been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

山本タカト


東京造形大学の絵画科卒業で、現代の浮世絵っぽい耽美的な絵を描く人。
高畠華宵や丸尾末広っぽい味のある絵で、エロくて、グロくて、その上
ものすごく美しい。


あsdfghjkjhじゅbv




yt.jpg




yamamoto.jpg






ところで、「流し目」の早乙女太一や、女流指揮者の西本智実って、
なんとなく山本タカトさんの描く絵に通じるところがあるっていうか、
そのままタカトさんの絵から飛び出してきたような感じがする。


taitis.jpg


img786ce68fzik6zj.jpg


それにしても、二人とも中性的で、ありえないくらいセクシー。
スポンサーサイト

死んでもいい


lily-cole-playboy_convert_20091216185415.jpg



「I love you」を、夏目漱石は「月が綺麗ですね」と訳し、二葉亭四迷は
「死んでもいい」と訳したのは有名な話。私は「死んでもいい」派だなー。
(「月が綺麗ですね」はすっごくロマンティックだけど。)

「あなたの事が好き、死んでもいい」と告白されたら相当怖いけど、
何年かつき合って、一緒にいて、「あなたの為なら死んでもいい」って
言われたら、すっごく嬉しい。



人や物を愛するのって、色んなレベルがあるけど、それの究極が
「死んでもいい」だよね。例えば煙草を愛していて、「死んでも
いいから私は煙草を吸い続ける」っていうのだって煙草に対する愛。
私の場合はチョコレート。チョコで死んでもいい。愛してるから。

本当は、死んでもいいほど好きな人や物ができるってことは、危険
なことだから(命懸けちゃうわけだから)、それに出会わないほうが
健全な生き方は出来るんだけど、そういう人生はやっぱりつまらない
と思う。命が懸かっても、愛する人や物に出会えたってことは、
それだけでもう、十分幸せなんです。



「人間は時として、満たされるか満たされないか、わからない欲望の
ために一生を捧げてしまう。その愚を笑う人は、畢竟(ひっきょう)、
人生に対する路傍の人に過ぎない。」

芥川龍之介


叩かれたい


9月頃、大学受験の模試を受けました。


国語で、時間配分が大幅に狂っちゃって全然出来なかった。
何故なら、一つ目の文章を読んで、大きな感銘を受けちゃったから。

前田英樹さんの「独学の精神」っていう文章の抜粋で、民芸文化の
素晴らしさについて書いたもの。

現代では機械製品が発達して、手でひとつひとつものを作るっていう
ことが殆ど無くなっちゃった。手技が欠けてしまってるわけだから、
やっぱり美しくない。機械をつかってなかった頃は、手技を上の世代
から受け継いで、そこから習練を得て、素晴らしく美しいものを作る
っていうことが出来た。

ブランドにこだわらなくたって、質のいいものは沢山ある。

ものづくりをする人々にとっての今後の課題って、今氾濫してる安っぽい
「もの」の中から、どれほど差をつけて良い物を作れるか、ってことに
なっちゃったと思う。


個性的であることが何かともてはやされるけれど、それはちょっとまずい。
多分。誰かに叩かれて叩かれて、「個性」と言われる癖を直して、それでも
直らないものを個性にして「味」としてやっていく。ってしていかないと、
なんの習練も無ければ「個性的」って一瞬もてはやされたとしても、すぐに
忘れられちゃう。だから私は叩かれたい。叩かれまくって癖を直したい。

「個性を売ってやろう」だなんて厚かましいのかもしれない。そんなの、
自分の名前を売ろうとしてるだけで、自分が思う「自分らしさ」なんて、
周りにとっては迷惑になっちゃうかも。





因みに昨日、東京都現代美術館でやってる「ラグジュアリー・ファッション
の欲望」という展示に行って来ました。1800年代~現在までの、正にラグ
ジュアリーな服が沢山展示されています。きらびやかで甘美な世界に思わず
白目むいちゃいそうになりました。そこでやっぱり思ったのが、細かい作業
の大切さ=習練の大切さ+芸術的なセンスの良さが、ああいう圧倒的な美しさ
を生み出せる理由なんだろうな、と痛感しました。


