been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ファッションのゲーム


IMG_1948_convert_20170311220355.png

IMG_1951_convert_20170311220331.png



アンソフィーバックって、クールで上品で、一見コンサバティブ
にも見えるんだけど実はがっつりパンクみたいなところがいつも好き。
何よりも装うことに対する軽さとアンチテーゼ(?)と、
新しい時代提案してる感じがすごい。


2002年のファッションショー。
The Boomtang Boysの単調な音楽に合わせてモデルが登場、
みんな笑ってて軽く踊りながらただ去っていくスタイル。
服はめっちゃゆるいTシャツのワンピースとか、ジーンズとか。
モデルが歩く度に、床に張ってあるアルミホイルみたいなのが
剥がれていく。






この軽い感覚、ファッションショーとして発表するには
衝撃的なほどラフだと思う。

2002年当時、大昔のコルセットの時代や、
ゴージャスが当たり前の80年代のと比べれば
ファッションは大分ゆるい感覚になっていたとはいえ、
まだまだキチッと頑張るものだった時代に、
さらに一気にラフな志向へ持って行ったような気が。
同時にその後、セレブを中心に超リラックスのムードが流行った。
キャミソールやチューブトップ、ビーチサンダルやムートンブーツ、
ジューシークチュールのベロアのセットアップ。
ヒール履かなくていい、部屋着のままでもいい、それがオシャレだった。

paris-hilton-gallery_convert_20170311215626.jpg

パリスはジューシークチュールで逢い引き







同時に、90年代終わり頃からニューヨークで発行された雑誌の
NYLONも、そんな時代性を体現していた。

10821916-24190171-thumbnail_convert_20170311220537.jpg

当時のファッション誌といえば、ガッツリしたモード系か、
実用系(コンサバ系)か、カルチャーやアートが一体になったものが主流で、
NYLONは位置づけするならモード系とカルチャー&アート系の中間。
ただ、その"軽さ"はすごく新しくて、モードの服を紹介してるのに
友達の女の子が家に遊びに来たから適当に写真撮ってみた、
みたいな感じ。ニューヨークのストリートやアンダーグラウンドから
発生した雑誌だけど、原宿のDNAを感じる。



伝統を守るのも、エスプリを受け継ぐのも大事だけど、
新しい空気がかっこいい。








2017年現在でも、ファッションショーって大体つくりが同じで、
180cmの細身で綺麗なモデルがクールにランウェイを歩くのが主流。
プラスサイズのモデルが起用されるとニュースになるくらい、
未だに細いモデルがショーに出る。

それでもその画一的なモデルキャスティングを覆すような、
2006年のガリアーノの「Everybody's beautiful」などなど、
真に平等な表現もある。
小さい人大きい人、太い人細い人、おじいちゃんもおばあちゃんも
登場でとても賑やか。
ガリアーノはもはや生ける伝説になりすぎて
あれ、まだ生きてたっけくらいの勢いだなー。

JohnGallianoSS2006_convert_20170311220729.png





これはもはやファッションよりもステージ芸術の域だけど、
それでも新しさを感じる面白いショーもあります。
今期のAntonio Marrasは最高!
Antonio Marrasって、いつもすごく素敵だけど、
ザ・イタリア、ザ・モードっていう感じで、
自分には一ミリも関係ないブランドのように感じていた。
だけどこの振り付けと、極めつけのフィナーレ見たら
誰でも親近感湧かずにいられない!なんて楽しいんだ!犬まで走ってる!
もはや皆がパフォーマーだ。







普通ファッションショーって、出てるモデルも見ている側も、
クールにしかめっ面が定番だけど、これではみんな笑っている。
靴脱げてる人もいるし、おばあちゃんもオッサンもモデルやってる。
服はこんなにカッコよくモードなのに、ファッション楽しい、
みんなで踊って明るく着飾ろう、というポジティブなムードが素晴らしい。



スポンサーサイト

ファッショニスタの悩み


13076872_1051420788261845_8524270516392766843_n_convert_20170213212316.jpg
Otsuki right before the attack



ファッショニスタの私の悩みは尽きない。
着るものと、食べるもの、飲むもの、行く場所、聴く音楽、
見る映画、つき合う人々、住む場所、
全てがファッショナブルでなければならない。
親も親戚もオシャレでなければならない。
きっとお金持ちのファッショニスタは
オシャレなスーパーに行って食材を買い、
病気をすればオシャレな病院に行く。

