで生まれどこに住み、
何をして遊ぶの?




ファッションが好きな理由も分からない。
綺麗なものが見たいだけなら美術鑑賞だけでも済むのに。
好きな気持ちをどう落とし込んだらいいか分からない。
ピコ太郎が会見で
「自分はファッションが大好きで、行われる全てのファッションショーを
チェックしている。その全てを混ぜ合わせた結果こうなった」
と言っていてめっちゃ共感した。難しいよね、落とし込み。

「見栄」はファッションに必要不可欠な要素だ。
ファッションが大好きな私は見栄を張るのが大好きなのか。
いやでももっと、自分にも他人にも優しいファッションがあるよね。

こんなことを、もう何年も前から何度もブログに書いてきた。
きっと一生をかけたプロブレムだ。
これに向き合い、研究するために生まれてきた人生だ。
ファッションは、等身大の自分と理想とのギャップに悩むことが原点でもある。
だから私のこの葛藤は、このフラストレーションは正にファッションだ。



 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。