been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

「センチメンタルな旅・冬の旅」


六本木に行った。青山ブックセンターに。日本のちゃんとした本屋は
久しぶりで、三時間くらいいた。それで何も買わなかった(笑)

他の本屋で、荒木経惟の「センチメンタルな旅・冬の旅」っていう
写真集買った。

FUYUNOTABI.jpg


アラーキーの奥さんが病気だって分かって、亡くなるまでの日々を
アラーキーが写真に収めてるの。悲しみ(っていうのかな、なんて
いう言葉が一番合うか分からないけど)が痛いほどに伝わってきて、
ただただ涙が出た。

私、心のどこかで死にゆく人って、怖くないんだと思ってた。
残されるほうが辛いんだと思ってた。でもそんなの綺麗ごとで、
死ぬほうだって死ぬほど怖いんだ。死にたくないんだ。そんで、
残されるほうだって、相手が死んでからも辛いばかりなんだ。
絶望なんだよ。病気とかによる死って、綺麗にされがちだけど、
本当は綺麗も何も、絶望しか残らないんだよ。もし私が有名人で、
もし愛する人が病気とかで亡くなって、テレビの取材とか来ても、
綺麗な事なんて言えない。ただ「悲しくて死んじゃいそうです。
後を追いたいです。」って言うと思う。


中盤、奥さんが亡くなってからの写真を見てて、涙が止まらない。
お葬式の写真と、その帰り道の写真。お葬式の最中、アラーキーは
気丈に振る舞ってて、でもその帰り道、独りぼっちで彼はどんな
気持ちで何を考えてたんだろう。


夫婦として、二人でいた。一人が無くなった。そしたら残された方は
どうやって生きていけばいいんだろう。二人でいたあとの一人は辛すぎる。
二人はネコも飼ってたから、一人と一匹。


「5時半に目覚めてしまう。陽子のベッドにねてたチロを私のベッドに
入れて、泣く。」


この写真集の、最後の写真、ネコが雪の中で飛び跳ねてる写真なの。
たったそれだけなのに、大泣きしちゃうの。写真を見て泣いたのって
初めてかも。それもネコが飛び跳ねてるだけの写真で。

アラーキーはすごい。こんな言葉じゃ足りないの分かってるけど、
ただただすごい。偉大な写真家だと思う。この写真集で、愛する人が
死ぬって、どういうことなのか分かった気がする。それをこんな形で
世に伝える彼は、やっぱりすごい。

そんで、冨成鉄や藤代冥砂とか、私が他に好きな写真家たちも本当に
アラーキーの影響受けてるんだなあ、と思う。多分。アラーキーの
写真集買ったのは初めてだけど、もっと早く出会ってたかった。
人生は旅なんだなあ。。。



ますます泣けてきた。止まらないよぉ。




スポンサーサイト

ちょびっとセンチメンタル


竹久夢二16

毎週金曜の夜とかパーテーやって、ものすごく楽しいんだけど、
パーテーが終わった後、まだ酔ってるときに一人で部屋に帰ると
ものすごく寂しい。

でも、これからのことなんて、何にも考えてなくて、何故か不安に
ならなくて、そんな自分信じられないけど、すごく楽。
去年とか将来のことしか考えてないくらいだった。今は、本当に
今日のことしか考えてない。それで今楽しいからいいや。13歳から
去年まで、ずうっと突っ走ってきたから。

問題山積み。家族、友達、恋愛、将来、勉強、自分自身。でも、
なーんにも怖くない。今は、今日が楽しければそれでいいの。


それに今、すごい幸せ。一緒にいる友達みんな優しいし、素敵だし
みんな大好きなの。私は本当に、みんなに感謝するべきなんだと
思う。いつかちゃんとお礼しよう。こんな年下で生意気な私と仲良く
してくれて、嬉しくて涙が出ちゃう。

今年は、高校卒業して、新しい人たちにいっぱい出会えた。それが
すごく良かった。バイトしてたときの先輩たちもみんな優しくて大好き
だったし、今の学校のメンバーたちも大好き。もちろん高校のときから
の友達も大好き。こんな私は幸せ者だ。


「未来は知らん顔さ 自分で作っていく」

人種差別と偏見


今日、人種差別と偏見についてプレゼンした。前に、大学の、黒人の生徒
5人と白人の生徒5人に、人種差別を経験した事あるかどうかインタビュー
したとき、今でも、差別を経験してる人はたくさんいるんだって分かった。
びっくりした。私が見る限りでは、白人と黒人の間に差別や偏見なんて見え
ないし、うちの大学の白人の生徒たちは黒人の音楽とか、服装とか、黒人
文化にめっちゃ影響受けてる。