更にアップグレードすれば、SATCのキャリーたちみたく、
オシャレでリッチな独立した女性はスーパーなんて所帯じみた
場所には行かないのだ。

だけど私はそれが出来ない。
着るものはどうにかなるとして、
食べるものや行く場所や聴く音楽がファッション的ではない。
映画も、ファッショニスタが作った映画にはいつも懐疑的。
スーパーだってなるべく安いところに通うし、
病院になんか行くことになったらオシャレとかオシャレじゃない
という基準自体が消える。
親戚の集まりや、同窓会でのファッショニスタの一番の悩みは、
自分のオシャレ過ぎるファッションを周りに理解されずに浮き気味に
なることだ。

だから生きて行く上で、オシャレをやり通すのは難しい。
一瞬一瞬をオシャレで彩ることはできない。
(SATCはファンタジー映画だと思ってるが)
もうすぐやらなきゃいけない確定申告とか、
最高にオシャレじゃない行為をしなきゃいけない。





私は吐き気がするほどファッショニスタ。(イケてるって意味ではない)
何をするにもファッション的な視点で考えてしまう。
誰もこのことは理解してくれないだろう。
だから日常で非ファッション的な局面に置かれる度に
ギャップに戸惑うし、苦しい思いをする。
オシャレなキッドたちは一体、どこで生まれどこに住み、
何をして遊ぶの?




ファッションが好きな理由も分からない。
綺麗なものが見たいだけなら美術鑑賞だけでも済むのに。
好きな気持ちをどう落とし込んだらいいか分からない。
ピコ太郎が会見で
「自分はファッションが大好きで、行われる全てのファッションショーを
チェックしている。その全てを混ぜ合わせた結果こうなった」
と言っていてめっちゃ共感した。難しいよね、落とし込み。

「見栄」はファッションに必要不可欠な要素だ。
ファッションが大好きな私は見栄を張るのが大好きなのか。
いやでももっと、自分にも他人にも優しいファッションがあるよね。

こんなことを、もう何年も前から何度もブログに書いてきた。
きっと一生をかけたプロブレムだ。
これに向き合い、研究するために生まれてきた人生だ。
ファッションは、等身大の自分と理想とのギャップに悩むことが原点でもある。
だから私のこの葛藤は、このフラストレーションは正にファッションだ。



Uniqlo × HanaTajima


前に新宿のユニクロふらーっと見てたら
ハナタジマとユニクロのコラボが目に入って、
気付いたら思いっきり衝動買い (&大人買い) してしまった。
ここまであからさまな衝動買いは久しぶりだ。

ハナタジマは、日本とイギリスのハーフのデザイナーでムスリム。
このコラボではムスリム女性に向けたファッションを展開している。


uniqlohijab20160223-20151113_006-thumb-400xauto-516610_convert_20160913004828.jpg
fashionsnap.com

ご本人が美しい…



展開されていた服たちは、モダンで、上品で、アーティスティック。
マットっぽい、明るめのアースカラーが綺麗。
ムスリム文化を知らないからか不思議な構造に見える。



最近はドルガバがヒジャブ展開したり、
H&Mもキャンペーンにムスリム女性使ったりと、
ファッション業界も何かとグローバル化っぽい試みが多い。
中東マネーをファッション業界に流してもらおうっていう
目論みもあるだろうけど、何より、ムスリムファッションの
可能性への挑戦を感じて、私はとても好きです。
敬虔なムスリムは黒いチャドルで全身を覆うから、
そこからは可能性は広がりづらいけど、
モダンムスリムは頭に巻くヒジャブも色とりどりで柄も多様で綺麗。
控えめで、肌をなるべく露出しないことがムスリムファッションの
条件なんだとしたら、まさにファッション業界は大もうけですよ。
たくさん生地使ってもらえるんだから。

UNIQLO_x_Hana_Tajima_FW15_convert_20160913110200.jpeg
hanatajima.com


私はムスリムではないので、さすがにヒジャブは使わないけど、
ヒジャブって便利よねー。夏は帽子代わりになって日差しを防いで、
冬は防寒になり、降り掛かる雨からも守ってくれる。
髪型が決まらなくても、美容院で変な髪型にされても悩むことはないもの。



IMG_1091_convert_20160914004404.png

ヒジャブは被らなかったけど上下買ったやつでコンタクト。
フリース素材のトップスの裾についてる紐は、
何かイスラム文化圏のライフスタイルに合わせたものなの??
そしてこの黒のパンツのカッティングがすごい。特殊。








ファッションとはもともと差別であると思う。
(より良い) 服を選ぶこと、スタイリッシュな着こなしで
他者との差をつけること、もっと言えば、
おしゃれな人としかつき合わないこと、
おしゃれなカフェにしか行かないこと、
おしゃれな音楽しか聴かないこと。
ライフスタイル全般において、
ファッショナブルを目指すことは差別であると思う。

