been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

おすしかわいい


Hiroshige_Bowl_of_Sushi_convert_20160825215808.jpg
wikipedia

お寿司を最初に考えた人って、絶対女の子だと思う。
別にお寿司の発祥も発展も詳しく知らないけど、
多分平安貴族の子で、貴族の中では下の方の身分で、
それ故結構自由に遊んだりできて、
刺身とご飯を一緒にして遊んでたらそれがたちまち流行って、
日本中、そして後に世界中に広まった。
正に女子のアイディアが世界を制した例のひとつだと思います。
(完全に妄想)

魚と米一緒にしちゃおう、乗っけちゃおうって発想が可愛い。
見た目もカラフルで可愛くて、巻きものなんて、具を小さく切って
巻いちゃうんだよ。可愛いよね。
手まり寿司なんて犯罪的に可愛い。
手巻き寿司もちらし寿司も可愛い。
お寿司に関する文献は沢山あるだろうけど、これ読んでよ。
素直な気持ち書くから。


11002017875_convert_20160825220254.jpg




一般的に寿司の修行には長年費やされ、一人前になるまでに10年?
とかかかるらしい。ひぇーー。。
7年くらいネタに触らせてもらえないとかザラらしいからね。
ホリエモンもそれを批判して炎上してましたね。
その辺の回転寿司でもクオリティはピンキリ。
大体どこも美味しいんだけど、ひどいところは、味どころか、
ネタの作り方もすごく雑で、見栄えも悪い。
外国から来た旅行客も沢山いるなか、初めて日本で食べる寿司が
これなのかと思うとやるせない。そういう寿司屋もあります。
寿司は、もはや日本食の看板を背負った、責任の重い料理ですね。

一方、海外のお寿司がダメかというと、決してそうではない。
何を隠そう、私が今までで一番ハマったお寿司は、
アメリカのスーパー (SHAWSというチェーン店) で売られていた
パックの海苔巻き。アメリカ特有の、海苔とシャリが逆になっているもので、
ゴマが着いているやつ。カリフォルニアロールだって大好きだし、
日本の頑固な大将が見たら憤慨しそうな、進化を遂げまくったネオ寿司も
美味しいものは大好きです。

Rainbow-Roll_convert_20160825222040.jpg
www.rantlifestyle.com



日本は海外の食を独自にアレンジして様々な料理が生み出されているのに、
自国の料理に関しては伝統を意識するあまりか、ネオ化されているものが少ない。
伝統の味は大切に引き継いでいきたいけど、柔軟な遊び心もあっていいと思います。
(ちなみに海苔巻きは絶対海苔とシャリが逆の方が食べやすいと思う)


ちなみに海外の映画では可笑しい寿司描写が多々あり、
その代表が1985年の青春映画『ブレックファストクラブ』。
主人公のモリーが学校のお弁当にお寿司を持って来て、
醤油をかけて食べるのが仰天。
お弁当箱(?)も変に和風にこだわっていて面白い。

molly_convert_20160825221459.jpg
recipesinmovies.tumblr.com






数年前、熟考の末に到達した結論が、あらゆる食べ物は、
冷たい、もしくは温かい(熱い)ほうが美味しいけれど、唯一、
お寿司だけは常温が一番美味しい、非常に希有な食べ物だということです。
かといって長時間置いておくと乾いてマズくなるし、安易に冷やすのも違うし、
シャリが温かいのもダメ。常温が美味しいからこそ、保存も食べ方も難しい。
極めれば室温や湿度にだってこだわりが出る。
単に冷蔵庫で冷やせばいい、レンジでチンすればいいというわけではない、
ややこしい食べ物だからこそ、刹那的で粋なんです。







poster.jpg
eiga.com


『二郎は鮨の夢を見る』というドキュメンタリー映画を観ました。
銀座の超高級ミシュラン寿司屋の主人・二郎さんとその息子や弟子を
追ったドキュメンタリー。寿司に込める思いや店の在り方、
魚の選び方などなど、ドラマチックに描かれている。
正直面白くない(笑) ていうかどうも納得できない内容だったけど、
やっぱりお寿司はいいなーと思いました。
どこの国の料理でも、見た目の美しさは常に重用視されるけど、
やっぱりお寿司は美しい。
見終わった後も、お寿司のことをずっと考えている。


スポンサーサイト

ワナビー


ビヨンセ、リアーナ、ニッキー・ミナージュ、ミッシー・エリオット。
チョイスが古めかもしれんが、アメリカのブラックの女性アーティストたちは
強くてセクシーで、リッチでおしゃれで、名声も地位も富も、
すべてを手に入れたような全世界の女性の憧れ。
これまでに何人の女性達が、YouTubeで彼女達を見て
勇気づけられてきたことだろう。


beyonce-in-golden-bodysuit-live-on-stage-wallpaper-2013_convert_20160814211748.jpg
www.wallpapermade.com