a3328bbd1c5072aa64cd4a6d50832a2a.jpg

センチメンタルな旅・冬の旅


昨日は朝イラついて、学校サボってしまった。
自己嫌悪とか、色んな感情が。

ずっと家にいて勉強したり、色々。



秋も終わってしまったね。愛してたよ、秋。
去年の今頃は、奴らとニューヨーク。楽しかったなあ。
イエスタデイ、ワンスモア。



アラーキーの「センチメンタルな旅・冬の旅」を再び眺める。
去年の12月に買って心酔した写真集。




人は人を思う。



私がこれから作品を作っていく上で、人が人を恋しく思う負の気持ちは、
常にテーマとなっていくと思う。その作品が何なのかはわからないけど。



今年はね、人生の中で、一番映画見た年なんだ。しかも下半期だけ。
上半期はアメリカいて、あんまり見なかった。

地元のレンタルショップがクソ安くレンタルしてるってのもあって、
今数えてみたら、下半期だけで55本も見てる。

いーい映画ばっかり。だけど、見すぎて感動薄れちゃった。ダメね、
安い価格で映画見ちゃ。「気ままにyoutube」なんて以ての外。




来年になったら
「地下鉄の階段の途中で途方に暮れちゃって、
やだ涙が…」なんてことは無くなるかしら。

Lily


418s-mqYMjL.jpg



コラムニスト・作家のLilyのブログを読んでた。


Lilyを知ったのは、写真家の冨成鉄さんのホームページでLilyの写真を
見てから。Lilyの本の表紙を冨成さんが撮ってたりするから。そこから
mixiでLilyのページや、Lilyのコミュニティを見たりで、少しずつ知って
いった。

最初の印象は、うーん、違うタイプの人間だなーって思って、あんまり
好きじゃなかった。だけど、最近本を立ち読みしたり、ブログ読んだりして、
涙が……。共感したり、励まされたり。

最初あんまり好きじゃなかったのは、きっと、頑張ってるLilyに劣等感が
あったんだと思う。今は、少しは自分を誇れる。これ書き終わったら、
ヴィレバンまで行って、Lilyの本買いに行こうかな。





Lilyのブログより


「寂しくて死んじゃいそうな夜

                      
それは、男の子のことは分からないけど、
女の子には、絶対に年に数回、必ず襲ってくる夜。

(中略)

携帯を操作しながら、メモリーに登録されている名前を
次々に眺めて、この寂しさを埋めてくれる人を、探す。

大好きな家族も、女友達も、こんな夜には力不足。
死んじゃいそうな寂しさから、女を救えるのは、
なぜか、いつも、男だけ。それも、異性としてみてる男だけ。

そんな夜に思い出すのは、昔セックスをしたことのある男か、
これからセックスをしてもいいと思っている男だけ。

電話で話すだけで、
ちゃんと繋がってるって分かるだけで、
男の声で、「大丈夫だよ」って言われるだけで、
なんだかホッと、安心できたりする。

「人はスパイラル状の不安を目の前にすると、セックスに逃げる。」
って村上龍が書いていた。

そう。そんな夜、
女は、セックスに逃げたくなってしまうことがある。

これはもう、理屈じゃなくて。

女が、
愛していない男とセックスをする時って、
快楽のためとかじゃなくて、
寂しさを埋めるための行為なんだと思う。

もちろん、セックスなんて一瞬のこと。
ただ、その一瞬、不安から逃れることができるってだけ。

だけど、セックスの後、少し眠れば、朝が来て、
とりあえず、寂しくて死んじゃいそうな夜は、終わるんだよ。

あたしはね、そう思うから、
世の中に尻軽の女なんてのは、
本当は存在しないんじゃないかな、ってね、思うんだよ。

ただ、愛のないセックスの後で、
女はもっと寂しくなっちゃったりする。
だから、本当はそんな夜こそ、一人で眠るべきなんだ。

Hey Boy,

あなたがもし、あなたにセックスだけを求める女を、
あばずれだって思ったとしても、その夜あなたに抱かれることの
意味が、彼女の中にはひっそりと、でも確かに、存在してたのかもね。


あなたがもし、朝起きて、携帯に、
久しぶりに元カノからの真夜中に着信を見つけたとして、
かけ直しても彼女が電話に出ないとき、それは、その彼女が、
年に数回の”そんな夜”を過ごしてたってことなのかもね。

あたしたちが「男心ってわかんない」って言うように、
あなたたちも「女心がわかんない」って言うけれど、
”女の謎めいた行動”と”寂しさ”の関係は、深い。
それだけは言えると思うんだな。」


神。




あーー。
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。