been dazed and confused for so long 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

いろんな生き方、その方法


最近めっきり記事更新しなくなってしまった。
楽しみにしてくれている人(がいるなら)ごめんなさい。
コメントやメールがとても嬉しいよ。



唐突だが、私は今子どもが欲しい。
とりあえず、まず一人欲しい。

とはいえ結婚もしてないし、できる相手もいない。
というか結婚には全く興味が湧かない。
子どもを作ってくれる相手もいない。
仮にどうにか作ったとしても、私一人の財産では厳しい。

そこで思ったのが、子どもが欲しい友達を集めてみんなで育てる方法。
現代のちょー貧しい若者だって2-3人集まれば子ども一人くらい
育てられるだろう。子育て・家事・仕事も分担できるから楽だし。
何より子ども自身が、「この親とは合わない」と思っても
他に2人、3人と選択肢があれば、頼れる人もいるだろう。
「友達同士で育てるなんて責任感が持てない」
「友達同士なんて、いつ関係性が変わるか分からない」とか、
批判もされるだろうけど、それは普通の親でも同じだと思う。
「愛し合う男女から生まれる子どもだけが幸せ」
という幻想を私はもう長い間信じていない。
それが本当なら、ゲイは、レズビアンは、Aセク、ノンセクは、
子どもを欲しがってはいけないことになる。

お金がない、相手がいない、セクシャルマイノリティ、
これらが理由で欲しい子どもを諦めるのはもったいない。
こんなに少子化なんだから。





そんなことを考えていた折り観た映画「ハッシュ!」が正にそんな感じだった。
橋口亮輔監督、田辺誠一、高橋和也、片岡礼子主演。

news_header_hashiguchi_ryousuke_20151102_04_convert_20170129131927.jpg



ペットショップで働く直也。気ままなゲイライフを送りながらも
充足感を得られずにいる。土木研究所で働く勝裕。ゲイであることを隠し、
自分の気持ちをストレートにうち明けられない優柔不断さにうんざりしている。
歯科技工士の朝子。傷つくことを怖れ、人生を諦めたような生活を送っていた。
やがて、付き合い始めた直也と勝裕。平穏な時が流れようとしていたある日、
二人は朝子との偶然の出会いから、その関係が揺らぎ始める。
朝子は勝裕がゲイであることを承知の上で、
「結婚も、お付き合いもいらない、ただ子どもが欲しい」とうち明ける。
allcinema ONLINE





父権的な意識が根強い人々にとったら、ゲイって時点でアウトだろうに、
そこからイカれた女が精子だけ貰って子ども作るって、
こんなに頭のぶっ飛ぶ話はないだろう。
でもこれって、今だったら全然アリだと思うの。
「普通じゃない家族」が認められつつある過程にあると思う。
もちろんまだまだ世間体は厳しいしバッシングもあるだろうけど。
それを16年前、2001年に描いた橋口監督や演じきった役者たちはすごい。

物語のトーンは思ったよりもシリアスだけど、
コメディ要素も沢山あり、気持ちが落ち着いていくのが分かる。
主演の3人がとにかく魅力的で、田辺誠一は安定の優柔不断&気弱感。
高橋和也はこないだ観た「そこのみにて光輝く」に出ていて、
結構ゲスな役で最高だったね。「ハッシュ!」では丁度いい可愛さ
と丁度いいいい加減なゲイ感が好感を持てる。
片岡礼子の男勝りなサバサバ感は、すごく自然で良かった。

橋口監督は、去年の「恋人たち」と「ぐるりのこと」しか
観ていないけど、どちらも生涯ベスト級。早く他も観たい。

家族とか、恋人とか、友達とか、その関係のあるべき姿になれなくて、
型にはまれなくて悩んでいる人に観てほしい。
こういう生き方もあるという希望、そしてあの3人みたいに、
人生にはこんな風に唐突で、楽しい出会いがあるんだという希望がある。





今日はいろいろとあって、街中ではしゃいでる子どもたちを見るだけで
涙が出てきた。あの子達がいつまでも幸せに生きてくれることを願う。
今こころから、子どもが欲しい。