実際に、ファッション業界にいる人は国内外を問わず、
感じが悪く、差別的で排他的な人が多いイメージがあります。
おしゃれでない人に対して見下したような態度を取りがちだったり。
代表的なのが『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープ演じる鬼編集長。
あそこまであからさまではないにしても、
ダサい人は人間としてすら扱わない、みたいな人、実際に結構います。

私はそれに辟易しながらも、自分自身ファッショニスタなので、
そういう性質が自分にもあることを認めざるを得ない。

フランスのビーチが、ムスリム女性のブルキニの着用を禁じたことが
話題になりましたね。
禁ずる理由は「公共の場で宗教的な装いをしてはいけない」から
ということだそうけど、「景観を損ねるから」という点も
含まれるのだとしたらそれはレストランやバー、クラブなどが掲げる
ドレスコードと変わりない。
ドレスコードの設定は近い将来「差別」として撤廃、
もしくは批判の対象にされるかもしれない。
(実際ドレスコードはうまく機能していない場合が多い)


b1abd61e-s_convert_20160914103219.jpg
blog.livedoor.jp

(かなり悪意のある構図。
別に左の2人はブルキニの女性を見て驚いているわけではないだろうに)



人間はいつの時代も、どんな場合でも、差別をする生き物だ。
人間に差別感情があるのはなんら不思議なことではない。
それを踏まえた上で、今は、それでも差別をしない努力をみんなでしていこう。
という時代なんだと思います。(と思いたい)
まだまだみんな未熟だけれど、差別がなくなる日を目指して、
工夫して、考え方も変えていこう、と。

こんな時代だから、当然ファッション業界の差別的意識も
問題視されるべきだと思います。
だってファッションとは一部のおしゃれな人たちだけのものではない、
人類全般のものだから。
他者との差別化をはかるのがファッションでも、
他者を見下し、軽蔑するのはそろそろ辞めたい。

欧米の白人のものだったファッションが、
次第に黒人に渡り、それまであり得なかったヒップな着こなしが実現した。
そのうち日本人による洋服の概念を揺るがすような服が出てきて、
今のファッションはだいぶユニバーサルになった。
さらに次のステップを予感させたムーブメントが、
ハナタジマとユニクロのコラボレーション。
ムスリムファッションはこれまで無視されてきた分野だけど、
これからはもっと増えてくのかな。

ムスリムファッションって、「モデストであること」が重要視されるから、
自然とシンプルでエレガントで上品なものになる。
だから日本人の普段のファッションにも断然取り入れやすい。
ファストファッションはハイブランドを模倣するだけでない、
社会的な役割があると思いました。


時代をこえる森英恵


森英恵の著書、「ファッション -蝶は国境をこえる-」
を読みました。

securedownload_convert_20160703203937.jpeg





島根の田舎の少女から普通の主婦になった女性が、
趣味から始めた裁縫でいつのまにか世界の一流デザイナーとなる
軌跡が描かれたエッセイです。

今日のハイブランドのめまぐるしい選手交代劇に少し辟易してきて、
ふと日本のファッションの原点とも言えるブランドでありデザイナーの
ハナエモリ(森英恵)に興味が湧きました。

asdfg_convert_20160703204445.jpg
www.1stdibs.com3





1993年に出版された本なので、
今と当時ではファッションはもちろん、世界情勢やテクノロジーも
何もかもが異なっていて、比べても仕様がないのだけど。
だって当時、ユニクロすらない、ガリアーノやラフだってまだ
知られていない時代。
良くも悪くも、ファッションがまだ"高く"て、”不自由”だった時代、
森英恵は日本のトラディショナルな部分を武器に、
世界に羽ばたいたデザイナーだと思います。
特別なファッションの教育を受けたわけでもない主婦が、
好きなことをやり続けたことの結果だから、見ていて気持ちがいい。

私が最初に森英恵を知ったのは2004年。
当時好きで夢中になっていた冨永愛が出ているコレクションを
追っていて、雑誌に乗っていたルックに魅了されました。
シルクのようなつやつやの着物、しかし洋服のガウンのようでもある。
"East Meets West" がテーマの大胆なルックでした。
(これまた冨永愛の着こなしが素晴らしい)

at.jpeg
forums.thefashionspot.com







70年代の作品は、オジー・クラークやダイアン・フォン・ファステンバーグの
日本版のよう。カラフルでちょっとサイケなデザインも多め。
華やかで明るくてエレガント。
まさにそれを着た人が羽ばたいていくような、夢を感じます。


