been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

Untitled


地元のスーパーで、買い物してる人たちを見ながらふらふらと歩いていた。
家族連れとか、おじいちゃんばあちゃん、学生、OL、サラリーマンとか
色んな人がいて、なんとなく眺めていた。

この季節だから、みんなダウンとか暖かそうなコート着て、マフラーとか
帽子とか耳当てつけて、暖かそうなブーツはいて、別にみんなオシャレで
センスがあるってわけじゃないけど、その時、「分かった!」って思った。
「こういうことか、ファッションは!」と。




何が分かったのか言葉に出来ないけど、人の流れがあって、時代の流れが
あって、季節の流れがあって、そうやってファッションが生まれていく感じ
が伝わってきて、背景のあるファッションっていうか、それがものすごく
愛おしいことに思えた。

寒いから厚着をする、暑いから薄着をする。っていう根本的な理由から
成り立つファッションがものすごく愛おしい。よく分からない気持ちだけど。
背景があるファッションはいつも本物で、嘘じゃない感じが好き。

気候的な背景ももちろんそうだし、カルチャー的な理由から来るファッションも
本物。会社に勤めてる人はスーツ着て、なんだろな、サーファーはサーファー系、
スケーターはスケーター系で、そおいうブランドもあって成り立ってる。

今年の気分は◯◯風、とかで、その時だけで、一時的にファッションを
まとめるってのがあまり好きじゃない。嘘をついて演じているような。
だから、ものすごいオシャレな人とかファッションが大好きな人って、
カッコいいけど、ちょっと違うんだよな。背景が見えなくて人間味が無い。
それもいいけどさ。





ただ、背景っていうけど、私みたいに社会のどのグループにも所属出来てない
ような人間はどうすればいいんだろ。私のファッションは何なんだろう。
アイデンティティが希薄だと、ファッションも難しい。あー、分からんなー。

たまに、部屋着みたいな格好で外出たり学校行ったりしちゃうことがある。
どうでもいい日だし、時間無くて授業遅れちゃうからってひどい格好で。
でも、そんな日でも、何人もの人とすれ違って、一応人と関わってるんだよね。
すると、何人もの人に私はひどい格好を晒して、印象づけてしまう。
大抵はどうってことないけど、予想外にいい出会いがあったりすると後悔する。
だからって毎日着飾ってキメるってのも、気負ってる感じがして嫌だ。






ファッションは難しい。
アイデンティティも性も職業も嗜好も思想も時間も、色んな要素が
入り組んで、溢れる服の中から選択して、買って、着なければいけない。
そんなこと、簡単に出来るわけがない。

「たかが服、されど服」だっけ?山本燿司の言葉。
本当に的を得た言葉だなーと思います。

スポンサーサイト

頭って振るためにあるのね。


cd-cover.jpg




17歳のときにブロンディーにはまってたのを思い出した。

いや、今でもしょっちゅう聞くのだけど、
その頃気付いたことがある。


「頭は振るためにある」


部屋でブロンディーを聞いていて頭振ってて気持ちよくて、
ああ、頭は振りやすいように細い首で繋がれてるんだ
って本気で思った。

バカだなーと思うけど、私にとってはそれが真実。






ブロンディーは70~80年代のニューヨーク出身のバンドで、
ボーカルが有名なセックスシンボルでもあるデボラ・ハリー。


24-debbie-harry.jpg

blondie2.jpg




この人こんなに綺麗でセクシーでイイ女なのに、歌ってることが
純粋で可愛くて親近感わくなあ。



「Denis」




「デニス、あなたの瞳はいつも青くて私はあなたに夢中
一緒に歩いてる時は素敵な気持ち お話してるときはパラダイス」

こんなに純粋な気持ちを表現しちゃうなんてさすが!





「Hanging On The Telephone」




「もし電話に出てくれなかったら壁に向かって投げつけちゃう」

「ああ、どうしてまた話せないの?自分をコントロールできない」

てな感じでカワイイ!





「Rapture」




ラップがたまらんなー。Black Eyed Peasの「Fashion Beats」て曲は
少しこの歌に似てる。オマージュだと勝手に思ってる。







Should I follow the advice of Diana Ross's mom?


ss.jpg



恋はあせらず、と言うけれど。





恋愛の話になるとき、「本当に彼(彼女)が運命だったら、
そんなに追っかけ回さなくてもいずれ、あなたのものになるよ。」
ってアドバイスをよく聞く。

うん、本当にそう思うのだけど、あせらずに待っている間に
他の誰かのところへ行っちゃったらどうしてくれるんだって話ですよ。





でも、駆け引きみたいなことって本当はあまり好きじゃないけど、
じらしって重要、て最近思った。



私の知ってる人で、DJやってる人がいるのだけど、
その人は見た目もワイルドでカッコ良くて、性格もクールでワルそうな感じ。
ハウス系のDJをやってるのだけど、音をあげてあげてあげまくって盛り上げて、
それで一瞬音を下げて、フロアの雰囲気を「あれ、どうした?」って感じに
させて、それで一気に音をあげて、フロアを最高に盛り上げる
っていうのをよくやる。

もうその、じらされる感じがたまらない(笑)
「あーこの人、女の子に対してもこうなんだろうなー」と思った。
やだやだ。じらし上手な人って辛い。

Red Nails


Guy Bourdins Photograph




女にはふと、爪を赤く塗りたくなるときがあるのです。
明日仕事があっても、これから寝ようとしていても、
そんなのおかまいなしに、真っ赤にしたくなる。
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。