been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

今年を振り返るだなんてこと


aaaaaaaadddddiiitttaaa.jpg





今年最後、一発。
今年はここに書けないようなこと、たっくさん起こったから
書かない。w

例年通り、いいことも悪いことも同じくらいあったと思うけど、
嫌なことのなかに、「やなヤツになっちゃった自分が嫌」ってのが
ある。回りの影響もあるけど、正直に生きれば生きるほど
やなヤツになっちゃう。

前は(去年とか)、嫌いな人を作らないように、みんなを好きに
なるように努力したり、とにかく色んな人と話していい影響受けよう!
って頑張ってた。そしたら実際友達ふえたし、その中から良い出会いも
あった。人のいいとこばっかり探してたから、人が好きだった。

でも、人を嫌うことは人を好くことと同じくらい自然なことで、
それを排除したり悪にするのはおかしいし欺瞞的だ。っていうこと
が書いてある本読んで、単純だからすぐ影響されちゃって、
それまで隠してた「嫌い」が一気に溢れ出しちゃった。
(中島義道の『人を嫌うということ』。嫌ったり嫌われたりする
のが悪だっていう意識から解放されてすごく楽になった。)
私、嫌いな人多いな、やなヤツだなって思った。ま、同じくらい
好きな人もいるし、バランスとれてるしいいんだけど。

そしたら、やっぱり友達は減った(笑)でもキャパシティーに
合う人数だから調度いい。気ィ使わなくていい人ばかりになった
から楽だし。





来年の抱負は、そうだな。暴飲暴食しないようにする。
あと、不必要な情報を自力でカットできるようにしたい。
情報過多で疲れてる現代人の代表です。


ふかわのブログ面白い。文体がウザイけどそこらへんのアメブロとか
の芸能人のクソブログとは全く違う。タイトルがめっちゃ小さくて、
謙虚というか、ふかわらしい。
スポンサーサイト

Utada, They Don't Know I Burn


aaaaaaautadaasdidas_convert_20101224163857.jpg


Utadaは日本の宇多田と違って、庶民感覚とかあんまなくて、
カッコよくてスタイリッシュ。オシャレ。なんとなく、
海外のUtadaのファンは日本のアニメ好きなオタクが多い
イメージだけど、曲自体はオシャレ系?とかインテリ系に
受けてもいいと思う。文学的だし。





「Merry Christmas Mr.Lawrence-FYI」

"I'll see you later. Call me you know my number."



セクシーで切ない感じがする




「Devil Inside」






「Exodus」

"Through traffic jams in Tokyo
New music on the radio"
東京の渋滞を抜けて
ラジオから流れる新しい音楽を聴く




「Hotel Lobby」

”Meet me in the hotel lobby
Everybody's looking lonely.
Watch me as I walk in slowly
When your eyes meet mine
It's in the mirrors of the hotel lobby”
ホテルのロビーで会いましょう
皆が寂しそうに見える
私がゆっくり歩いてくるのを見て
あなたと私の目が合うのは
ホテルのロビーの鏡の中



こおいう、俯瞰で人の悲しい人生歌ってる感じ好き。





「Animato」

"DVD's of Elvis Presley
BBC sessions of Led Zeppelin
Singing along to F.Mercury
Wishing he was still performing"
エルビス・プレスリーのDVD
レッド・ツェッペリンのBBCセッション
フレディ・マーキュリーに合わせて歌う
彼に今でもライブをやっていて欲しかった





「Wonder 'Bout」

”How many times did I kiss you in the dark
Watching memories depart. Then again,
I wonder 'bout but I don't give a damn about you”
暗闇の中で何度あなたにキスしただろうか
消え行く思い出を見ながら、またあれこれ想像してしまう
だけどあなたのことなど何とも思わない



失恋の期間が終わって、たまに寝る前に思い出すとき
のBGMナンバー1。「嫌なヤツになっちゃったな、私」
っていう気分になる。





「About Me」

"Right now you're sure that you love me
But are you really ready to know more about me
Up and down and down, 'round and 'round and
'round where do we go?"
今は私のことを愛してるって確かでも
もっと深く知る覚悟は出来てる?
上がって下がって下がって、回って、回って回って
私たちはどこへ行く?