70_convert_20160703204902.jpg
www.shrimptoncouture.com

on_convert_20160703205401.jpg
sighswhispers.blogspot.co.uk

ko.jpg
www.pinterest.com

imp.jpg
www.pinterest.com

vhkj.jpg
www.global-customer.com

mi_convert_20160703210916.jpg
www.1stdibs.com

gjhkl_convert_20160703211758.jpg
www.1stdibs.com





こちらは時代が変わって1989年代のコレクション。
かっこいー!

k_convert_20160703212011.jpg
www.vistelacalle.com




こちらは時代がさかのぼって、1966年のVOGUE US
撮影はリチャード・アヴェドン

hlk_convert_20160703212446.jpg
www.pinterest.com

dfghjklo.jpg
middle-edge.jp






やはり、女性の作る服は男性の作る服とちょっと違うと思います。
男性デザイナーは、彼らのセクシャリティ云々は無視しても、
やはり完璧というか、彼らの抱く理想の女性を体現しがち。
女性デザイナーはもっとリアルで、そして脆く繊細で儚い。
だから好きなんだよね。女性デザイナーってだけで応援したくなっちゃう。
横澤琴葉ちゃんもこんなようなこと言ってたな。
琴葉ちゃんの服も大好きだ。





最後に本書で一番好きな箇所を引用

現実をこえて、人間の感性に訴える何かが私の精神を満たして、
とても豊かな幸せな気分になったのを今でも思い出す。
貧しくても、美しいものは夢をふくらませてくれるのである


三宅一生のnerve


p_2016miyake.jpg
www.nact.jp

国立新美術館のMIYAKE ISSEY展行ってきました。
プリーツをはじめ、いつも憧れ、尊敬してきたクリエイションが
大きな空間に、かなり贅沢に披露されていて、
興奮して少し火照りながら見て回りました。

三宅一生のクリエイションはよく、
(主に川久保玲や山本耀司と比較して)ポジティブなジャポニズムと
評されるけれど、"日本的であること"を越えた、
人間賛歌のようなクリエイションだと感じてきました。

中でも「プリーツプリーズ」は、前にもここに書いたけれど、
どの年齢でもどの人種でも似合う、
エイジレスでユニバーサルなブランドだと思います。
カジュアルにも、もちろんドレスアップにも適してくれる。
一部の綺麗でスタイルの良い人にしか似合わない服や、
ストイックで強い個性を持つ服がある中で、
誰にでも似合う服があるのもいい。


展示場を入って最初に展示されている、
タトゥーをイメージされた、肌着みたいな服。
当時、死が話題になったジミ・ヘンドリクスと
ジャニス・ジョプリンの顔が描かれている。
時代の寵児たちをヤクザの和彫りみたいに描いて昇華した、
あの時代特有のイケてさがあります。

p_news_MIYAKE_Exhibition_Image02.jpg
mds.isseymiyake.com




吉岡徳仁とのコラボの、プラスティック素材をコルセットのような服は、
アメリカのディーバがステージ衣装に選びそうな感じ。
オリンピックを仮定して作られた世界各国のプリーツのユニフォームは、
本当にこれでオリンピックをやってくれたら興味持てるのに…と思う。

issey_shinkokuritu_007_convert_20160605222037.jpg
www.fashionsnap.com






田中一光とのコラボは、日本的であることが全面にアピールされて、
とても粋です。やはり1960-70年代日本のデザインの草分け感があり、
それが現代に甦ったようでした。

img_731ac2caaf9ad3d8080399b1827a6334130100.jpg
www.afpbb.com

img_d78a7f8e3dcedc280abe5001a8d4f16892825.jpg
www.afpbb.com





会期中、多くのイッセイファンや、全身プリーツのマダム、
デザイナー/デザイナー志望が訪れたと思うけど、
私が行ったときにも素敵な人がたくさんいました。
特に目立ってたのは、フランスだかイタリアのマダムの団体。
本当に全身イッセイで、バッグはもちろんBAO BAO。
田中一光とのコラボ 商品(ミュージアムショップで買える)も
早速身に付けていて、あそこまで着こなせる人はなかなかいない…
と目を奪われました。遠い国からわざわざこの展示のために来たんだろうな、
と思う程。みんなとってもイケてました。

美術館やギャラリーなど、「鑑賞する」ことにお金を払うのって、
少し抵抗を感じてしまうことがあるけど、イッセイミヤケ展は、
ディレクション (作品のチョイス、展示方、プリーツ制作の実演など)が
素晴らしく、それぞれの搬入と保存だけでもどれだけ大変かと思うと、
入場料がとても安く感じました。


6月13日まで、あと少し!








 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。