been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

女生徒


100_5835_convert_20110228035416.jpg




夜になって、本を読んだり考え事をして、思うことが沢山
あるのだけど、うまく言葉にならなくて歯痒いな。

よく晴れた土曜日に、もう一度歩きたい。
ニューベリーストリートからボストンコモン。歩いて、
バックベイの思い出に浸って休んで、チャイナタウン
で軽く食事を済ませて、夕方になったら、電車に乗って
肌寒いビーチまで行きたい。そして映画を見て、帰って眠りたい。

雪の日なら、車に乗って、ノラ・ジョーンズの「Humble Me」を
聞きながら、郊外をドライブしたい。


休暇には、カリフォルニアに行きたい。
LAのモーテルに泊まって、夕日を眺めたい。
一日のんびりしたり、ビーチに行ったり、買い物したい。

叶わない夢。

戻らない日々。いや、戻っても辛いだけかもしれないけど、
たまらなく恋しい。この恋しい気持ちは、すごく綺麗。
それに酔うのが、私の幸せ。情けないけど。

あの頃は私の青春なんだよ。だって色々あったから。
悔しいけど。





正直ボストンなんてさ、街が綺麗なのは認めるけど、
それ以外なんっの魅力もないからね。娯楽は無い、服屋は無い、
人は冷たい、私の個人的な欲求を満たすものが皆無でした。
思い出だけで、こんなに恋しく思える。しかも相当美化してる。
こわいなー、思い出って。

スポンサーサイト

ニューハリケーン、Wonder Girls


111111111111.jpg





韓国の超カワイイ5人組アイドルのワンダーガールズ。

曲のクオリティーが高すぎる。キャッチーすぎる。

ダンスもいいし、歌詞もカワイイし、歌うまいし、全員違う声持ってるし。
PVもすごいし、衣装もカワイイし、アメリカデビューもしちゃうし。





そおいえば、アメリカにいた頃、しょっちゅう「Nobody」て歌がかかってて、
あの頃ワンダーガールズに興味なかったけど「ノバディノバディバッチュ!」
って歌ってたよ。




アメリカデビュー版の「Nobody」
もう、、PVのクオリティー高すぎるよね。。
これこそエンターテイメントだよ。。感動する。
一流のエンターテイナーだよ。英語の発音も完璧だし
ラップの子もうまいし、ダンスもすごい。

このPVに出てくる歌手の男の人がワンダーガールズをプロデュース
してるんだとか。天才だねこの人。つんくじゃん。







「テルミー」もすごいキャッチー。「テッテテッテテテルミー」
ってすぐ覚えちゃうし、ずっと頭に残る。
これもダンスが可愛いんだよね。







PVが素敵すぎる…








歌詞がカワイイ。
「お母さん、私をこんなにホットに生んでおいて疲れさせる気?」
「男の子たちが私を愛し、女の子たちが嫌っていく」とか。








泣けてきそうなくらいのバラード。「カジョガ」っていうタイトル
なのだけど、カジョガってのは「(私の心を)持っていって」って
意味らしい。ちょっと切なくて優しくて、韓国の女の子がこおいう
恋愛してるんだって思って泣けてくる。







アイドルに夢中になるのは昔のモー娘。以来だなあ。
(日本でもアメリカでもこおいう人たちって今いない気がする。
日本ならAKB、アメリカなら…プッシーキャットドールズ
とかかな?あれはあれで良いんだけど。)

本当に、ここまでのクオリティーのアイドルを久しぶりに見た。
いいプロデューサーつけて、完璧に歌って踊って、正真正銘の
スターだ。これがエンターテイメントの真髄。
彼女たちは、韓国の女の子たちや私の夢です。

「めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。」


1aaaaaaaaaaaaaaaagurusrusi.jpg



「ぐるりのこと。」

製作年:2008
監督:橋口亮輔
出演:木村多江、リリー・フランキー



あらすじ(Wikipedia)
90年代初頭、出版社に勤める翔子と生活力に乏しいカナオは第一子の誕生を
控え幸せな日々を送っていた。カナオは画家を目指す傍ら法廷画家の職を得る。
その後生まれた子供が亡くなり、翔子は次第にうつに陥っていく。カナオは、
法廷に通ううちに東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件、地下鉄サリン事件と
いったさまざまな事件の公判を傍聴する。 時代の変化の中で二人の夫婦は
夫婦の絆を深めていく。






予告編見るだけでも涙が…。

私が、人生で見てきた中で一番の映画かも。

キャストから音楽まで、全部素晴らしい。





翔子が子供を亡くしてから、徐々に鬱になっていくっていうのが
いい描き方だと思った。直後はすぐに仕事に復帰したりして
結構平気だと思ってるんだけど、やっぱり相当ヤバいんだって
気付くのに時間がかかる。