そこらへんのアメリカの売れてる歌手より明らかに
レベル高いのにアメリカ人、残念だよ。
でも確かにアジア人で欧米でトップになってる
ミュージシャンって前例ないよね。黒人は自分たち
の情熱をラップとかにして、白人をも夢中にしたけど
アジア人はどうもね。でも人種とかにとらわれないで
YouTubeとかあるんだから、もっと自由に音楽聴いて
いいもの探して欲しい。

活動休止しちゃうし、アメリカでの活動がどうなるか
分からないけど、またアルバム出して欲しいな。

ジュリアン・アサンジ


aaasamef.jpg



久しぶりにカッコいい、と思う男。ジュリアン・アサンジ。
元ハッカーであり。内部告発サイトのWikiLeaksを立ち上げた人。
自分が信じる正義にまっすぐに従って燃えてる人いいな。

プラチナブロンドですよ!彼は!アラフォーですよ!
あれが俳優とかミュージシャンだったら全く魅力感じないけど、
結構おカタイお仕事で、逮捕もされちゃって。


明らかに、キケンだしね。他の有名なウェブサイトの創始者とは
全く違う雰囲気。強姦容疑で逮捕されたらしいけど、なんだか
彼ならやりかねない気もする。。。あとヤバいことリークして
捕まったこともあるんだっけ?

絶対ナルシストだわこの人。どんな音楽聞いてるんだろう。
こんなに男に夢中になるのはデヴィッド・ボウイ以来。





aaaaaaaassangeaaa.jpg


aaaaaaajulian.jpg


aaaaaaaasssanngggge_convert_20101219143400.jpg


aaaaaaasssssssaaa_convert_20101219143109_convert_20101219143236.jpg

カワイイ…






「ウィキリークスは偏っているか」




「ジュリアン・アサンジのバラード」
どっかのバンドの曲。めっちゃいいね。

宇多田ヒカル、激しい雨に鳴り止まない遺伝子


aaaaaaauatatatatata.jpg




宇多田ヒカルが休業してしまうね。

宇多田ヒカルは、もう本当に本当に大好きで、
椎名林檎と並ぶくらい好きすぎてブログに
まとめられないくらい。だったけど、
休業しちゃうし、今キリがいいな、と思って。



宇多田ヒカルがデビューしたとき私は確か小4?くらい?
すごかったよね。宇多田VSあゆって感じで。

でもやっぱり、自分で全部曲作って、歌ってってすごい。
しかもあれだけのクオリティーのものを。
藤圭子もビックリだろうね。

宇多田はね、変なテンションで喋ろうが、離婚しようが
太ろうが、浮気しようが、何だっていいの。
あれだけの才能がある人に何も文句なんて言えないよ。
(庶民的だからか、悪口言う気にもならない)
文学的で、芸術的で、ポップでありつつヘンな言い回し
を取り入れる。もう、天才でしかない。





•「海路」

"船が一隻 黒い波を打つ"




1月のよく晴れた日に海辺に行って聞きたい感じ。
宇多田ヒカルの歌詞の中でも相当詩的で素敵。




•「This is love」

"悪い予感がするとわくわくしちゃうな
痛めつけなくてもこの身はいつか滅びるものだから
甘えてなんぼ"

こんなこと言われちゃったらますます怠けちゃう




•「Beautiful World」

"beautiful boy 自分の美しさまだ知らないの"

少年愛的だね。三島由紀夫的。




•「SAKURAドロップス」

”好きで好きでどうしようもない
それとこれとは関係ない”



泣けるね…失恋したときのBGMに選ばれる率ナンバー1
PVもイイネ!




•「誰かの願いが叶うころ」

”みんなの願いは同時には叶わない”

こういう、世の中の真理みたいなもの、西野カナには
言えないよ。








アメリカデビューは、まあ失敗したんだと思うけど、
私は二作出たアルバム、両方とも大好き。むしろ
宇多田ヒカルよりもUtadaの方がすきかも。
近いうちUtadaについても出来る限り書きたいな。






You Wake Up, You Don't Wanna Live Today.





"Japan the strange country"
今日の英語の時間に先生が見せた動画。
欧米人から見た日本、かと思いきや、日本人が作ったんだってね。

シニカルだねー。日本人は背が小さい。いやいや、外人がデカいんだよ。
とか、日本人は食べ物を無駄にする、でも日本人だけかな?

なんだか日本ばっかりいつも皮肉られてる気がして、
その英語の先生にもおちょくられてる気がして、嫌だな。

日本もこういうの作ったら良いんだよ。
"United States the strange country"とかさ。
なんで身振り手振りが大きいのか、なんでハグやらキスやらするのか。
なんですぐ訴訟起こすのか。いくらなんでも太り過ぎじゃないのか。とかね。



まあいいや。もうすぐ冬休み。嬉しー!
課題もそこそこ順調だしね!
そして、課題提出と試験が終われば春休み。
ニューヨーク行きます。楽しみ!

 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。