だから、もう差別なんて殆どないと思ってた。




でもね、差別って定義するのは、すんごい難しいと思う。

昨日、大学の郵便オフィスに行ったときのこと。いつもそこのスタッフ感じ
悪いんだけど、昨日は普段より増して意地悪だった。私が暗証番号忘れて、
郵便受けに入ってた手紙を取れなくって

「217box の手紙取ってくれませんか?」
って聞いたら睨まれて、ため息つかれて、手紙投げられた。

いつもだったら「感じ悪いー。うざい。」くらいで終わるんだけど、昨日は
「私が日本人だからなのかな」って、ちょっと思った。




でもそれは、ただそのスタッフが意地悪な性格なのかもしれないし、
「日本人」じゃなくて、私が気に入らないだけかもしれない。だから差別か
どうか決めるのは自分自身なんだよな。自分が差別だと思ったら差別なの。

前にインタビューしたときに
「店に入ると、店員が僕の動きをいちいち見てくる」って人がいてそれが最近
受けた差別だって言ってた。

でも、その店員が彼をチラチラ見てたのは、人種差別なんだろうか。黒人の
彼じゃなくても、その店員は客をチラチラ見るかもしれない。



例えば、私が一人の黒人を嫌って、嫌味っぽく接したとしたら、その黒人は
「自分が黒人だから差別されてる」って思うかもしれない。でも私は、その
黒人が意地悪だから嫌いなの。でもその黒人は勘違いするかもしれない。

私は、アメリカの生活の中で、黒人と接するときに、なるべくみーんなと同じ
ように接するように心がけてるんだけど、やっぱり「優しく接さなきゃいけない」
って意識しちゃう。差別だと勘違いされないように。それこそ差別になってる
気がする。


すごく意地悪な黒人がいて、私も意地悪に接して、でもその黒人が差別
受けてるって思ったら、私は差別したってことになっちゃう。私は日本育ち
だし今まで直接、人種差別を肌で感じた事は無いけど、もしかしたら気付
かないうちに受けてるのかもしれない。



とにかく、私は今回のプレゼンで、マーティン・ルーサー・キングについて、
とっても詳しくなりました。

ヒールを履くときの感覚


b0058631_024194.jpg


ヒールを履いたときの感覚は、マゾヒスティックか、サディスティックか。

まず、少しくらいMっ気がないと、ヒール履けないんだよね。足を痛めつけ
てるから。痛めつけて、それでもそんな痛さが好き。ヒールの痛さは快感
に近い。でも、そのうちヒールで誰かの足を踏みつけたいって思う、Sっ気
も出てくる。ヒールの形的にもSっぽいもんね。凶器っぽい形してるもん。

うーんどっちなんだろう。両方なのかな。両方なんだな。

でも、どっちにしても、ヒールを履くときが一番、自分が女だって感じる。
ヒールの「コツコツ」って音が自分が歩く度に出ると、「私、女でーす。」
て言いながら歩いてるみたい。

ヒールって大抵女しか履かないものだから、やっぱり特別な気分になる。
スカートも大抵女しか履かないけど、ヒールは楽じゃないから、痛いから
特別な気分になる。

DAVID BOWIE


私はデヴィッド・ボウイを歌手とか呼べないです。
芸術家と呼びたいです。だって曲聴いてると、もうこれは音楽
というより芸術なんだなって思う。加えてPVや衣装も芸術だから。

17の時、初めてボウイの音楽聴いて、PV見て、完全に衝撃受けた。
60年代、70年代、80年代、全部違うスタイルで、全部いい。
彼の、コロコロ好みが変わるところ、私みたい。

このブログのタイトル、「ロックンロール・スイサイド」に変えたい。。。
どうしよかな。。。

AladdinSanecover.jpg

有名なアラジン・セインのジャケット。








73年の伝説のライブ「Ziggy Stardust」 因みに衣装デザインは山本寛斎


やっぱり70年代はロックの時代だ。今の時代から過去の音楽を聴くのも
楽しいけど、リアルタイムで聴いて、感じてみたかった。

「Space Oddity」っていう曲は特に才能を感じる。衝撃受けた。

曲がストーリーになってて、宇宙飛行士の「トム少佐」がロケットで宇宙に
行くんだけど、あまりの宇宙と地球の壮大さに感慨して自分には何にも
できないって思っちゃって、地上管制との連絡を切って、永遠に宇宙に
漂流するっていうストーリー。

切なさと美しさが混ざってる。

でも80年の「Ashes to ashes」って曲で、トム少佐はただのジャンキー
だったってことになってるんだけど。。。



ボウイのジャケ
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。