been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

コンプライアンス 服従の心理


「コンプライアンス」という映画を観ました。
アメリカのファストフード店で実際に起こった事件の話です。


Z322017752_convert_20140129015254.jpg






ファストフード店の店長(女)が、警察を騙る男の
「おたくのスタッフの女の子が客の財布を盗んだという疑惑がある」
というイタズラ電話を信じて、「警察」という権力のもと、
善良な人間である店長は男の指示するまま、
スタッフの女の子を別室に呼び出し、身体検査をします。
男の指示はどんどん過激になっていき、スタッフの女の子を裸にし、
他のスタッフや店長の婚約者までもが巻き込まれ、
ついには性的暴行を加えさせるまでに事件は発展していきます。

全米で実際に何十件も起きた事件だそうで、
犯人は、警察になりたかったけどなれなかった男だそう。






人は権力のある人に命令されて、自分に責任がないとなると、
どこまでも残酷なことが出来るということがよく分かる怖い映画。
自分の思考を簡単に停止させて、放棄する。
だから、そういう状態に陥ったときに個人の倫理が試される。



私は、なんか小っ恥ずかしいですけど(笑)
全てのことを疑うことをモットーとしております。
当たり前とされていること、決められていること、
全てに疑問を持ち続け、常に自問自答しています。
(や、そこまでストイックじゃないです、ごめんなさい笑)

今ある法律やルールやマナーや常識は正しいのか。
それに従うことが自分の倫理観に反していないか。
そもそも正しいとは、倫理とは何なのか。

分からないけど、考え続けます。
本当に全てのことを毎日毎日考える時間や労力は無いけれど、
せめて自分に直面する問題には真摯に向き合いたい。

考えることをやめ、思考を停止させることは、怠惰だ。
全て決められたことに従って生きていた方が楽だし。
その方が素直で従順で、模範的な良い人になれる。
けれど親や先生や上司に教えられたことを信じきって、
疑わず、盲目的に従うことほど怖いことはない。


小さい子供はたいてい、自分の親の言うことが100%正しいと
信じて疑わない。学校に通いだせば、少なくとも私の時代は
先生が常に絶対で、先生の言うことが全て正しいと思ってる。
そりゃ小さな子供だから、従順で、権力に従う以外生きる術が
ないから当たり前だ。
だけど、ある程度成長して、自分で考え、選択する余地ができる
年齢になれば、洗脳を少しずつ溶いていかなければ。

私のまわりにも、親や教師に教えられたことが正しいと信じきって、
いわゆる非常識な行動・言動は絶対にせず、ルールやマナーは決して破らず、
すごく純粋で心の綺麗な人がいます。そういう人は、やっぱりいい子で、
優しくて、普段つき合っているとこっちの心が洗われるくらい素敵な子。
だけど、こういう子が、「コンプライアンス」の事件みたいな
状況に置かれたとき一番怖い。







自分で考えるのは疲れるし、勇気もいる。
おかしいと思ったことに声をあげたりすることも、
大変な労力がいる。けど、そういう勇気と労力を伴って
革命や運動を起こしてくれた人たちの存在も忘れちゃいけない。

今当たり前にしていることも、昔の人が疑問に感じて、
声をあげ、行動を起こしてくれたから出来ることがたくさん。

黒人奴隷が当たり前だったアメリカで運動を起こした人たち。
女性の地位の向上のために運動を起こした人たち。
原発に反対する為に大規模なでデモを遂行した人たち。

その全てが正しいとか、そういうことは分からないけど、
行動を起こす勇気とパワーには感服する。


行動を起こすことは大変で、社会的な地位や、
もしかしたら命にさえ関るかもしれないから、
私もなかなかそこまでやろうとは思えない。
だけど、考え続けることは出来る。

そうしたら、万が一人生の中で「コンプライアンス」みたいな
事件に巻き込まれたときに、少しはマシな行動の選択が
出来る人間になれるかもしれないですし。









雲の上を真夜中が通る

最近知った映画ブログ。
映画を細かい所まで分析していて、とっても面白い!
難しい映画も簡単に解説してくれるし、
レビューも素晴らしい。とにかく感服いたします!
「コンプライアンス」についても詳しく書かれているので
読んでみてください。





映画評論家の町山智浩さんの解説も面白い。
町山さんの紹介する映画は全て見たくなってしまうので困ります。





スポンサーサイト

ラーメンたべたい


ラーメン食べるときは音楽きくよ。
ひとりで食べるときは。

もちろん矢野顕子の「ラーメンたべたい」。
これ聞きながらひたすら食べてるのが好き。

歌詞がさいこう。
「男もツライけど、女もツライのよ」
このビートがラーメンすするリズムに合うんだよ。
矢野顕子って本当に天才。感服するわ。


ラーメンって、いいな。
器に向かい合って夢中で一気に食べるけど、
人それぞれ、店それぞれの哲学があったり。
私なら、麺は太めでスープは濃いめで、あと絶対もやし!!
そんでもって麺から食べる!
日本独自の凝ったラーメンも好きだし、
ザ中華そばみたいなラーメンも好き。
あー好き、ラーメン好き!ラーメンたべたい!!