スポンサーサイト
 
Comment
 
 
アメリカで1990年代に犯罪が激減した。その原因は1973年の中絶合法化だった。貧しい子や望まれない子が生まれなくてすんだからだ。
子供の性質は50%が遺伝。
養子に出すような親は優れた遺伝子を持っていないことが多い(何をもって優れているとするのか微妙だけど)
それでも養子として貰われた子は、そのまま孤児として育つよりは幸せな人生を送る。

といったようなことが「ヤバい経済学」という本に書いてありました。


現代では貧乏な若者が複数人で老人を支えてるんだから、子供を育てる喜びを複数人で分かち合うのもありなのかなとも思いました。

でも自分の意思だけで(自然にではなく)子供を作る決断をする自信はないので、自然な流れでないなら既に生まれてしまった養子を引き取るのがいいかなと思います。
でも養子ってうまくいくのかな?自分に似てない子を愛せるかな?とか堂々巡りをしてしまっています。
  [URL][Edit]
2017.02.13 Mon 21:00 Coco Iijima  #-
性質の50%が遺伝というのはなるほど、私もDNAが人生の全てを左右するという話を聞いたことがあります。
もちろん不幸な宿命を背負って生まれることなんて、無い方が良いに決まってます。
それでも孤児院育ちは不幸、片親は不幸、というような偏見こそが、
幸せな人生を送る弊害になっている気もします。
立派な親から生まれ、お金のかかった教育を受けても幸せになれない人もいるのに。
だからこそ孤児院にしろ、片親にしろ、私が書いた複数の親にしろ、
多様性を認めてあげた方が幸せへの近道なのではないかと思いました。

"自然に子どもができる"ことは少ないと思いますが、
自分に似ていない子、引き取った子を愛せないなんてことあるのかな。
分からないけど、是枝監督の「そして父になる」やダルデンヌ兄弟監督の「少年と自転車」
を見ると、希望を感じられます。


> アメリカで1990年代に犯罪が激減した。その原因は1973年の中絶合法化だった。貧しい子や望まれない子が生まれなくてすんだからだ。
> 子供の性質は50%が遺伝。
> 養子に出すような親は優れた遺伝子を持っていないことが多い(何をもって優れているとするのか微妙だけど)
> それでも養子として貰われた子は、そのまま孤児として育つよりは幸せな人生を送る。
>
> といったようなことが「ヤバい経済学」という本に書いてありました。
>
>
> 現代では貧乏な若者が複数人で老人を支えてるんだから、子供を育てる喜びを複数人で分かち合うのもありなのかなとも思いました。
>
> でも自分の意思だけで(自然にではなく)子供を作る決断をする自信はないので、自然な流れでないなら既に生まれてしまった養子を引き取るのがいいかなと思います。
> でも養子ってうまくいくのかな?自分に似てない子を愛せるかな?とか堂々巡りをしてしまっています。
Re: タイトルなし  [URL][Edit]
「立派な親から生まれ、お金のかかった教育を受けても幸せになれない人もいるのに。」
確かにこれはその通りなんですよね。
でもやはり貧しさが子供の人生に与える影響は大きいようなので、お金の面をどうするかが課題でしょうね。
2〜3人のうち子供とそりが合わなくなった人が資金を引き上げられないように法整備するとか。
(現状でも離婚後の養育費がほとんど支払われていないというのはとても腹立たしいことです。)




「養子を可愛いがれるか」については、保育士さんなんかは他人の子供を可愛がってるので多分大丈夫なんでしょうね。


あと「老人を複数人で支えてる」と書きましたが逆でしたね。正しくは「一人が複数の老人を支えてる」でした。
老人を支える負担が増えてるのだから子育てをする余裕はそのぶんなくなるわけで、複数人で協力して子育てするというのは理にかなってるんですね。


最後に映画のオススメありがとうございます。
見てみます。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://coco329jeremy329.blog49.fc2.com/tb.php/775-90e3fc2d
 
 
プロフィール
 
 

Coco Iijima

Author:Coco Iijima
ヒップホップ・アクティヴィスト
1990年 東京生まれ

気になることあったらコメント、
またはメールaaliyahr.kelly2001@gmail.com ください。
大歓迎です。お仕事のご依頼も上記アドレスまで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。