been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

スイミングプール


swimmingpool.jpg





フランソワ・オゾン監督の2003年の映画。スイミングプール。

あらすじ:スランプ気味のイギリスのミステリー作家のサラ
(シャーロット・ランプリング)は南仏にある出版社の社長の別荘に滞在し、
新作の執筆に取り掛かる。ところがそこへ突然、社長の娘と名乗るジュリー
(リュディヴィーヌ・サニエ)が現われた。ジュリーは、毎夜ごと違う男を
連れ込み、サラを苛立たせる。だが次第にジュリーに興味を持つようになる。
そして、ある日プールサイドに血痕がついているのを発見する。(goo映画)





イギリスの女優、シャーロット・ランプリングと、
フランスの若手、リュディヴィーヌ・サニエが主演で、
二人が対照的で、味があって、それを鑑賞するだけでも
見る価値がある映画。

シャーロット・ランプリングは、さすがスウィンギングロンドンを
生きてきただけあって、成熟した魅力がたまらん。色々経験してきた
んだろうなあ、と思わせる顔ですよね。退廃的な。

因に昔はこんなんでした。

charlotte_rampling_photo_231-e1309515915754_convert_20111120233653_convert_20111120233713.jpg

カワイイ!それでアンニュイ!
秋吉久美子的な感じだね。アンニュイの女王ですな。






リュディヴィーヌ・サニエは、若くていいカラダしたピチピチの
ギャルって感じで、自由きままな感じが良い。


ストーリーは難解で、どこまでは妄想なのか分からないし、
理解しようとするだけ無駄だけど、それでいいのだと思います。
南仏の綺麗な自然と綺麗な別荘といいお天気、それに反する殺人事件。
難しいけど面白かった!

雰囲気を楽しむ映画、とか言ったら浅はかだけど、
夜中に一人であの雰囲気に浸りたくなるのよね。
高校生の頃、よく夜更かしして見てたなあ。
家の中で音楽かけて酒飲んで踊って、とかカッコいー!
って思ってた。



リュディヴィーヌ・サニエがやっぱり羨ましいね。
南仏の別荘で、朝から晩までおっぱい丸出しでくつろいで、
お風呂でタバコ吸って、日焼けも気にせずまっぱでプールで
泳ぐっていう生活を、私もしてみたいよ。

私は肌が弱いから裸でプールなんて夢のまた夢だわ。
皮膚がんになっちゃう。

2_convert_20111120233235.jpg

スポンサーサイト

グッドモーニング


ray3.jpg




今したいこと。

・足のマッサージに行く。(痛みを味わう)

・海外旅行にいく。

・ゴールデン街の、行ったことないお店に行く。

・映画を沢山みる。



馴染みがないことをしてみたい。
海外旅行はどこがいいかな?結局アメリカかな。
ゴールデン街はどこがいいかな?知ってるお店もいいけど
知らないお店にも入ってママやマスターとお話したいね。
映画も、最近あんまり見ていないからなあ。バイト始めて
生活も潤ってきたことだし、映画館行ってみよう。





ここ一ヶ月くらい、大きな変化があったなあ。

私は長い長い間、安心しきっていて、安定していて、
なんとなく、どういう人生を生きるか決めていた。
幸せだったけど、もう冒険とかしないんだなあと思った。
その安定を手にして、カッコつけることもしなかった。
でも私、まだ若いなあ、って思う。
まだまだカッコつけたいし、遊びたいよ。

だから今は開放的な気分。新しいこと、沢山したい。






最近、朝が好きだ。朝というか、朝帰り。
特に秋とか冬の朝の厳しさが良い。

朝帰りってあんまりしたことないなあ。
誰かの家泊まるとしたら大体昼過ぎに帰るし。
始発に乗って帰るとか、結構新鮮なのです。

それで、地元の駅に着く頃には相当明るくなっていて、
すごく綺麗。

友達に岡崎京子の「untitled」てマンガ借りて、
(この頃岡崎京子ネタ多いね、はまってるね)
その中に、「朝帰りが怖い。明け方の怖いくらい綺麗な時に一人で帰るのが怖い」
っていうのがあった。けど私は、怖いくらい綺麗な時に一人で帰るの大好き。




その綺麗な朝に必ず思い出すのが、矢野顕子の「グッドモーニング」






なんちゅー素敵なリリック。そうですね、歩いていかなきゃね。
東京の寒い早朝に一番合うのがこの曲だと思う。








今ね、ちょっとした夢があるのだけど、その夢が叶わないって分かったら、
その時、タトゥー入れます。背中に。上のマンレイの写真と同じように。
何年も前から入れようとは思っていたけど、何か覚悟できるものがないと
痛みに耐えられないだろうから。だから決めた。本当にそうなったら
温泉行っとかなきゃな。人生最後の温泉。ともちゃん付き合ってくれるかしら?


ヒップホップの夢見る君


吉川ひなの





20代は10代より、30代は20代よりもはるかに生きやすくなる
っていうし、楽しくなるっていうからさ、早く30代になりたい。

女にとって10代ももちろんだけど、20代ってちゃんと女でいなくちゃ
いけない年齢だから、楽しくても大変な気がする。

30代になれば、ある程度それが落ち着いて、多分自我も完全に確立して、
生きやすくなるんだろうなあ。




私はまだ、自我を確立できてないのです。自分が誰だか分からん。




10代に比べれば、今は100億倍くらい楽だけど、とはいえまだ辛い。
でもこれから年を重ねていけば、もっともっといい感じに生きられるのかな。
そう思いたい。

前は80歳とかまで生きるなんて耐えられないって思ってて、
あと60年も生きると思うと途方にくれたけど、
年を重ねる毎に楽になるなら、意外と生きられるかもね。

Pomplamoose


この人たちのこと、まだこのブログに書いてなかったのに
自分で驚いてます。(本当に書いてないっけな??)

ポンプラムース。アメリカのカリフォルニアのデュオ。
色んな有名な曲カバーしてたり、自分たちの曲もあり。


The Chordettesのカバー





この女の子、無表情がカワイイ。
反面男の子は、ノリが良くて面白い。
話したら絶対楽しそう。

Lady Gagaの「Telephone」のカバー。
原曲も好きだけど、これも最高にいいね。






マイケルジャクソンの「Beat It」カバーでここまで
出来るってすごい。





男の子のおばあちゃん登場!カワイイ!
あんなヒールで踊れるなんて元気。変なぬいぐるみもカワイイ。





サイモンアンドガーファンクルのカバー。






二人ともスタンフォード大学出身らしいよ。
スティーブ・ジョブズと一緒じゃん。
この二人、お付き合いしてるのかしら?



 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。