「私は私のラーメン食べる。責任持って食べる。」







 

The Selby Is In Your Place


最近とても素敵な本を買いました。

9780810984868_convert_20140118212305.jpg


「The Selby Is In Your Place」


ファッションデザイナーやアーティスト、ミュージシャン、
モデル、女優、DJなどなど、有名人の家のインテリアを
紹介する「The Selby」ていうサイトを写真集化したもの。

そのメンバーがすごい。

・ファッションデザイナーのカール・ラガーフェルド
・モデル・アーティストのエリン・ワッソン
・「Purple」誌のオリヴィエ・ザーム編集長
・女優・歌手のルー・ドワイヨン
・モデルのヘレナ・クリステンセン

などなど、めちゃくちゃ大物!!て人もいる。

日本人も結構載ってて、
・写真家の蜷川実花、
・アーティスト(??)のナカオさん
・m-floのVERBAL&YOON、
・ファッションジャーナリストの平川武治先生
などなど、、、

(正直、平川武治先生が出てきたときはビビりました。
辛口ファッションジャーナリストとして知られていて、
私はもうビビリ倒すしかない存在であられます。)



紙019_convert_20140120015302

キッチンの上にあるのはレシピ本かしら



紙021_convert_20140120021703

工具ばっかり。並べ方とかイケてる〜



紙022_convert_20140120021812

この服可愛いなあ。



紙023_convert_20140120021956

トイレをこおいう風に、こ綺麗にしつつデコレイションするのが夢



紙025_convert_20140120022111

「Purple」のオリヴィエ・ザーム!!何この立ち位置!



紙027_convert_20140120022220

ルー・ドワイヨン。蛇のコートとダサいバッグがカワイイ。



紙030_convert_20140120022541

こういうトレーラーハウス憧れる!!
日本じゃ難しいよなあ、、



紙033_convert_20140120022828

ナカオさんの♡のレコード



紙035_convert_20140120022939

VERBALとYOONのHipHopコレクション。
「Yo!」て雑誌めちゃくちゃ気になるな、、



紙028_convert_20140120022318

ひ、平川武治さんです、、、


紙029_convert_20140120022446

90年代のスーパーモデルブームの間っただ中にいた一人、
ヘレナ・クリステンセン。古着・ヴィンテージコレクターとしても
知られていて、正にお宝って感じよ。


紙020_convert_20140120021559

ファッションデザイナーのゴッドのような存在、
カール・ラガーフェルドの家の本棚だそうです。
自分で「Happy victim of books=ハッピーな本の犠牲者」
と語るほど本好きだそう。

写真家としても名前が知られてるんで、写真集も沢山出してるよね。
多才だなあ、、、



紙034_convert_20140120023346

テレビ型のライトがカワイイ





みんなそれぞれの空間を作り上げていて本当に素敵。

私はインテリアでもファッションでも、
その人の個性がにじみ出るものが好き。
個性とか、使い古された言葉だけど
それってインテリアやファッションの一番の
ポイントで、一番愛おしいところ。


ファッション誌で、うまくコーディネートされた
抜かりない最先端のスタイルよりも、
ストリートのスナップのほうがよっぽど好き。
下手でもダサくても、その人が選んだということが
一番重要だと思う。

インテリアも、よくあるインテリア指南本みたいな、
綺麗に計算されたインテリアよりも、
生活感のあるインテリアのほうが好き。

「The Selby Is In Your Place」の中のインテリアは、
さすがに食事の後の食器とか、ゴミとか、そういうのは
片付けられてるけど、そこに住む人の生活が伝わってくる。
自由で、いわゆる収納術なんて無視したクリエイティブな
空間が素敵です。





日本の居住空間て、よく言えば和洋折衷だけど、
ごちゃ混ぜで居心地が悪いこともしばしば。
日本の風土に洋風の建築やらインテリアは本来
合わないんだろうけど、そこをうまく、
日本ぽさとかダサさを出しつつ、
素敵なインテリアを作れたらいいよね。
久しぶりにおばあちゃんの家に行って、
昭和の日本の家の、あのしょうもない感じ。
ああいうの、好きだなあ。


紙031_convert_20140120023453



文明とロマン


るうこちゃん_convert_20140105231848




文明が発達するほどロマンが無くなるけど、
文明の中でロマンを見出していくのが
私たちの使命なのです。

文明はいつも進化していって、
新しいものが大好きでありながら、
新しいものを否定しがちな私たちは、
どうしようもなく文明の流れに、波に、
のまれていくばかりです。


今、ロマンも暖かみも色気も無いように思える
メールやLINEやLED電球や、デジタル写真やPhotoshopや、
Shazamやインスタグラムや、グーグルマップ、
スカスカに聴こえるAKB48や西野カナの歌も、
きっと10年後には「ああ、あんな時代があったなあ」と
懐かしく思えて、Oldies But Goodiesの精神と同じく、
「あの頃は良かった」と思えるようになるでしょう。



だって90年代の電子音楽とかアニメとかファッションとか、
当時の大人たちは口を揃えて「悲惨な時代の悲惨な文化だ」
って揶揄したんではないかしら。

だけど90年代のムーブメントは今リバイバル中で、
当時流行っていたものが今頭の中で再現されて、
あの頃のアニメやら音楽やら、全てがキラキラして見える。
90年代に子供だった私にはノスタルジーが爆発。




そういう風に、辛く、悲惨で、ロマンも暖かみも
無いように思える今の時代も、
いつか輝いて見える日が来るでしょう。


だから私は、今日をしっかり生きて、文明を受け入れたい。
新しいものは怖いけど、時代に取り残されたくもない。
過去を愛するのは良いことだけど、ちゃんと現在と未来も愛そう。
現在にこそ、本当はロマンがあるんじゃないかと思う。
ロマンに溢れた年になるといいな。2014。





 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。