been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

切ねえEDEN


9caeb6b31210da4a0787542b57fe78ed_convert_20151020133745.jpg
www.towerrevo.jp



今年ナンバーワンエモ映画『EDEN/エデン』観てきました。
読者の方からリクエストもらったのが嬉しくて、
ルンルンで観に行きました。

ネタバレで書きます。すいません。
超エモいっす容赦ないっす。
なんだこの胸がヒリヒリする感じ。





『EDEN』は、90年代初頭から現在までの
パリ (ちょっとアメリカ) のクラブシーンと同時に、
一人のDJの青春、夢、栄光、そして挫折•挫折•挫折を描いた映画。
監督はミア・ハンセン=ラヴ。
実の兄をモデルにこの映画を作ったそう。
くすぶった若者という点ではこの前書いた
『フランシス・ハ』と『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』に
似てた。『フランシス・ハ』の女の子も『EDEN』出てるし。






big_33a52e075e3084bf65d55e7ee5a7853f_convert_20151020134035.jpg
kinopavasaris.lt

主人公のポールは、90年代初頭、17-8歳の頃から
レイヴやクラブに出入りするようになり、
クラブカルチャーとクラブミュージック、
特にガラージと呼ばれるジャンルを好きになります。

ガラージとは、80年代のニューヨークの伝説的クラブ
「パラダイスガレージ」でかかっていたような音楽のこと。
ディスコとハウスの間のような音楽。
「パラダイスガレージ」は、ちょうど「ディスコ」が「クラブ」へと
移り変わる頃に熱狂的な人気を博した場所で、
未だに多くの人が第二のパラダイスガレージを作ろうと必死になるも、
これを超える場所は多分二度と現れない。

fc2blog_2015102013490167a.jpg
パラダイスガレージにできる長蛇の列。
thump.vice.com

そこの主要DJだった、こちらもまた伝説的存在のラリー・レヴァンが
ガラージと呼ばれる音楽のムーブメントを作ったと言われてる。






そのガラージと、ラリー・レヴァンを敬愛し、自らもDJを志すポール。
パリの人気のクラブで回すうち、徐々に仕事も増え、
メディアにも注目され、「職業=DJ」と言えるまでになった。
(DJを職業にするってだけですごいことです。
クラブでDJしたってほとんどの人はお金貰えないから)
フランスのクラブだけでなく、ニューヨークやシカゴのイベントにも
出演したりと、なかなかの地位まで上り詰める。

だけど、DJ業は浮き沈みが激しく、実力うんぬん以前に、
世間の気まぐれで一気に売れなくなったりする、

そんな中、やはりポールも時代の波に押され、
次第に失速していきます。

2000年代に入り、時代は、ダフトパンクに代表される
エレクトロ路線へまっしぐら。
「One More Time」が発表された当時の、狂気のような
「時代はこれを求めていた」感が表現されている。

ポールが愛するガラージは、エレクトロとはかけ離れた
ソウルフルなディスコハウス。
エレクトロの波についていけず、どんどん取り残されていく。
20数年以上の活動の中、世間もまわりの人たちも変わっていく中、
自分だけがガラージにしがみつく。

親友の自殺、コカイン中毒、活動のために重ねた借金、
何人もの恋人との中途半端な恋愛の末、
ポールは精神を病むまでになる。





eden_convert_20151020135856.jpg
www.indiewire.com





この映画には、明らかな挫折・転落が描かれています。
シビアな世界だというのは百も承知だけど、
愛する音楽を一途に愛し続けた結果がこれだと思うと、
本当に心苦しい。

最終的に、音楽以外のことに一縷の希望を見出しつつ、
映画は終わる。駆け抜けた青春を思い出に、
これからは地道に生きていくのでしょうか。


「EDEN」はざっくりと前半・後半に分かれていて、
前半はその名も「PARADISE GARAGE」。
ポールたちの、まさにパラダイスのような輝きを表している。
後半は「LOST IN MUSIC」。
これはおそらく、Sister Sledgeの同名の曲の引用で、
音楽を愛してそれを生業とすることの悲惨さが描かれる。
Lost In Musicも、音楽で生きていく覚悟を歌った曲だし。



リミックスバージョン







ポール役のフェリックス・ド・ジヴリって、
17-8歳の若い頃から30代後半まで、全てを演じてるけど、
それぞれが違和感なくてすごい!メイクの成せるわざ??
最初出てきたときは「やっぱ17歳だから若いなー。かわいー。」
くらいに思ってたのに、終盤ではこれで30代とか老けてんなーと思うほど。

Felix+de+Givry+Eden+Premiere+52nd+New+York+olKCjAlnN_gl_convert_20151020140317.jpg
taddlr.com

名前のとおり、ジブリ映画に何か人間じゃない役で出てそう。







音楽をテーマにした映画だけあって、
その使われ方、響き方はとても良かった。

クラブやレイヴに入る前の、外に漏れる音のワクワク。
入ってからの開放的でフレッシュ (fresh/flesh) な感覚。
思わず身体が動きました。
90年代のガラージが好きな人にはたまらない選曲。
サントラも出てるので要チェックです。

時代が進むにつれ、ガラージとは雰囲気が違う
ダフトパンクの曲が使われるけれど、それもまた良い。
主人公が焦れば焦るほど、ダフトパンクが輝いて聴こえる。
切ない。

ただ、もう少しポールの音楽への果てしない愛と、
全盛期のポールのプレイや、ダフトパンクが出てきた頃の
クラブ内の狂ったような高揚が全面に描かれていても
良かったかなー。生ぬるいものじゃないと思うんですよ。
プレイ中に悦に浸るようなシーンがあっても良かった。

エンドロールに流れるのはガレージの代表的曲。
皮肉にもタイトルが「Happy Song」。
めっちゃいい曲でそこがまた切ない。









この映画で描かれるポールの青春 (と呼ぶには長すぎ?) は
痛々しいけれど、こんな風に全てを捧げられるほど愛する対象があるって、
きっと何よりも幸せなことです。
人生を勝ち組と負け組に分けるとしたら、こんなに好きなことがある時点で、
すでに勝ち組だと思います。何でもいいんだと思う。
音楽でも本でもスポーツでも恋愛でも。
報われなくたって、もうすでに勝ってるよね。






理由もなく疎遠になってしまったけど、
DJで、ハウスやガラージのこと、クラブのこと、
いろいろ教えてくれた友達のことを思い出しました。
いつまでも同じ関係でいられないの分かってるし、
人生ってそういうもんだし、別にいいんだけど、
最高の音楽と最高の感覚を共有できていた人が
離れていってしまったのはやっぱ悲しいな。
だけど、私はひとりぼっちでも、この音楽を一生愛するだろう。

スポンサーサイト

血みどろベルリン記


willkommen_convert_20151012001841.jpeg



ベルリンに行ってきました。

なんと初日に生理が始まっちゃうという最悪のシチュエーション。
途中カタールで乗り換えて片道20時間。
4泊5日で結構弾丸だったけど、出来るだけ色んなところ回ったので、
記しておこうと思います。

ドイツって、現代建築、現代アート、現代写真などなど、
とにかく新しいものが発展しているけど、
その理由に、ナチスの統治下にあった歴史が関係するらしい。
というのも、ドイツが少しでも古典的なこと、昔っぽいことをすると、
ドイツ自身も、まわりの国もあの悲惨な時代を彷彿させてしまい、
みんなが嫌な思いをするからだって聞いたことがある。
暗い過去の産物なのね。


FH000017_convert_20151012002214.jpg





物価

物価まじ安いです。もう本当安い。最高。まじで。
ビール(私は飲まないけど)も日本円に換算しても200円しないし、
食べ物も安くて美味しい、量も結構しっかりある。
ホテルの近くのケバブ屋さん、美味しくて何回も通っちゃった。
日本では300円くらいするアイスクリームも半額くらい!
(しかもすごく美味しい)
スーパーやコンビニで売ってるお菓子も安い。
化粧品も200-300円でマニキュアとか口紅とかハンドクリームとか
買えちゃうから幸せ!
家賃も安いと言うし、本当に住みやすい街だと思います。
ベルリンで一年分の服とか化粧品とか、趣味のもの買って、
日本では一年我慢したほうがお得。
みんな行った方がいいよ。




建築・街並

ドイツって、他の国と違って、国を象徴する建物や
観光スポットが少ないから、そういう場所を見て回るのに
無駄な時間を費やさなくて良かった。

ただ、先述の通り、ドイツは現代建築が有名だと聞いていて、
街並も相当カッコいいんだろうと期待していたら、
ひとつもフォトジェニックな場所が無くてとても残念。
半端なヨーロッパ感、半端な現代感が結構ダサかった。
2月にロンドンとパリに行ったときは、それぞれ街並が特徴的で、
歩いているだけで楽しかったのに。

街中は、これでもかというほどグラフィティで埋め尽くされていた。
建物の外、中、駅の構内、電車の中、地面、ベンチ、なにもかも。
グラフィティは、ヒップホップ4大要素のひとつだけど、
ベルリンのグラフィティにはヒップホップの匂いが感じられなかった。
(まず黒人がすごく少ないし)
ということから、ベルリンのグラフィティ(もはやただの落書きなのだけど)は、
本当の荒廃、本当のアートとして存在している気がした。
ヒップホップが介在しない、純粋な主張としてのグラフィティだと思いました。

wenders_convert_20151012021128.jpeg

地下鉄構内のカワイイ落書き。
ヴィム・ヴェンダース「ベルリン 天使の詩」?




ドイツ人

ドイツ人は美男美女が少ない。(本当ごめん)
いや…、みんな可愛いし綺麗だしイケメンなんだけど…
ハッとするような美男美女が少ない。
それでも身なりや振る舞いが魅力的な人が多く、
道行く人々を見ているだけでも楽しかった。

みんな英語が堪能だし、そこそこ親切。
中心地に出向けばおしゃれな人もたくさん。
こんなセンス良い人がいるんだ!って、
ファッションスナップフォトグラファーが歓喜するような
場所でした。





交通

ベルリンの交通の基本は
Sバーン(外の電車)、Uバーン(地下鉄)、Tram(路面電車)で
成り立っています。最初はややこしかったけど慣れると簡単。
有名な話かもしれないけど、ベルリンの電車には改札がありません。
なので切符も買わずに乗れちゃう。
運が良ければそのままタダ乗り出来ちゃうけど、
コントローラーと呼ばれる、乗客がちゃんと切符を持ってるか
チェックする係に出会ってしまうと罰金60€を取られるらしいです。
そのコントローラーの出没率が結構高いので、
切符は絶対買った方がいい。言い逃れは出来ないって!
(私も4泊5日の旅で2回チェックされた)

あとベルリンは自転者がとても多く、歩道の半分くらいが
自転車専用になってます。
いいよねー自転車。日本みたいに駐輪禁止のルールもないだろうし。
ドイツの自転車はどれもカッコいいし、レンタル屋さんも街中にあった。

FH000003_convert_20151012021654.jpg





音楽

ドイツ語の音楽ってあんまり知らないし、
結局ドイツでも流行ってる音楽はアメリカやイギリスのものだけど、
ストリートミュージシャンのクオリティーがすごく高かった!
駅の片隅、広場の真ん中、至る所に各々の個性が際立つアーティストが
いたけれど、みんな自由に自分の表現をしている感じがして良かった。



伝わりづらいけど、イメージではこんな感じ…。
これフランス人だけど…。






BLESS

今回の旅で一番良かったのは、BLESSに行けたこと。
BLESSはベルリン発の、1996年にスタートしたブランド。
そのショップがなんとも不思議!
まず、ショップを訪れるのにはアポが必要で、
しかもそのショップはBLESSのスタッフの家で、
彼は実際にそこに暮らしている。
その空間に服や靴やバッグが展示されている。
住人のベッドや雑誌・写真集のコレクション、食べかけの食器とかと共に
商品が並んでいて、実際に買ったりもできる。
もはやインスタレーションでした。
外国で、普通の人の民家に入れるだけでも貴重な経験だけど、
その上ハイセンスな最先端の表現に触れられて素晴らしかった。


img-thing.jpeg

11年前のNYLON Japanに載ってたこのベッドシーツも売ってた。
実物と出会えて幸せ…BLESSのだったのね。







KW

kw.jpeg


ベルリンのオシャレ地区、Mitteにあるオシャレギャラリー。



入場料は6€。現在のテーマは「ジャングル」。
色んなアーティストの作品があって、
そりゃーもう現代アートを絵に描いたような現代アート。
最高にイカしてたのがOlaf Breuningというアーティストの
「HOME」という映像作品。
リンクから見れるので見てみて!

books_convert_20151012022934.jpeg

ギャラリー内本屋もソフィスティケイテッド。



FH000010_convert_20151012022746.jpg







謎のダンスホール

そのKWのほぼ向かいに、不思議なカフェがあります。
名前はよく分からないんだけど…。
外庭はオープンカフェのようになっていて、
天気のいい日はそこでゆったりできる。
中に入ると、広い空間に暗めの照明。
その中にピンクや青のネオン照明があって、ちょっと懐かしい雰囲気。
ウェイターたちも古臭い制服着ていて、どことなーく共産主義国の匂い…。
なんともイイ味わいでした。
大きなダンスフロアがあって、バンドの演奏が出来るステージもある。
お勧めです。
cafemitte_convert_20151013013802.jpeg
ソーセージと、ジャガイモ&ラディッシュのサラダのセットが
とても美味しかった。





レコ屋

ベルリンはテクノカルチャーが根付いているということで、
レコ屋もクラブもテクノが強い。
テクノに疎い私にはあんまり嬉しくないんだけど、
今回適当に調べて行ったレコ屋はどれもバリバリのテクノ専門で(笑)



securedownload_convert_20151012023242.jpg


HARD WAXは、Kottbusserという駅近くで、
非常に分かりづらい奥まったところにある。
辿り着けただけでも自分を褒めたい。
一面グラフィティの階段を3階まで上って、
ディグってみるけど、テクノすぎて知ってる盤がひとつも無いの。
参っちゃった…。
でも、内装はイケてるし、試聴ブースも広々だし、
ディグった後の汚れた手を洗える洗面台とトイレもある。
硬派だけどちゃんと客のこと考えてる感じがしました。


もひとつはSpace Hall
こちらはオシャレな通りに面した入りやすい雰囲気のお店で、
入り口近くにはTシャツやトートバッグなどのグッズも沢山。
品揃えは、ロックやポップスからダンスミュージック、ヒップホップなど、
誰でも知ってるような盤が沢山あって一般向け。
ただ、奥に行くと立ち入り禁止かと思うようなブースがある。
カーテンで仕切られていて、その中1トーン照明が暗い。
この見事な仕切りの奥が、完全なる専門向け。
広い空間の中に大量のテクノレコードがある (ハウスも少し)。
試聴ブースではタバコも吸える。
きっとプロのDJ(志望?)であろうお兄さんたちが
黙々とレコードを探していました。

他にも行ったけど店名がドイツ語なんで忘れちゃった。
結局今回の旅で買ったレコードはフリマで激安でゲットした
オールディーズモノのみ。





クラブ

レコ屋ももちろん、ベルリンはクラブカルチャーも世界トップレベルと
言われている。その最高峰であるクラブ「ベルグハイン」は、
ドアポリシーが非常に厳しく、長い列に並ぶ客の半分以上が
帰されることもあるとか。

で、結局私たちは入れなかったんだけど(笑)
黒い服を着ていくと入れてもらいやすいという噂があって、
その列に並ぶ人たちは確かにみーんな全身黒。
その様は葬列のようで、ちょっと滑稽だったな。

ドアポリシーがあるのは良いと思うけど、
一瞬で判断されてしまうのは酷だよなー。
パラダイスガレージは会員制だったけど、
会員になるには面接を受けなければならなかった。
だから見た目だけでなく、その人の人となり、
人間性も見てもらえるクラブだったのに。

全身黒というドレスコードは、
テクノの帝王と呼ばれるジェフ・ミルズへのリスペクト?

jm.jpeg
www.axisrecords.com

次行くときは、小っ恥ずかしいけど全身黒で行こう…。








ベルリン、大したカルチャーショックが無かったのが
良かったり残念だったり。
でもユース(心がユースな人)の息吹を確かに感じました。
多分パリよりロンドンよりニューヨークより、
アートやファッションや音楽が好きな人が
最も行くべき都市だと思います。
物価の安さは直にクリエイティブネスに繋がると思うし。



meg_convert_20151012024016.jpeg

バイバイめぐちゃん、ダンケ。



ああ、機内で観たアラブの古い映画が頭から離れないや。

2004年の広告


なんちゃらクリエイティブ•ディレクターみたいになっちゃうけど。

広告は本来消費されるものですよね。
ビジネスのために使われて、一定の期間が過ぎれば、
大抵は忘れ去られていくものです。
装飾として、絵画や彫刻を飾ることは一般的でも、
広告写真や販促用などに作られたオブジェなどを飾ることは、
本来の目的ではない。

それでも忘れられない広告って沢山ありますね。
60-70年代の日本はそれがとても面白くて、
グラフィックデザインの大巨匠・亀倉雄策や横尾忠則、
田中一光などの仕事は、単なる広告として忘れられず、
今でも当時のポスターなどが高額で売られている。

特別意識しなくても、普通に生活していれば、あらゆるところで広告を目にする。
電車の中吊り、テレビCM、雑誌のページ、ウェブサイトの隅、SNSでのプロモーション。
イライラすることも多いけど、(特にYouTubeね…!)見ていて楽しい。







中学3年生のとき、まわりの女の子たちが夢中になっていた
SeventeenやらPopteenなどのファッション誌にどうしても馴染めず、
立ち寄った本屋でちょっと奥のほうにある大人っぽい雑誌(いわゆるモード誌)を
ドキドキしながら手に取り、当時はそれが何なのか分からなかったけど、
「私の世界はこれだ」と思いました。
それでページをパラパラと捲っていくと、それはもう、
私の運命を永遠に変えたであろう広告に出会いました。





gucci-ads-pb-22_convert_20150930013558.jpg




2004年 GUCCIの秋冬のキャンペーン。


これにやられました。


シンプルな構図だけど、様々な憶測をかき立てて、
写真一枚で濃厚なドラマを描く、この広告に惹き付けられました。
「成熟した大人の女が性愛にひれ伏す脆さ」を、
14歳の私は知ってしまった。
子供でも、これがどういう状況なのか分かった。
官能的で、ちょっとスキャンダラスな大人の世界を覗いた気がして、
このイメージが頭から離れなかった。

ここから私は一気にモードの世界に取り憑かれてしまった。
その日から今日まで相も変わらず。




この広告を創った側のことを考えると、苦労が思いやられる。
お酒のこぼれ具合、灰の落ち具合、リボンのほどけ具合、口紅のつき具合…
何度も何度も試行錯誤を重ねたことでしょう。
しかも氷は溶けるから、撮影のスピードも求められただろう。
きっと何度もやり直しただろうな…
でもきっと、すごく楽しかっただろう。
撮影はGuido Mocafico というスイスのフォトグラファー。
私に大人の階段のぼらせてくれたプリンスだわ。



かといって、私がGUCCIなんか買えるわけも無いし、
正直お金が沢山あっても、GUCCIは買ってないかな〜
それでもブランドにとってイメージってとても大切で、
そのために各ブランドは毎シーズン、これでもかというくらい
カッコいいイメージで打ち出してくるし、
起用するモデルもフォトグラファーも一流。
高級ブランドであればあるほど、広告も「高級」です。
その「高級イメージ」を、中学生でも買えるファッション誌で
毎月堪能できるんだから、それはそれは夢中になって読みふけりました。
もちろん雑誌の記事やエディトリアルはメインだけど、
それを彩っているともいえる数々の広告は、いまだに忘れません。
写真見せられれば、いつのどの広告で、モデルやフォトグラファーが誰かも言える。







広告が広告以上の意味を持つことはある。
人生を変えることだってある。
広告はそれを望んでいなくても。

広告業界って (特に日本は?) その体質が悪名高く、
そこで働く若い人々は、日々辛い思いをしていると思います。
私の友人も何人か過酷な状況にいるけど、
どうか忍耐と努力に値する結果がつくことを願います。



 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。