ご多分に漏れず、私も彼女達を見て震えるほど感動して、
影響を受け、自信や勇気をもらった一人です。
大げさに言えば命を救われたくらいです。

最近話題になった「Wanna Be」の国連のリメイクダンス動画。
スパイスガールズのワナビーに合わせて、
世界各国の女の子たちが力強いかっこいいダンスで
女性の権利を訴えている。
"What I really want"、本当に望むこととして、
平等な教育、平等な仕事や給与、暴力への反対、子どもの結婚の禁止
などを訴えかけるプロジェクトらしい。







こういう女性解放系のものって弱くて、いつも涙腺が刺激されます…。
フェミニズム的にもエンターテインメントとしても面白く、
観ている人を奮い立たせるような何かがある。


と同時に、少しの違和感もありました。
私はこうなりたいかと言われたら素直には頷けない。
それは私という人間がまだ自分のアイデンティティも、
「自分らしさ」も確立できていないから、
自分がどうあるべきか、特にこういったフェミニズム的問題を前にして、
自分がどういうスタンスを保てばいいのか分からないからだろう。

私は、これは正直なコンフェッションですけれども、
主に恋愛において、客観的に見れば最低なモラハラ的男性に
ひれ伏すような愛を感じたりすることもあります。
とても依存的で、病的で、仲のいい友達にもこのことは言えない。
負の要素だらけの愛に生きたりすることもあります。
これまで結果的にはヤバイことにならずに済んだけど、
いわゆるメンヘラ的な究極な行動をいつ取ってもおかしくない。
確実にそういう部分が私にはある。
これをここでは「初期椎名林檎的性格」と呼びます。
(イメージですよ!)

その反面、さっきのワナビーのような
強く生命力に満ちた、ガールズパワー全開な、
自立した女性も、自分のなかに存在します。

結局昼 (外では) はビヨンセ、夜 (家では) は椎名林檎なんです私は。
これはよく言う「自称サバサバ女は地雷」というのと同じです。

img_0.jpeg
blogs.yahoo.co.jp




そんな私は、世の中の女性達が、平等な権利を得て、
皆が自由で、幸せをつかめることを心から願うけど、
そうでない女性のあり方も、尊重したいと思いました。
不健全な幸せ、病的な愛に溺れて、
尊厳を失うようなことになったって良いと思えることもあります。


アメリカでは先述の通り、ビヨンセをはじめとする
パワフルな女性像が良いとされ、特に黒人の女性たちは
必然的にそうあるべきみたいな風潮すらあるけれど、
その精神性がどうしても合わない黒人女性だっている。
だってビヨンセたちはそれこそ美貌も才能もあり、
なによりもとてつもなく裕福だけど、
それに対して裕福でない一般の黒人女性はたくさんいるだろうし、
別に美しくもなく、才能もない人だって多くいるだろう。

彫刻家・文筆家の柴田英里さんが言っていたけれど、
最近黒人女性の一部の間でゴスロリが流行っているらしい。
ビヨンセ的な強い女性像が(ほぼ)求められているなかでの
反動なのではないかと。
なるほど、ビヨンセの対極のようなゴスロリにはまるのは面白い。
絶対にありえない組合わせだと思っていたから。
黒人女性にだって、あたりまえだけど初期椎名林檎的性格を持つ人はいる。
(実際R&Bとかソウル聴いてても歌詞は結構メンヘラってたりするしね)




rooney-mara-dragon-tattoo-large_convert_20160814222344.jpg
www.telegraph.co.uk

『ドラゴンタトゥーの女』もメンヘラの共感を得ていることでしょう。
見た目はこんなでも好きな人の前では可愛いし、
好きな人のためなら何でもしちゃう!みたいなとこ!
分かるう…!




社会生活のなかで、メンヘラはバカにされて嫌がられるし、
女性も胸を張って堂々と生きていく時代なのは分かっているので、
私も毎日頑張っています。ワナビーの女の子たちみたく、
パワフルに生きているつもりです。(あくまでつもり)

だけれど、他者(主に男)に自分を利用されることや、
自分の尊厳を踏みにじられてもその対象にしがみつきたいことも、
これも立派な "What I really want" かもしれないし。
ワナビーの動画は大好きだけど、そういう初期椎名林檎的な
願望を持つ人の権利は無いものとしている感じがした。
全ての願望が叶うことが真のフェミニズムじゃないかしらね。

 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。