been dazed and confused for so long 

TGIF


私立の中高一貫の学校に通っていた私は、毎朝、
都内で常にワースト5位に入る満員電車に乗って通学していた。
中学1年の、それこそ電車通学を始めて間もない頃に、初めて痴漢に遭った。
そのときは息が出来ないくらい怖かったけど、
2, 3回目からはもう慣れちゃって、加害者に対して立ち向かうのも
面倒くさい、その方が恥ずかしい、という感じでやり過ごしていた。
実際ほとんどの加害者はこっちが何らかの嫌な反応を示せばすぐに止めるし。
あの人たちは逮捕されるのが一番怖いですから。

1週間に1回は痴漢に遭っていたので、もうその対処はプロフェッショナルに
なっていて、手で振り払う、頭突きで威嚇、などなど様々な技を身につけた。
色んなタイプの加害者がいて、逆ギレしてくるような人もいたので、
心理的に何も感じないようにする技は、高校になる頃にはかなりのレベルになった。
人生最後に制服を着た卒業式の日の帰りの電車でも遭ったときは、
もはや笑ってしまった。この人たちは本当に制服が好きなんだな、と。

別に傷ついてもいないから、当たり前のように友達とネタにしたり、
今でも笑い話にしたりできます。




でもさー、今思うと間違っていたなと。


まず、調べたところによると、痴漢された際の示談金 or 慰謝料が
少なく見積もっても10万円だそう。
私は平均して1週間に1回被害にあってたから、1ヶ月4回。
年間通じて学校に行くのが
4月、5月、6月、9月、10月、11月、12月、2月だけだとして計8ヶ月。
8ヶ月 × 4回で32、一年で32回被害にあった。
それが6年間続いたから32 × 6で192回。
その全てを警察に突き出して示談金でも何でも貰ってれば
6年間で19,200,000円を稼げてたわけです。約2千万。

普通に2千万欲しいし、加害者たちがぬくぬくと自分の欲望を
満たしながら本来は私のものとなるそれぞれの10万円を何か
自分の生活や趣味に費やしていたと思うと悔しい。
そもそも2千万分の犯罪被害受けてきたのに私何やってたんだ...。

がめついように聞こえるかもしれないけど
(ま、本当にお金は欲しいですから)、
被害にあう度にいちいち声をあげてれば、
微力ながら、他の被害者を出さずに済んだかもしれない。
私のように慣れきっている人もいただろうけど、
幼かった私のように恐怖に震える子を救えたかもしれないのに。
自分のことしか考えていなかった。

6年間何やっていたんだろう。
2千万あれば何でも好きなこと出来ただろう。
被害にあっていた他の人たちの救済や希望にもなっただろう。

でも本当は、こんなことを私に考えさせる加害者と、
それを本気で駆逐しようとしない社会のほうがおかしいでしょ。
(私もそんな社会に加担してしまったのだが)
私が頭を悩ませ、あの頃の自分を恥じるのも変な構造でしょ。
あの加害者たちは皆、しっかりスーツを着て会社に行く途中だった。
痴漢自体がトラウマになって今でも性的なことが苦手とか
そういうことは幸いないけど、「しっかりスーツを着た男性」
の全てが実は狡猾な犯罪者なんだろう、という偏見が
いまだに消えません。
当然これは犯罪者でないほとんどの男性に対しても失礼だし、
そういう男性を蔑んでしまうのは、私だって嫌です。

だからこそ、そこは"加害者" や "加害したいと思ってしまう予備軍"
の人々の意識を変えていって欲しい。
もちろん中にはそんな意識改革なんかで欲望が抑えきれないような
加害者もいるので、そういう人に対してはちゃんと警察なり
医療なりで対処していってほしい。

被害者に勇気を出すことを促さないでほしい。
被害者に努力をさせないでほしい。





やーほんとに、満員電車ってだけでも地獄だったのに
その上痴漢にあって、しょうもない学校行って、
なんで他の方向へシフトチェンジしなかったんだろうかと後悔。
電車乗らないで通える学校に、高校からでも編入すれば
良かったのに、そんな選択肢すら無かった。
親の事情以外の"転校" って、基本良いイメージないからねー。
問題児とか、スキャンダラスなイメージにさらされるし。

大人になれば転職って当たり前だし、なんなら大学でも
気に入らなくて他の大学入り直すとか、学部変えるとかあるのに、
小中高だけはその子の意志で転校するのがメジャーじゃないんだよな。
そこをメジャー化しないといつまでも学校という檻の中で苦しむ子が
増えるだけだ。

話がとびましたが、2016年も終わりかけ、
4年後には五輪が控えている(んだかどうなんだか)東京で、
いまだに痴漢がどうこうで騒がなきゃいけないこの原始感。
やっぱりおかしいですよ。



mach_161026tokyu01.jpg


うっせー




スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 
 

Django

Author:Django

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード