been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

Uptown Funk 解説


Uptown Funk you up, uptown funk you up
Uptown Funk you up, uptown funk you up
I said, uptown Funk you up, uptown funk you up
Uptown Funk you up, uptown funk you up..........

mark-ronson-uptown-funk-cover_convert_20150731130059.jpg


頭から離れないすね。
ブルーノ・マーズ&マーク・ロンソンの「Uptown Funk

そもそも今流行ってる音楽に疎い私に、
行きつけのバーのバーテンダーが教えてくれたのが知ったきっかけ。
ボーイズパワー満載の感じが好きだって紹介してくれたんだ。




いやーー本当に本当に名曲&名映像ですよね!!
iPodで電車とかで聴いていても、頭や足が動いちゃって仕方ない。
ファンクやソウルやディスコやガラージ、そしてヒップホップなどなど、
懐かしい音へのリスペクトが土台にあって、
いつも懐かしい音楽ばかり聴いている私にはたまりません。

というわけで、同世代のなかでも飛び抜けて懐かしい音楽への
造詣が深いことで有名な私が、知識を披露しつつ、
「Uptown Funk」を解説しようと思います。
「なんかイイ」けど何でかよく分からないと思ってた人、読むといいよ。
(結構一生懸命書いたんで読んでください…すいません…)






1. 完璧なミュージックビデオ

今どき音楽はYouTubeで聴くものなので、
最初に聴くときに同時に映像も目にすることが多い。
それをきっとブルーノさんもロンソンさんも分かってらっしゃるのね。
一切の妥協を感じない。完璧。
完璧ではあるけど、しっかりダサさも加えて外しているし、
ユーモアもたっぷりあって飽きない。


冒頭でセクシーなレディーたちが歩いているけど、
顔は映さない。このMVにはいわゆる"女"は出てこない。
それがまずちょっと昔っぽい。
60年代なんか、男性歌手がラブソングを歌っていても
女が出てくるMVがあまりない。例えばThe Temptationsとか、
彼らの映像と言えば、自分たちが歌って踊って、ていうものが定番。
代表曲の「My GIrl」の映像とか、「Uptown Funk」の冒頭0:08あたり、
ピカピカの黒い靴履いて並んで足を踏む部分に通じる。






ブルーノたちは、それはもう完全な輩でしかなく、チンピラ感が見事にでてる。
それはいつか何かの映画で観たような、70-80年代の、
ニューヨークを舞台にした、シチリア系移民の
ギャングorマフィア映画の感じなのです。
マーク・ロンソンなんて、まさに若い頃のデニーロかアル・パチーノみたい。
サングラスにリーゼント気味の髪型でキメて最高(にダサい)!
正直、マフィア映画には興味がないからあまり思い浮かばないけど、
ゴッドファーザーとか?グッドフェローズとか?アメリカンギャングスターとか?

Street_B_convert_20150731133554.jpg


あとブルースブラザーズ!!

20110224164219dcc_convert_20150731133712.jpg


ギャングでもマフィアでもないけど、スパイク•リー監督の
「Do the right thing」もなんとなく雰囲気が似てるかな。



ブルーノのジャケットがダサい紫色なのも素晴らしい。
これが黒とかグレーのシックなジャケットだったら、
カッコよすぎちゃって、親しみが感じられないし、
記憶に残りにくい。
このジャケットと、DJ OZMAみたいなサングラスと、
つけているだけで胡散臭さ7割増しの金のネックレスで、
通り過ぎるレディーたちにヤジを飛ばすってのが、
しょうもなくて素晴らしい。



pj_326_convert_20150731134243.jpg

中盤に、オバちゃん、ブルーノ、ロンソンで
レトロな床屋でパーマかけてる感じも最高ね。
ロンソンの電話をする仕草が面白くて何回も見ちゃう。
決して「Hair Salon」でなく「Barber」である感じ。
今時こんなんでパーマかける人いるのかな…







2. 大々的な歴代のサンプリング

先述の通り、この曲は懐かしいファンクやソウルやディスコやガラージ、
ヒップホップなどの要素がふんだんに取り入れられています。
サンプリングを公表していないまでも、「あーあの曲っぽい」とか
「ここのシャウト、あの曲と同じ!」というのがちょくちょくあります。


正式には確か、The Gap Bandの「Oops Upside Your Head」と、





Trinidad Jamesの「All Gold Everything」



らしい。



それでもなんとなく、マイケル・ジャクソンやプリンス
ダイアナ・ロス感もあるし、
Earth Wind & Fireの「Getaway」や、





シュガーヒルレコーズ出身のガールズグループ
The Sequenceの「Funk You Up」や





ギターの感じがChicの「Le Freak」や




Zapp&Rogerの「More Bounce To The Ounce」みたいで、





終盤の「セーイワァー!」ていうシャウトは
初代&元祖ラッパーグループSugarhill Gangの
「Rapper's Delight」みたい。


2:05あたりのシャウトね。


サンプリングはしばしばパクリと呼ばれるけど、
本当はこれは素晴らしい行為だと思う。
小さい頃、若い頃聴いて頭に染み付いた音楽へのリスペクトだもん。
著作権とか使用料とかややこしいんだろうけど…。
ファレル・ウィリアムズが「Blurred Lines」で
マーヴィン・ゲイの「Got to give it up」をパクったって、
マーヴィン・ゲイの娘たちが裁判を起こして、
結局9億をファレル側が支払ったって話だけど、
バカバカしい話だよなあ。
9億て……







3. 歌詞

ファンクとか、こういったダンサブルな曲の歌詞って、
昔から同じようなことばかり歌っています。
「君が好きだ」とか「踊ろう」とか「セクシーな気分だ」とか。
例に漏れず、「Uptown Funk」も大したことを歌っていない。
でもそれが良いんです。

要約すると、
「イケてる服を着こなして一流の車乗り回して、
俺ってカッコよすぎて自分でも困っちゃう。
女の子も夢中で罪な男、警察か消防車呼んで俺を冷ましたほうがいいぜ
このUptown Funkって最高だから思い切り踊ろうぜ」

といった感じ。
誰もが持っているナルシシズムをこんなノリノリの曲で表現されたら、
聞いてるほうもカッコつけて、気持ち良く踊れそうですよね。

tumblr_nniy8iQOTm1t1prrio1_500_convert_20150731134750.gif

「俺ってイケてすぎて自分にキスしたくなっちゃうぜ」



スラングが多くてネイティブじゃないと理解が難しいけど、
それでも大したことを歌ってないのが明らか。
ただ、最初のほう、「Michelle Pheifer」という歌詞が出てくるけど、
これは大女優 ミシェル・ファイファーのことで、
これは100%、「スカーフェイス」という映画でのヒロイン役の
ミシェル・ファイファーのことを指しているんだと思う。


o-MICHELLE-PFEIFFER-SCARFACE-facebook_convert_20150731135102.jpg


これも王道ギャング映画で、その世界感はまさにUptown Funk!
(スカーフェイスはかなりのバイオレンスだけど)
しかもこの映画の音楽監督はディスコの巨匠・ジョルジオ・モロダー!

こういう風に、一部に昔の映画を思わせるフレーズを入れることで、
一縷のインテリ感サブカル感を匂わせることに成功してます。
(もしかしたら、89年の「恋のゆくえ/ファビュラスベイカーボーイズ」
でのミシェル・ファイファーかも!DQNから成り上がったジャズシンガーの役だし)







4. ブルーノ・マーズの希代の才能

これはやはり、ブルーノ・マーズだから出来ることですよね。
ダンススキル、演技力、歌唱力、抜群のリズム感。。。
背が小さめだけど、それってエンターテイナーにとっては
逆に有利じゃないかと思う。
ファンクやヒップホップをはじめとする、ブラックミュージックって、
縦に長いよりも、小さめでちょっとボリュームがあるほうが、
バランスがいい。(ブルーノは細いけど)

「Uptown Funk」も、ダンサーたちの中で真ん中に立つブルーノが
一番小さくて、バランスが良い。
背の高いロンソンと並ぶときも、その差がブルースブラザーズみたい。

ブルーノって、顔は可愛いらしくて優しそうなお兄さんといった感じ
だけど、このMVではサングラスでそれを隠し通している。
そのせいで顔の表情が隠れるものの、ダンスと全身を使った演技力で、
キャラクターが引き立っている。
本来このMVのテーマは結構お下劣なはずだけど、
小さな子供が見ても一切問題無い仕上がりなのは、
ブルーノの優しいオーラによるものかもしれませんね。

0102_30-under-30-bruno-mars_650x455_convert_20150731135658.jpg


この少年みたいな目がかわいい!
これって「サングラス外したら吹き出しちゃうほど
あどけない目をしてるアイツに弱い」ってやつじゃないですか!!

第二のマイケル・ジャクソンなんじゃないかと思うほど
才能あるブルーノだけど、天才型というよりは努力型だと思う。
努力っていうか、ブルーノの歴代のミュージックシーン、
アーティストに対するものすごいリスペクトが彼自身の芸に現れている感じ。
それは他のブルーノのMVを見ても明らか。大好きなんだろうなーと思う。

これはグラミー賞での舞台。



2011年に亡くなったエイミー・ワインハウスへのトリビュートで、
エイミーの人気曲「Valerie」を歌うブルーノ。
終盤、額に汗を浮かべながら「Hey Amy I love you baby」と歌うブルーノを
見てボロボロ泣けてきて、でもパフォーマンスが最高で、
泣きながら踊るという経験を初めてしました。







5. 信頼できる男、マーク・ロンソン

「解説」とか言っておきながら、ごめんなさい。
マーク・ロンソンのこと、あまり知りませんでした。
まあこれを書くにあたって、ちゃちゃっと調べたわけですけど、
彼はまさに私のヒーローでした。
ブルーノと同じく、昔流行った音へのリスペクトがすごくて、
それをしっかり現代に落とし込んでいる。
Uptown Funkではあまりその傾向は見られないけど、
他の曲では80年代〜90年代の元祖ハウスミュージック、
元祖クラブシーンの影響を強く感じる。
「Uptown Funk」も収録されているアルバム
「Uptown Special」、最高の一言に尽きます…。
これはきちんとお金を払って楽しみたいと思える作品です。
こういう才能ある、プロデューサー的な人が、
手頃な、金になりそうな流行のチンケな部分に流されず、
心底好きな音楽をやってくれると、こっちにも響きますよ。


MARK+RONSON+UPTOWN+SPEC#55E_convert_20150731141305





先述のとおり、今や音楽はYouTubeで聴く時代になりました。
そのコメント欄は知名度の高い歌手ほど(ジャスティン・ビーバーとか…)
荒れていて、心ないコメントが数多く見られます。
同時に、昔の音楽の動画には、それがどの時代でさえ
(1950年代だろうが2000年代だろうが)
「あの頃は良かった」
「これが本当の音楽だ」
「今の音楽はクズばかりだ」
「生まれる時代を間違えた」
と賞賛しつつ、今の時代を嘆くものばかりです。

確かに昔は良かった。あの頃の音楽は本当に良かった。
けれど、新しい音楽を嘆くより、新しくて良い音楽に出会うべきです。
そりゃあ良いと思えない代物もあるけど、良いものも沢山あるんだから。
新しいものを頑なに受け入れず、けなす姿勢は、
50年代、60年代、当時新しかったロックンロールに熱中する若者を
軽蔑する親世代の老害と同じこと。それは絶対ダサいでしょ。
温故知新、古いものを愛するなら、それを新しいものに
繋げていけたほうが良い。
それは、ある一定の評価を得た古い音楽ばっかり聴いて、
安心している自分にも言い聞かせています。
新しいものに挑むのはいつも勇気がいるね。

スポンサーサイト

MAY THE WINGS OF YOUR EYELINER ALWAYS BE EVEN


けっこう前だけど、女優のドリュー・バリモアが、
自身のインスタグラムのアカウントに
電車内で化粧しているセルフィーを載せていた。
「#commuterbeauty」(直訳で通勤者の美)というタグもつけて。


IMG_8237_convert_20150329232307.png






電車で化粧。


とても議論の的になることですよね。

ドリュー・バリモアがどういう意図でその写真を載せたか
わからないけれど、一種フェミニズム的な、
「女性解放」のような意図にも思える。
「電車で化粧するな」という抑圧から解放されよう!
という彼女の反抗のような。


公共の場での化粧は長い間バッシングを受けて、
マナー違反だ迷惑だ、お行儀が悪いだらしがない、
と散々言われ続けてきた。

確かに多くの場合、電車で化粧している人のほとんどが
間抜けな姿を晒しているから、それもしょうがないと思う。
そりゃあそんな大口開けたアホ面でマスカラ塗ってたら
嫌がられるのも当然ですね…






だけど、私は本当は、化粧をしている女性の姿って
とても綺麗だと思うし、神々しいまでに魅力的だと思うの。

それこそ、1920年代のパリでは、人前で化粧をすることって
洗練された、シックな行いだったって聞いたことがある。
フラッパーたちが解放を求めてリベラルな行動をとっていた
渦中の素敵な文化だと思うな。
(フラッパーとは1920年代の欧米で、それまでのファッションや
生活様式、生き方を変えていった女性達のこと。
フィッツジェラルドの嫁、ゼルダはアメリカで最初のフラッパー
と呼ばれたらしい。
パーマをかけた短い髪、コルセットの無いストンとした服、
帽子、濃い化粧、酒やタバコを嗜み、ジャズを聴いて踊ったと
されています。日本だとモダンガールがそれに近い。)


flapper_convert_20150329232445.jpg

flappers2_convert_20150329232604.jpeg






だって、アイラインを引く姿、とてもセクシーだよ。
口紅を塗る姿もそう。
マスカラだって上手な人はうっとりするほど美しい。
ベースメイクも最初からやられると引いちゃうけど、
パウダーくらいなら可愛いと思う。


だから、お直しくらいならそんなにヒステリックに批判する
ほどのことでもないと思います。
美しくやってくれれば何でもいいと思う。

ネット上でもなんでも、ほとんど感情的に
公共の場で化粧をする人を罵倒する人がいるけど
ピンとこない。
「みっともない、不潔、匂いが嫌」とか。
そうかしら??

マナー違反だとか言うのなら、電車内で寝る人のほうが
よっぽど良くないと思うのよね。
寝顔はマヌケだし、隣の人に寄りかかると迷惑だし、
よだれが溢れたりしたら最悪!!
それに、席を譲るべき人がいても気づけないしね。
狸寝入りもできてしまう。
(そもそも他人の迷惑ってなるべく許すべきだと思うけど。)




化粧するって本来素敵なことじゃないですか。
「恥ずかしいこと」ではないはずよね。
私はあんまり化粧しないけれど、
アイラインは欠かさない。
アイラインを引く瞬間の、
なんともいえない緊張感が好きなんだ。
うまく吊り上がった猫のラインが引けたときは
すこしナルシスティック。

ココ・シャネルも「悲しいときは化粧をしなさい」って
言ったらしいし。(これは関係ないか)
センチメンタルな気分でするもよし。
ナルシストになりきるもよし。
ガールズパワー炸裂させて元気になるもよし。



MAY THE WINGS OF YOUR EYELINER ALWAYS BE EVEN
(あなたのアイラインの羽がいつも均等でありますように)


suede-saturday-night-nude_convert_20150329233622.jpg

大好きSuedeのSaturday Nightのジャケ。
撮影はNick Knight

映画館の意味


最近お金が無くてぜんぜん映画館に行っていない。
(お金が無いのは前からか)
映画を見るときはもっぱらDVDで自宅鑑賞。

特別なこだわりがなければ、
映画なんてDVDで見た方が良いに決まってるよね。
一時停止もできるし、何回でも観れるし、
見逃したところは早戻しできる。
自分のマナーも人のマナーも気にならない。
レンタルは値段も格段に安い。

私みたいに、大きなスクリーンで観ることとか、
迫力のある音響にあんまり価値を見出さない人が、
それでも映画館に行く意味とは。
ちょっと考えちゃう。


私がいちばん好きな映画館は大森にあるキネカ大森。
といっても片手で数えられるくらいしか行ったことがないし、
前述のとおり、最近はとんと行かなくなってしまった。


はじめて観に行ったのは確か3年前。
大好きなウォン・カーワイの「ブエノスアイレス」と
チェン・カイコーの「さらばわが愛 覇王別姫」の2本立てだった。
両映画の主演俳優であるレスリー・チャン特集だったかな。
上映時間は2本合わせると5時間近かったけど、時間を感じさせなかった。
上映後、感動のあまり、なかなか座席から立てず、
帰れる気がしなかったのを覚えている。あれはすごい映画だった。
「映画館は衝撃で帰れない人のために宿泊施設を併設すべきだわ」
と本気で思った。

良い映画を良い映画館で観ると、
その場の空気が高揚するのを肌で感じる。
上映後に明るくなるとちょっと照れ臭いけど、
みんなが良い笑顔や泣き顔。
なかなかそういう機会には出会えないけれど、
あの日のキネカ大森には、確かなグルーヴがあった気がします。

キネカ大森は、調べてみたら1984年に東京テアトルによって開館したそう。
西友の中(上)にあるのよね。なんとなく80年代感が漂う。
80年代を生きたことはないけど、あの独特な雰囲気がとても好きだ。


a011hall.jpg
(写真:港町キネマ通り)





辛くシビアな現実に毎日直面しながら、誰もが生きていますね。
世の中や欺瞞や腐敗に、心が折れそうになる。
誰もが分かり合えないのが当たり前で、
それを受け入れながらどうにか耐える日々。
だけど映画館で、心から良いと思える映画を観て、観客全員の心が
一体となる瞬間があると、全員と分かり合えているような気がして
みんな大好きだぜ!って気分になる。
抱えている問題や心配事が浄化されて、大勢と一緒に泣いたり笑ったりできる。
わざわざ映画館に行く意味はそこにこそある。

良い映画を観て、あーこの世界観を、この気持ちを分かる人が他にもいるんだ
というのが分かるだけでも嬉しい。
世の中捨てたもんじゃないと思えるんじゃないですか。
作り手の純粋な思いが見える映画に出会うと、もはや映画云々以前に、
その作り手が映画を作ろうと思ったという事実が愛おしい。

映画を愛して作る人、映画を愛して観る人、
その全てが一つになれるのが映画館です。




今はヌーヴェルヴァーグでも観たい気分。
ヌーヴェルヴァーグって、小さい映画館で観るのが一番良いよね。
月並みだけど、トリュフォーが観たい。
こんなこと書いていて、映画愛が沸々と燃え上がってきたから
『映画に愛をこめて アメリカの夜』がいい。
上映してくれないかなあ。

 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。