その描写がもう、痛々しくて。本屋さんで人に隠れながらも
号泣するシーンとか、「ああ、本当に今この人絶望にいるんだ」
っていうのが伝わって辛い。木村多江さんが本当にうまい。。
「もうダメだ、私生きられない」っていう圧倒的な悲しみを、
よく演技でこんなにうまく表現できるな、と思う。
「私がしっかりしてれば大丈夫」って言ってた翔子が
ダメになっていっちゃうのが辛い。




その間、カナオは宮崎勤やサリン事件の裁判を聞いて、90年代を
代表する裁判に法廷画家として関わってく。90年生まれの私が
小さいころに無邪気に遊んでいた頃、こんなことが起きていたんだ
って思って胸が痛くなった。バブルも崩壊したし、この頃本当に時代
が変わったんだな、って感じる。




錯乱して、暴れる翔子をカナオがなだめるシーンは、私、ティッシュ
箱半分使うくらい、母体から出てきたときくらい、泣いた。
子供みたいに泣きじゃくって鼻水垂らしながら、翔子がね、
「どうして一緒にいるの?」って言ったらカナオがなだめつつ、
「好きだから。お前がいなくなったら困るし」って。

これって、夫婦間で、一番大切なことなんじゃないかと思う。
相手がどんな状態になっても、それがお金のことでも外見のことでも、
好きだから一緒にいたい。それがないなら、結婚や一緒にいる時間
なんて虚無だと思う。



その後、翔子が回復していくのを見て、見ているこっちも、
本当に清々しい気持ちになって、「ぐるりのこと。」を見て、
いっぱい泣いて、なんていうか、デトックスみたいなことが
出来た気がする。「ぐるりのこと。」を見た当時に自分が
辛かったことや、忘れられないような過去の辛いことが、
少しやわらいでいくのが分かった。



カナオは、だらしないし、感情おもてに出さないから何考えてるか
よく分からないし、頼りないけど、ちゃんと人と関わって向き合える
人なんだよね。それが、私が思う本当の優しさだと思う。普段の態度
や言動なんてどうだってよくて、誰かが死んじゃいそうなとき、真摯
にその人と向き合ってあげるのが、優しさだと思います。綺麗じゃ
なくても、受け入れる。発狂したって、鼻水汚くたって包み込む。
それが本当の愛だと思います。

リリーフランキーは"演技"っていう感じの演技をしなくて、自然で
そこがとても好きです。木村多江は逆に魂のかかった演技で、
ド迫力で、見ていてドキドキした。

(木村さんはね、実は私のご近所さんだった人で、それこそ映画の
舞台の90年代、私が子供だった頃、エレベーターで会ったりすれば
優しく挨拶して「カワイイ服着てるね」なんて声かけてくれて、
すごく綺麗で、あの時のあの人に、こんなに感動させられてるんだ、
と思うと胸がいっぱいになる。

私のことなんてもう忘れちゃってるだろうけど、あの頃の優しくて
綺麗な木村さん、忘れられないよ。)






エンディングで流れてくる、Akeboshiって人の「Peruna」が、
すごくいい。ここでまた涙が。。


いやーー、もう語り尽くせないですね。なんたって最高ですから。
橋口監督に感謝です。


夫婦で見たらいいんだろうけど、照れちゃうだろうね。

Michelle Phanのビューティーチップ


YouTubeを適当に見てたら、偶然見つけたMichelle Phanの動画。
ベトナム系アメリカ人のべっぴんメイクアップアーティストが、
メイク方法とか、お手入れ方法とか、仮装用のメイク術とかを
動画でチュータリングをしてくれる。Michelleがアジア人だから
参考になりやすい。

私はいつも、めんどくさがって化粧はあまりしなくて、
ファンデ、眉毛、アイライン、服によって口紅くらいなのだけど、
Michelleの見て、感動してしまった!



このバービーメイク、唇の周りにハイライト塗って際立たせるとか、
やっぱ情熱すごいよね。ちゃんと考えてんだね。





サマー・サンセット・アイズ。超ロマンチックだわー、、素敵。




濃い化粧は素敵だけど、崩れると大変だし、落とすの面倒だしで
普段しなかったけど、これに影響されて、少しはアイシャドウとか
使おうかな、と。


それから、お手入れ方法とか、すごく楽しそう!
乾燥肌用に自宅で作れるクリームとか、毛穴パックとか。



乾燥肌用クリーム。普通にBODY SHOPとかで売ってるやつみたい!




毛穴パック。楽しそー!




着古したシャツを使って髪をカールする方法。




いやはや、いつも服8割、メイク2割くらいのスタンスでいたけど、
やっぱりメイクって重要ね。お手入れ、メイクに力入れると、
幸せな気分になるしね。自己満足でも。


動画のコメント欄に否定的なコメントが多い気がするけど、
あれかな、アジア人だからかな?
喋り方が嫌だとかいうコメントがあったけど、ネイティブ
じゃない私にも聞き取りやすい綺麗な喋り方すると
思うんだけどな。

それに、こういうメイクのチュータリング系の動画って沢山
あるけど、多分一番クオリティー高いし、楽しいし、うまい
と思う。今やMichelleはランコムのスポークパーソンだとか。


 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。